2007.10.11

今日の犬はみな6歳。

Shibbiシビは、オーストラリアンシェパードとジャーマンシェパードのMIXで6歳のメス。色はジャーマン、体の大きさはちょうど両方の間くらい。ちょっぴりシャイだけど、甘えん坊で優しい犬。私にはシビが、黒くてひとまわり大きいたまこのように思えた。たまこよりちょっとマズルが長いけれど、毛の長さや顔の表情、性格もよく似ている。たまこに再会したような気分になって、いつまでもシビの体を撫でていた。もしシビがもう少し体が小さくて白っぽい犬だったら、危うく連れて帰ってしまうところだったな。犬と暮らすのは、あんこで終わりにしようと思っているのに。


Codyビーグルのコディはちょっとおデブな6歳のオス。犬種は全然違うのだけど、コロコロした体と顔の表情がなんとなくあんこに似ているのだ。釣り書きには「おしゃべりな犬」だと書いてあったのだけれど、実際に接して納得。なんだか一生懸命吠えるのだよ、これが。警戒して吠えているわけではなくて、要求吠えという感じ。でもしばらく一緒にいるとおとなしくなった。きっと寂しがり屋なのだね。元の飼い主は、静かなシニアコミュニティに引っ越すので、うるさいコディを連れて行けないということだった。しかし飼い主は今まで本当にコディのことを可愛がっていたようだ。丸々太った体とつやつやの毛並みを見えばすぐわかる。コディのおしゃべりに黙って耳を傾けてくれる(?)新しい飼い主がきっと現れるよ。


Inu&Kumaこの2匹、ぱっと見は同じようなクリーム色の塊にしか見えなかったけど、ミニチュアシュナイザーとビジョンフリーゼ。こういう超小型愛玩犬って、あまり得意ではないのよね、なんとなく。しかし、甘えん坊で元気があって、2匹とも良い犬であった。共に6歳でメスの2匹はとても仲良し。なんと、この犬たちの名前はイヌ(シュナイザー)とクマ(ビジョンフリーゼ)。日本語をかじったことのある人が飼い主だったのだろうか。犬にイヌって名前を付けるとは・・・。でも「イヌ」とか「クマ」とか呼ぶと、ちゃんとこちらにやって来るのです(当たり前だ)。不思議な感じ。もっと可愛らしい名前をつけてもらえば良かったのにね。クリスティー&シンディとか、イザベラ&ロージーとか、ね。


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/306-dccc4b80
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こちらのシェルターはすごく設備が整っているみたいですが、場所はどちらなんですか?我家はEncinitasなので、うちの近所のとCarlsbadのに行った事があります。行く度みんな連れて帰りたくなって悲しくなるのでもう随分ご無沙汰していますが。でも今度帰った時は私も何かお手伝いできたらいいな、って思っています。ボランティアって簡単にさせてもらえるんですか??お仕事の内容はどんなもんなのでしょう。私の想像してたのは犬舍の掃除とか散歩とかなんですが、tomoさんはよく遊び相手をしてあげてますよね。他にはどういった事をされているのでしょう。
うちには今イタリアングレイハウンドが2頭いて、アメリカに帰ったらもう1頭(か2頭)飼うつもりでいます。ボランティアとかしたら、マジで我家が犬屋敷化しそうな気もしないではないですが、犬ってホントにかわいくて。犬との生活がもっと楽しめそうなので、その部分ではアメリカに帰るのも楽しみだったりします。
Posted by Sayuri at 2007.10.12 12:36 | 編集
うちの近所の猫は「小さい」っていう名前だったなぁ。日本人だったら「チビ」ってつけるよね。
マニスは引越し後あまりの不憫さに甘やかし過ぎてしまったようで色々とうるさいです。主人には「やっぱりアメリカに置いてくれば良かったな。」と言われる始末。(Mんちゃんゴメン!)今日からまた厳しくしつけなくては。
Posted by ゆーこ at 2007.10.13 03:27 | 編集
イヌとクマ。
ナイスなネーミングセンスですね(笑)
結構好きかも。イヌとクマ。
我が家は、たわら、おこめ、と穀類系の名前が続いているので、次の子も穀類系の名前になるだろうなぁ(笑)

最近、マンションでも犬猫OKの物件が増えたせいが、道で散歩している(人間が散歩させられてるんじゃないか?と思う人も結構いるけど)人を沢山見ます。
殆どが小型犬。みんなかわいがられているから愛想が良くてかわいいです(ちょっとなまいきだけど/笑)
小型犬苦手ですか?(笑)
Posted by がら at 2007.10.14 13:53 | 編集
>Sayuriさん
私が行っているのは、San Diego Humane Society(http://www.sdhumane.org/site/PageServer?pagename=home_page) といって、群営のセントラルシェルターに隣接している、私営のシェルターです。場所はI-8とI-5が交わる辺りです。カールスバッドにあるのは群営のノースシェルターですね。うちのうめこはそこでアダプトしました。
私が通っているシェルターは、最初に5時間のオリエンテーションを必ず受けなければなりません。ボランティアは、掃除専門から受付までいろいろ種類がありますが、私はAnimal CareのDog Buddyというのをやっています。講習を受ければさらにDog WalkerやTrainerにもなれます。Dog Buddyは犬の部屋のなかで犬の相手をするのが仕事で、スポットクリーニング(ウンチやおしっこの掃除)はします。
たぶんどのシェルターもボランティアはウェルカムだと思いますので、アメリカに戻られたらぜひご検討くださいね。
グレイハウンド2匹とはすごいですね。シェルターに通っていると、たくさんの犬を見る機会があるので、どうしても好みの犬に出会ってしまいます。アメリカに永住されるのなら、思う存分犬を飼うのもいいかもしれませんね(笑)。

>ゆーこさん
「小さい」という名前の猫?「chisai」って書くのかしら?呼びづらそうだー。
マニスはその後いかがですか?甘やかしたくなる気持ちもわかります。マニスにとっても、環境が大きく変わって、きっと気持ちが不安定になったりするのでしょう。多少甘やかしてあげてもいいのでは?
Hさん、そんなこと言ったら、Mんちゃんが悲しみますよー(笑)。

>がらさん
では、日本で猫に「イヌ」とか「クマ」という名前をつけてみるのはどうでしょう(笑)?がらさんならできる!
穀物系の名前って、あとは何があるかしら?「こむぎちゃん」なんてかわいいかも。
小型犬、決して嫌いというわけではないのですが、血統書付きの超小型愛玩犬を私が飼うことはないと思います。なんだかお嬢様な感じがして、私の犬のイメージではないのです。やっぱり素朴な雑種が好き♪
Posted by tomo at 2007.10.16 13:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する