FC2ブログ
2018.07.19

2回目の抗体価検査

海外で犬猫を飼っていて、いつか日本に連れて帰る予定がある人にはお馴染みの狂犬病の抗体価検査です。1年半前に血液検査を受け、今回が2回目。

うちの猫たちの担当の獣医さんはとても真面目で完璧主義。1年半前に私が渡した日本の検疫の輸入フローを熟読し、いつも真摯に向き合ってくれます。

ただし今回、抗体価検査の結果は2年有効なのに、なぜ1年半しか経っていない今また検査するのかということを、なかなかわかってもらえずひと苦労。検査日から180日間の待機期間が必要なので、180日間前倒しで検査しておかないといけないということなのです。

なんとか理解してもらい、血液をラボに送ってもらいました。あとは結果待ち。

いつも病院に行く途中も病院にいる間も、大きな声で鳴き続けるたまちゃんが、今回はあまり鳴きませんでした。やっと人間に対する信頼感を持ち始めたのか、それとも単に歳をとって鈍感になったのか。たまちゃんは推定10歳なのですが、最近寝てばかりのたまちゃんを見ていると、もしかして12歳くらいなのかもと思ったりします。いまやすっかり甘えん坊で抱っこも爪切りも平気になったたまちゃん、いつまでも元気でいてほしい。

パニャはあいかわらず。最初はたまちゃんに釣られてナーナーと低い声で鳴いていましたが、すぐにおとなしくなり、病院でもなされるがまま。パニャは意外と度胸があります。


-------- 追記 ---------

daysofWLAさんからの情報により、日本への輸入検疫制度が変更になっていることがわかりました。

1回目の検査から180日以降(且つ2年の期限以内)に2回目の検査をした場合と、1回目の検査の有効期限を過ぎていても2回目の検査までに定期的に狂犬病ワクチンを打っていた場合は2回目から帰国日まで180日経っていなくても大丈夫に改正されています。

http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/h220415seidokaisei.html

つまり、うちの猫たちの場合は、前回の抗体価検査の有効期限である来年1月20日までに2回目の検査を受ければ、その2回目の検査の後180日間の待機期間は必要ない、ということです。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1681-4bbfd069
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
コメントするのお久しぶりです。(いつも読み逃げですみません)
たまちゃん&パニャちゃん検査お疲れ様でしたね〜
抗体価検査の件ですが、1回目の検査から180日以降(且つ2年の期限以内)に2回目の検査をした場合と、1回目の検査の有効期限を過ぎていても2回目の検査までに定期的に狂犬病ワクチンを打っていた場合は2回目から帰国日まで180日経っていなくても大丈夫に改正されています。http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/h220415seidokaisei.html
今回検査を受けられたので、もういつでも帰国できちゃいますね。
Posted by daysofWLA at 2018.07.24 17:15 | 編集
>daysofWLAさん
有益な情報をありがとうございます。今回検疫のHPの該当項目を読み直したのですが、気づいていませんでした。いつでも帰国できるように、抗体価検査の有効期限を180日間残しながら、2度目の検査を受けました。有効期限ギリギリの来年1月に検査しても大丈夫だったわけですね。どのみちもう一回の検査は必要だったのでまあいいかなという感じです。
ブログを読んだ方が勘違いしてはいけないので、訂正追記しておきますね。本当にありがとうございました。
Posted by tomo at 2018.07.27 04:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する