2017.04.20

たまちゃんの愛

fc2blog_2017042018420971b.jpgfc2blog_2017042018413707c.jpg


たまちゃんは私にはこんな甘えた顔を見せる。トムがいる時にはありえないくつろいだ表情。

4年と少し前、野良猫→保護猫→を経て、推定5歳でうちにやってきたたまちゃんは、それはそれはまったく人馴れしておらず、人前に姿を現わすことさえ稀だった。少しずつ少しずつ心を開き、1年半くらい前からは私と一緒にベッドで寝るほどまでになった。

今はトムが眠りについた瞬間に走ってベッドにやって来て、朝まで私の腕枕で寝ている(もちろんトムとは反対側の腕)。ベッドに来てすぐ、自分の顔を私の顔にスリスリしまくる。

顔を毛まみれにされながらも、毎晩ジーンとして涙が出そうになる私。あのたまちゃんがこんなに私を信頼して愛情を感じてくれている。たまちゃんを引き取って良かった。心からそう思う。

成猫から飼い始めても、こんなふうに猫って変わるもの。もちろん犬も同じ。小さな脳みそで何を考えているのだろう。

パニャがたまちゃんと仲良くできるようになったのも然り。これも時間がかかったけれど、ちゃんと同居猫として対応できるようになった。血を流し、オシッコを漏らして大ゲンカしていたことが今では信じられない。今では子猫のように、夜中に2匹で追いかけっこをして楽しそうに遊んでいる。

推定9歳と8歳で、すっかりシニアの2匹だけれど、今は健康だしすべてが安定している幸せな状態。願わくば、たまちゃんがもう少しトムを好きになってくれたら…。トムが出張でいない時のたまちゃんは寛ぎまくって幸せ度MAXという顔をしている。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1622-dd3618e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
2枚目のたまちゃん、鳴いてる?
かわいい♪

顔にすりすりなんてされたことないー!
おじさんに嫌がらせ(多分)で顔に肛門を付けられたことならありますが(苦笑)

トムさんが苦手なのは、トムさん個人というよりは、男性が苦手なのかしら?
Posted by がら at 2017.04.21 10:51 | 編集
たまちゃん来てもう4年になるのですね。早いなぁ。
最初来たときそんなに出てこなかったのですね。tomoさんの家にきて本当に良かったですねぇ。あの2匹が今では仲良く遊んでいるなんてすごいです。
トムは猫にかまわないだろうからなぜそんなに避けられるか不思議ですね~。声が大きいからかなあ。

うちの新入り猫もうまくやっていけるか心配でしたが、このエントリー読んで励まされました!
Posted by noir at 2017.04.23 01:31 | 編集
私もたまちゃんは男性が苦手なのではないかと。男性がお家にいると緊張してしまうのかもしれません。それにしてもたまちゃんもパニャも良いお家に貰われて本当に良かったね。今はこの幸せが当たり前と思っているかもしれけど、感謝の気持ち忘れないでね。っと言ってもわからないですよね。うちのお嬢様達も当たり前の顔して色々要求してきますもの。
Posted by Simon at 2017.04.23 06:07 | 編集
>がらさん
そう、2枚目のたまちゃんはニャーって鳴いている瞬間です。
パニャもトムに顔にお尻を擦り付けてますよ。悪気はなさそうですが。
おっしゃるとおり、たぶん男性全般が苦手なんだと思うのですよねー。さらにトムは声が大きくて、酔うとすぐ絡むので嫌われるのです。

>noirさん
noirさんのブログを読んで、たまちゃんとパニャがうちに来たばかりの頃を思い出し、この記事を書きました。今や、パニャは私よりたまちゃんのことが好きなように見えます。
ダンくんとソフィーちゃんなんて、あっという間に仲良くなれそう。
トムは声が大きくうえ、けっこう猫を構うのですよ。寝てるところに近付いて。無視したほうが仲良くなれると助言しても、どうもちょっかい出したくなるみたいです。

>Simonさん
そう、たぶんたまちゃんは男性が苦手なのです。男性のいない環境にずっといたから免疫がないのでしょうね。
うちの猫たちには出来るだけのことをしているつもりですが、引っ越しを何度もさせられて不憫ですね。
犬猫たちが感謝の気持ちを表現しなくても、飼い主にたくさんの物を与えてくれているのでそれでヨシとするしかありませんね(笑)。
Posted by tomo at 2017.04.25 01:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する