2006.12.02

薬の難しさ

先日、たまこが毎日飲んでいる薬をもらいに動物病院に行った。毎回薬は約1ヶ月分購入しているのだが、たまこの場合、薬を買うだけなら獣医に診てもらう必要はなく、その日のうちに用意してもらえる。先日は受付で待っている時に、たまたま担当の獣医が通りかかったので、「咳がひどくてこのままだとたまこは咳で死んでしまいそうだ」と話したら、新しく咳止めの薬を処方してくれた。それは、「Tussigon」という名前の薬で、説明書きには、「1日2、3回必要に応じて与える。副作用として、眠気、吐き気、便秘がありうる」とあった。


早速たまこに飲ませたら、たしかに咳はかなり治まった。1日中ゴホゴホしていたことを考えたら嘘のようだ。しかし、咳はしていないのに、明らかに薬を飲んでいない時と比べると元気がない。目がうつろで、反応が鈍いのだ。食欲もうんと落ちた。トムによると、これは、麻薬の成分が入っているかなり強い薬であるらしい。あまり長期にわたって服用するのも良くないようだ。


どんな良薬にも多少の副作用というものは付き物だが、咳を治めるためだけにこれだけ体の状態が悪くなるのはなんとも微妙なところだ。たまこにとっては、どっちが楽なのだろう。なかなかたまこの気持ちを汲み取ってやることができない。


以前はとてもフォトジェニックだったたまこだが、最近はなかなか可愛い写真が撮れなくなった。痩せたし毛も抜けたし白髪も増えたから、仕方ないね。代わりにピチピチギャルのうめこの写真を。


羽布団におぼれるうめこ寒くなってきたので、重い腰を上げてやっと羽根布団を出した。ふと気付くと、外に遊びに行っているはずのうめこが、布団の真ん中にすっぽり埋もれている。さすが、こういう快適な場所を見つけるのは早いねぇ。


 


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/18-5687470b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ふふふ…実はあたし一年中冬用の羽根布団を使ってます!(笑)
とにかく寒がりなのです(苦笑)
秋の少し冷え込んで来る時期には、おじさんの寝床となります。
飼い猫の居場所を見てなんとなく季節を感じます。
(ちなみに夏はお風呂場のタイルの上で寝ております。間違っても羽根布団には近寄りません。)
Posted by がら at 2006.12.04 16:19 | 編集
>がらさん
たしか高級羽根布団はオールシーズン使えるものなのですよ。夏涼しく、冬暖かいのがウリですから(笑)。
私は寝ている時に、ものすごく熱を発散しているらしく、寝付くまでは寒く感じるのに、眠ってからは急に暑がりになります。なので、たとえサンディエゴでも真夏に羽根布団では汗かきまくりになりそうです。
猫は1年を通して、お気に入りの寝床を少しずつ移動しますよね。お風呂場のタイル、気持ち良さそうだな~。私もおじさんと一緒に寝たい。
Posted by tomo at 2006.12.04 16:37 | 編集
犬が咳してる所って見た事がないんですけど、それぐらい悪いってことですよね・・・。空気が乾燥してるから、咳が出ちゃうのかなあ?しかし、すごい副作用を持った薬ですねえ。
たまちゃん、頑張れ!!
tomoさんも苦渋の選択を強いられているのですね。お気持ちお察しします。
きっとたまちゃんは幸せですね。
Posted by うさを at 2006.12.05 23:29 | 編集
>うさをさん
たまこの咳は喉からくるものではなくて、肺にたまった水が原因なので、なかなか難しいのですよ。それでも、あれだけ咳をしていると喉も痛くなると思うのですが、のど飴舐めさせるってわかにもいかないしね~。
咳が出るのと、食欲がなくなって元気がなくなるのと、どっちもかわいそうなので、様子をみて薬の量を調整しています。
Posted by tomo at 2006.12.06 12:47 | 編集
前に一ヶ月くらい咳が止まらなかった事を思い出しました。
病院の先生に咳は、物凄く体力を消費してしまうと聞きました。
本当に毎日グッタリで、何もヤル気にならなかったの。
たまこちゃんも、かなり体力を奪われてるでしょうね~。
咳は止めてあげたいけど、食欲や正気が奪われるのも生きる力を奪われてしまうようで読んでるだけで切ないです。
この後、咳止めは、どうしたのかな?
Posted by くろねこ・ママ at 2006.12.06 14:55 | 編集
>くろねこ・ママさん
1ヶ月も咳が止まらなかったなんて、さぞかしつらかったことでしょう。私も1年に1度くらい、扁桃腺が腫れて熱が出るのですが、その後1週間は空咳に悩まされます。
咳って思った以上に全身を使うから、体力も消耗しますよね。たまこが小さな体でゴホゴホ咳をしているのを見ると、本当にかわいそうになります。
今は様子を見ながら薬の量を調節しているのですが、薬に慣れてきたのか、副作用らしきものが治まってきたように思います。
Posted by tomo at 2006.12.07 11:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する