fc2ブログ
2022.02.02

間取りと内装のポイント

購入したマンションのリノベーション工事はまだ始まっていません。やっと契約書を交わしたところです。ここまでがとても大変でした。

間取りに関しては私が設計しました。マンション購入契約後引渡しまでの時間に、パズルのように色々考えていたらなかなかいいプランができたので、それをリノベ会社のプランナーさんに見せて、形にしてもらうよう依頼しました。隠れ梁の関係で、少し変更になった部分もありますが、ほぼ私の思った通りになりました。

それと並行して色々なジャンルのショールームに通いました。15ヶ所くらい、複数回通った所もあるので、延べ回数は25回くらいでしょうか。これはとっても楽しかったです。設備などをどうやって決めていったかは、追って書いていこうと思います。

間取りの最大のポイントは、トムの書斎となる簡易防音室。自宅勤務が多くなったご時世なので、書斎をどこにどうやって作るかという提案はネット上にも溢れているのですが、完全独立型の事例というのはマンションだと意外に少ないですね。書斎以外は個室を作らず、すべてオープンにするのも間取りのポイントです。廊下もありません。ま、今の家もまさにそんな感じなのですが。

元のキッチンは独立型だったので、セミオープン(ペニンシュラ型)にしました。私は対面キッチンじゃないと絶対嫌ということはないのですが、窓がない閉塞感のある独立型キッチンはあまり好きではありません。

洗面室を広くしてドアもなくす、という希望もありましたが、隠れ梁があったせいでバスルームを思った位置まで動かせず、普通の広さの洗面室になってしまいました。ドアなしでオープンにするのも叶わず。なぜならリビングから丸見えだから。手を洗うだけならまだしも脱衣所でもあるので、さすがにそれはちょっとね…。ただ、引戸にして普段は開けておくことにしました。トイレは私の強い希望で洗面室から入る形なのですが、最初はトイレのドアもいらないと思っていました。広い洗面室の一角にトイレがあるイメージです。でも、洗面室のドアを開けっぱなしにしておくと、トイレもチラ見えするのでそれもやめました。

内装のポイントは、ヘリンボーン貼りのフローリング、塗装壁、タイルです。施工が大変だからお金がかかるものばかり。

そのせいだけではないのですが、最初の見積もりが予定の1.5倍の金額でした!素材や施工費以外で見積もりが高くなった理由は、マンションの管理が厳しく、工事の期間毎日共用部の養生をやらないといけないとか(朝養生をして、帰る時に毎日片付けないといけない)、部屋にスプリンクラーがあるので、間取りを変更すると室内の消防設備の設計と設置をやり直さないといけないとか、ロスナイという全熱交換型の24時間換気システムが入っているので間取りの変更に伴って、そのダクトのルートも作り変えないといけないとか、まあ色々ありました。スプリンクラーは11階以上の部屋に取り付けが義務付けられているそうなのですが、なぜか低層階のうちにもあるのです。ロスナイもスプリンクラーも有り難いものですが、そのせいで工事にお金がかかり、しかも天井を上げることができなかったのです。天井の中がダクトだらけだから。そういう意味では、設備や機能が充実したマンションはフルリノベにはあまり向いてないのかもしれないと思いました。今回勉強になったことの一つです。

リノベ話、まだまだ続きます。

猫たちに魚の形のおもちゃを買いました。電動ではないけど、またたびの香りがする物。遊んでくれたのは最初の10分だけでした。14歳と13歳のおばあちゃん猫には魅力がなかったかしらね。

fc2blog_2022020214130681e.jpgfc2blog_202202021413267f7.jpg
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/1733-86e0f281
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ロスナイ!オフィスビルなんかだと需要が結構あるロスナイですが、マンションにもついているのですね。
スプリンクラーだと高層階かな?
会社の入っているビルもロスナイ入っているのですが、確かに換気扇を入れても極端に寒くならない気がします。
換気が必要な今のご時世向きな設備かも。

新築でも構造部材/ダクト/上下水管などの見えない部分で苦労して納めているので、改修はその間を縫うように配置するからなかなか悩ましいだろうと想像できます。
でもほぼ希望通りになったとは!
後は実際出来上がるのが楽しみですね。


ヘリンボーンで貼るのですね!!タイルも!
あたしも家の建て替えの時に複数のショールーム回りましたが、費用やスペース、設備機器自体にも組み合わせがあるので、もう仕事は忙しいし決めなきゃいけないことはいっぱいあるし、設計の後半はくたくたでした(苦笑)
個人的には名古屋モザイクのショールームがかわいいタイルいっぱいで楽しかったです。
Posted by がら at 2022.02.04 21:39 | 編集
コメントお久しぶりです。
TVのビフォーアフターを見るのが好きだったので、tomoさん宅のリフォームも楽しみに読ませて頂いています。
天井裏に難敵が居たとは、、でもほぼ希望通りになりそうでよかったですね。
リモートワークの導入で間取りの変更を希望するようになったおうちも多いでしょうね。
我が家も夫がデスクを置く部屋を3回変更しました。

続編楽しみにしています♪
Posted by daysofWLA at 2022.02.05 04:06 | 編集
>がらさん
そう、ロスナイってマンションでは少ないと思います。そして高層階ではないのにスプリンクラーが付いているのです。普通は11階以上ですよね。
先日やっと解体工事が始まったので中を見に行ったら、ダクトとか水道管とか色々な構造体が見えて楽しかったです。あれをうまく納めて設計するのってたしかに大変よねって思いました。
注文建築の一戸建てだと選ぶものがもっとたくさんあって、本当に大変だと思います。楽しいを取り越してクタクタになりますよね。
私も代々木の名古屋モザイクのショールームに行きました!他にも2か所タイルを見に行きましたけど、タイルのショールームが一番楽しかったです。名古屋モザイクのタイルをキッチンに採用しましたよー。

>daysofWLAさん
ご無沙汰しています。お元気ですかー?
そうそう、リモートワークの導入で暮らし方を再考する人が増えましたよね。ご主人もより快適にお仕事できるように、デスクの位置を考えられたのですねー。
まだ工事が始まったばかりですが、今後は少し写真も加えていきたいと思います!
Posted by tomo at 2022.02.28 15:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する