FC2ブログ
2007.08.31

さよなら、Hさん

朝から元気なうめこ


←朝6時半から、元気いっぱいのうめこ。




平日の朝っぱらから Maderas G.C.でラウンド。今日でHさんと会うのは最後。奥様のゆーこさんはあと1ヶ月ほどサンディエゴに残る。Hさんを慕う人々が集まり、7人2組。Maderas は練習ボール付きなので、せっかくだから早めに行ってしっかり練習したい。5時半に起きて7時に家を出た。そんなに朝早いのに、暑くてびっくり。朝は風がないぶん、日差しの強さをじりじり感じる。小1時間の練習で汗びっしょりになってしまった。


男性4人と女性3人に分かれてまわることになった。前回の冴えないラウンドのリベンジに来たはずなのに、3連続ダボスタート。練習場からずっとアイアンの当たりが悪い。何が悪いかということに気付いたのは8番ホール。トップで手首が甲側に折れていて、インパクトでもスクエアになっていなかったのだ。しかし、アイアンが良くなったと同時にパットが入らなくなったので、後半もスコアはたいして変わらず。唯一満足したのは、6番ホールのティーショット。ここは、ティーショットがキャリーで160ヤードくらい飛ばないと、手前のブッシュを越えられないので、当たり損ないは許されないのだ。ラウンド3回目にして、やっとブッシュ越えを果たし、喜んだのも束の間、寄せでトップしグリーンを行ったり来たり。終わってみるとダブルパー(涙)。


スコアはトータル103で、前回よりさらに悪くなってしまったが、このコースは本当に私好みで面白い。もっと安ければ毎週でも通いたいくらいだ。それにしても今日は暑かった。汗がつつーっと腿裏を流れ落ちるのがわかるほど。今年の夏は暑いラウンドが多かったが、汗をかいた量は、今日が一番だ。早い段階で大叩きをしてしまったので、集中力に欠け、余計に暑さを感じた。反対側にパットのラインを読みに行くのさえ、つい省略してしまったこと数回。ゆーこさんも私と同じくぱっとしないスコア。初めてご一緒した爆裂蟹新メンバーAさんは、ラウンド数がまだ10回ちょっととは思えないほどお上手でびっくり。ドライバーもよく飛ぶし、アイアンもきちんと当たっていた。さすが練習場にマメに通っていらっしゃるだけのことはある。


 Hさんはきっちり前回の雪辱を果たし、86という立派なスコア。男性4人はみな調子が良かったようだ。素晴らしい送別ラウンドになっただろう。私はHさんとラウンドできなくて残念だったけど、今日の出来で一緒にまわるのはかえって申し訳なかったかも。


Hさんと2ショット最後にHさんと熱い(暑い?)抱擁を交わしてお別れ。ゴルフに対する気持ちは誰よりも真摯で自分にも厳しいけれど、普段はどちらかというとおっとりした温かい雰囲気で、周りの人を和ませる存在。ちょっぴり照れ屋さんなところは、私から見てもカワイイ。陽気で豪快な飲みっぷりは、下戸の私をも楽しい気分にさせてくれる。ゆーこさんとのボケ&ツッコミ関係も最高。心の師匠として(Hさんはこちらが請わない限り、決して人に余計なアドバイスをしない)、ゴルフをこよなく愛する同志として、私の大切な友人の夫として、今までも、これからも、心から敬愛しております。


じりじりと照りつける日差しのもとでの明るいお別れだったので、その場では笑顔だったけど、1人で運転して家に向かっているうちに、涙がほろりほろりとこぼれてくる。サンディエゴにあった大切なものが1つ無くなったような気分だ。まもなくゆーこさんもサンディエゴを去る。私のゴルフへの情熱、今までどおり維持できるのか心配だ。


