2007.09.05

マンモグラフィー初体験

2年前に子宮頚部異形成が見付かり、LEEPという切除手術を受けて以降、最初の1年は3ヶ月ごとに、2年目は半年に1度パップスメア(細胞疹検査)を受けてきた。今日の検査でちょうど2年経過。つまり、この検査で異常がなければ、経過観察が終了するということを意味する。パップスメアはもう慣れているし、特に痛みもないので、いつもどおりあっさり終了。1週間後に結果が出る。


今日はもう1つ、マンモグラフィーによる乳がん検診の予約もしていた。マンモグラフィーというのは、乳房のレントゲン撮影のこと。経験者によると、おっぱいを2枚の板で挟んで薄く伸して撮影するので、涙が出るほど痛いらしい。


放射線技師は優しいおばちゃん。上半身裸になり、不織布でできた前開きのベストのようなものを着る。おっぱいを乗せる台(板)は約30センチ四方。巨乳の人だと、この板全体におっぱいが広がるのだろうね。おばちゃんが手を擦りながら(温めるため)、私のおっぱいをうまくかき集めて板の上に乗せると、上にあった透明な板が徐々に下がってきて、おっぱいを圧迫する。潰れた私の胸を透明な板ごしに上から見ると、なんだかカワイイ。頑張ってる感じ。そしてほとんど痛くない!5ミリくらいまで薄く伸されると聞いたことがあるが、実際は2センチほどであった。それから今度は、斜めに挟み込み撮影。それを左右繰り返す。あっという間に終了。付き添いで来てくれたトムに、検診中の写真を撮ってもらおうと思っていたが、レントゲン部屋なので当然本人以外は入れなかった。残念。


レントゲン専門の医療機関にフィルムを出すので、結果がわかるまで2週間ほどかかるという。そして多くの場合再検査になるので(乳ガンのレントゲンは判定が難しいらしい)、再検査が必要だといわれても心配しなくてもよいとのこと。再再検査になると、実際何か異常がある場合がほとんどであるらしい。


いやー、あまりに痛くなくてびっくりだなー。生理の前の胸が張っている時はたぶん痛いと思うけど、それ以外の時は大丈夫そう。これからも安心してマンモグラフィーに検査が受けられる。さぁ、みんなも勇気を出して、おっぱいを挟まれに行こう!


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/274-3b92d437
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
日本だとマンモグラフィー検査をやってくれる医療機関がそんなに多くないのです。
一度やってみたいのだけど、政府管掌の健康診断にも年齢的(確か40歳からなのですよ。マンモグラフィー検診)な問題もあって組み入れられてないし、かと言って仕事を休んで乳がん検診だけ受けに行くのも…ということで、まだマンモグラフィー未体験なのです。

そうかー、痛くないのなら受けられるところをもっと前向きに探そうかしら?(笑)

最後の「さぁ、みんなも勇気を出して、おっぱいを挟まれに行こう!」に笑ってしまいました(笑)
Posted by がら at 2007.09.06 10:58 | 編集
>がらさん
日本はマンモ後進国だと聞きました。アメリカではマンモグラフィーの普及によって、乳ガンの死亡率がかなり減ったようですよ。
がらさんはさすがにまだお若いからそう急がなくても大丈夫だとは思いますが、検査をやってくれる医療機関が少ないというのは残念ですね。
痛みは個人差があるようです。おっぱい小さいほうが痛いとか大きいほうが痛いとか諸説あるようですが、あまり関係ないようです。とりあえず私のような小胸でもちゃんと挟めて安心しました(実はそれが一番心配だった)。
Posted by tomo at 2007.09.06 12:59 | 編集
私は明日受けます。過去二回とも痛くなかったので今回も大丈夫でしょう。初めて日本で受けたときはイケメンの男性技師さんで緊張しました。アメリカはおばちゃんだろうな。
Posted by ゆーこ at 2007.09.06 13:28 | 編集
私も今年の6月人間ドックで初めてマンモグラフィを体験しましたよ。
この信州のど田舎にも、技術が浸透していて良かったでっす^^;
技士は若いおねぇさんだったけど、それはそれは痛かったですう~(T∇T)
心の中で「いでええええ!」と絶叫してしまいました。
(あまりの痛さに顔は薄ら笑いが出たくらい)
で、再検査でしたよう。やっぱり。
でもね、tomoさんの記事を先に読んでおいたら、
心配しなかったかも知れないなぁと思ったのですが
病院から「再検査」の電話がかかってきて、
人間ドックの結果通知に「判定E(精密検査を要する)」を見た時は、
もうううう、目の前真っ暗!「乳がんで死ぬんだ」と思ったくらいです。
2ヶ月予約待ちで超音波検査、やっと見てもらったら
「あ~、中年になったら、こういう症状が出るんだよ~」
とあっさり。


さぁ、みんなも勇気を出して、おっぱいを挟まれに行こう!


って・・・もううう、笑わす~
Posted by 鯖猫 at 2007.09.06 19:13 | 編集
わたしはようやく来週検査です。予約依頼の電話を入れたのは2ヶ月前!病院どこも混んでますね。。
tomoさんのブログを読んだら、検査自体の心配(小胸でも挟まるか、とか痛くないかとか)はなくなりました。けど検査結果はやっぱり怖いなぁ。。でも勇気を出しておっぱい挟まれに行ってきまーす(爆笑)
Posted by na at 2007.09.07 09:44 | 編集
>ゆーこさん
ゆーこさんは前も痛くなかったと言っていましたよね。それで、胸が大きい人のほうが痛くないという仮説を立てていたのですが(笑)、そうではないということを身をもって証明しました。
担当の技師さんがイケメン男性だなんて、想像しただけでつらいです。おっぱいつかまれて潰されるのですよー。私はゆーこさんのコメントを読むまで、技師が男性である可能性をまったく思いつきませんでした。優しいおばちゃんで良かったー。

>鯖猫さん
鯖猫さんの少し前のブログで「再検査」という言葉を見て、ずっと気になっていたのですよ。その後「問題なし」ということもわかって安心していました、乳ガン検診のことだったのですねぇ。
どんな検査でも「再検査」と言われると、心配になりますよね。乳ガン検診は、マンモだけでなく、超音波も併用したほうがいいのでしょうかね。超音波検診は痛みもないだろうし。
「中年になったら出る症状」、きっと私にも出てるんだろうな~(笑)。

>naちゃん
ご安心ください。あの病院のレントゲン技師さんは、優しいおばちゃんでしたよ。他の検査とは別室で、おばちゃんと2人きり。初めてだと言うと気を遣ってくれて、とてもリラックスできました。
検査結果を知るのは怖いけど、「異常があるのに自分でそれを知らない」というほうがよっぽど怖いものね。
Posted by tomo at 2007.09.07 13:30 | 編集
聞いた話によると、超音波とマンモを併用するのが一番いいらしいです。でも私は超音波の方が苦手。だって想像してみて下さい。あの超音波が脇から胸の上を縦横無尽に何往復もするのですよ。痛みはないけど、くすぐったい!ともさんだったら確実に”あっはっはー状態”になると思いますよ。まぁ健康には代えられませんけどね。
Posted by ゆーこ at 2007.09.08 09:50 | 編集
>ゆーこさん
私は乳ガン検診=マンモと思い込んでいました。病院によっては選択できたり、両方やったりできるのでしょうかね。
たしかに、私は超音波は無理かも。触診とどっちがくすぐったいかなー。超音波検査を受ける機会があったら、例によって「くすぐったがり屋なので大声で笑いますが、気にしないで下さい」と宣言することにします。
Posted by tomo at 2007.09.11 11:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する