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/270-6b08138b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
先日も言ってらしたけど、お仕事で一時的に海外に住んでいる方々はお別れの時がいつか訪れるので仕方がないとはいえ、やっぱり寂しいですね。
なんだか最後の文章を読んで、うるっとしてしまいました(笑)年かしら?最近涙もろくて困ります(苦笑)
Posted by がら at 2007.09.05 09:47 | 編集
Tomoさん、

ありがとうございます。自分が表題になったエントリーを見るのは、それだけで心温かくなるものがあります。本当に不思議なご縁でしたね。ブログでその存在を知り、恐る恐るRBIで初めてお目にかかったのがまるで昨日のことのようです。以来、周りの目を気にすることなく、”ゴルフナッツだっ!!”と胸を張って宣言するという点において、共通のものがあり、また、良いときも、だめなときもスコアを公表し、練習の経過もあからさまにするという点でも同志でした。涙腺のゆるい僕が、さらりとお別れできたのはMaderasの青い空もありましたが、もっと大事なのは、すぐにまた会えるという確信でしょう。きっとすぐにサンディエゴにゴルフをしに帰って来ます。Tomoさんもメキシコに来てくださいね。

追伸、もうちょっとTomoさんの涙を誘い、情緒的な言葉を聴きたかったなという思いが多少残りました。China Maxでは1/10しか言えなかったと言ってましたよね。残りの9/10を聞きたかった。きっと今後の僕のゴルフ人生の励ましとなったことでしょう。H/C15切を目指して頑張ってください。僕も暇ができたら新生ブログをアップします。期待していてください。
Posted by H at 2007.09.05 14:04 | 編集
>がらさん
別れは悲しいですねー。とはいっても、昔とは違って、メールやスカイプで気軽に通信できるようになったのは素晴らしいことだと思います。小さい頃はよく手紙を書いていました。
がらさんが年だなんて言ったら、私はどうする(笑)?周りの人の話を聞いていると、40歳くらいを境に涙もろくなるようですよ。
Posted by tomo at 2007.09.06 12:15 | 編集
>Hさん
長いコメントをありがとうございました。
近い将来また、Hさんが表題になったエントリーをアップすることもあると思いますよ。「Hさん、サンディエゴに現る!」とか「Hさん、メキシコで悲願のシングル入り達成!」とかね(笑)。
私もすぐに再会できると信じています。まずはどこかのフェアウェイがいいなー。そして「うまくなったね」と褒めてもらいたいです。
Hさん、本当に女性の涙を見るのがお好きなのですねぇ。泣かせるのはゆーこさんだけにしてください(笑)。
Hさんは、長く付き合うほど、お人柄の良さや個性が滲み出てくる方でした。そしてそれはゆーこさんの存在によって、さらに生かされているのだと思います。
普段は思ったことを何でもすぐ口にする私ですが、Hさんへの思いや感謝の気持ちを言葉にするのはなかなか難しいです。ましてや、ご本人の前でそれを語るなんて、まるで愛の告白のようではないですか(笑)。最後のハグの時に、Hさんの背中にまわした腕の強さが私の気持ちです(照)。残りの10分の9は、小出しにして、一生かけてお伝えすることにします。えへへ。
Hさんのブログで、メキシコでの近況を知るのを楽しみにしています。遠くにいても、ブログを読めば、Hさんとゆーこさんの存在を身近に感じることができるので、ぜひマメに更新してくださいね。
Posted by tomo at 2007.09.06 12:45 | 編集
うーん、お二人の間にはとても入れません。。。
Posted by ゆーこ at 2007.09.06 13:33 | 編集
>ゆーこさん
ゴルフナッツは世の中にたくさんいるのでしょうが、Hさんにはなぜかシンパシーを感じるのですよ。たぶん、もともとあまり器用ではないという共通点があるからでしょう。
それにしても、Hさんの妻が務まるのは、世界中探してもゆーこさんだけですよ(笑)。ゆーこさんの天職は「Hさんの妻」と「社長夫人」の2つでしょう。
Posted by tomo at 2007.09.07 13:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する