2008.04.23

みんゴル@RB INN&膝痛の原因

RB Inn 18H今日のみんゴルは、スコアをまとめやすい Rancho Bernardo Inn。私を含め、多くの人のベストスコアはこのコースで出ている。先日の爆裂蟹コンペに参加してくれたY子さんがみんゴル初参加で、今日は全部で6人。

私は、そのY子さんと、おなじみnaちゃんと同じ組でまわった。前半は無理にグリーンを狙ってバンカーに入れたり、「お先に」の短いパットを外したり、なんだか締まりのない内容で46。しかし、後半は猛チャージ。5連続パーで一気に盛り上がり、40。スコアにつながるミスは最終ホールの3パットのみ。これはむしろ、パットのミスというより、アプローチで3段グリーンの違う段に乗せたのが失敗だ。後半はドライバーが良く飛び、アイアンのキレが良かった。アイアンが調子がいいと、ピンポイントでグリーンを狙える。私のハーフのベストスコアは40で、今日で40を出すのは3回目。最後のダボが悔やまれるなー。次回このコースでプレイする時は、前半から慎重なプレイをして、ぜひベストスコアを更新したいものだ。

おいしいデザートゴルフの後は、Kみちゃんのお宅にお招きいただいた。ニュートラルトーンでまとまった居心地のいいお部屋。70インチ(?)のテレビが大迫力。うちの4倍の大きさの画面だ。お料理上手なKみちゃんが用意してくれたデザートプレート。可愛らしくて、どれもおいしいー!ごちそうさまでした。


その後はカイロへ。前回説明した痛い箇所が少し違っていたことと、着地の時ではなく蹴り上げる時に痛むことを話したら、今度はビンゴでした。私が痛めていたのは、膝というより、ふくらはぎの一番外側の筋肉の上部が凝り固まることにより、ひ骨(膝下の外側にある細い骨)の根元の関節が痛んでいるのではないかということ。外側側副靭帯という膝の外側の靭帯が少し伸びていることもわかった。だから、以前から痛みはなくとも、ぎしぎしカクカクした感じがあったのだ。その伸びてしまった靭帯は元には戻らないんだって。今日も低周波の電気を当て、その後は超音波。超音波治療器は痛んでいるところに当てると、すごく痛いー。先生が固まっている部分を押してほぐしてくれるのも、超痛いー。今日は痛い、痛いを連発。でも正確な故障箇所がわかってとても嬉しい。オーバープロネーションぎみであることも指摘された。そういえば、日本のアシックスでやってもらった足型計測の結果も、右足だけ少しオーバープロネーションだったな。O脚、オーバープロネーション、靭帯が少し伸びていること、フォームを直そうとしたことなど複合的な要素が、今回の故障の原因となったと思われる。オーバープロネーションを直すためのインソールを先生が紹介してくれたので、試してみることにした。少し休んで、痛みが治ったとしても、今後同じ痛みが出る可能性は高いと思うので、できることなら根本的に改善したいのだ。「溺れる者は・・・」というやつですね。ギシギシする膝関節を固定するために、イチロー愛用のCW-Xのタイツも購入を検討中。すごく評判がいいのだけど、お高いのよねぇ。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/438-3bead45f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
十分治療可能なようで良かったですね。でもO先生は凄い。
私も以前テニスで膝を痛めましたが、自己診断は「変形性膝関節症」(年寄りの病気)。で、母に膝用サポーター(「お医者さんのひざベルト」というもの)を送ってもらいましたが、膝関節の固定には良かったですよ(私も靱帯は伸びています)。
でも、ゴルフにはいいけど走るにはちょっと邪魔かもしれません。

ちなみに私もベストハーフ40ですが、なかなか40切れないです。
Posted by ATP at 2008.04.24 15:37 | 編集
膝痛の原因が見つかったのですね!
原因がわかるってすごいこと。あたしはあちこちおかしいのですが、納得出来る明確な理由はありません。(苦笑)
原因が分かったことで改善(治療)への一歩を踏み出したことになりますね♪

ちなみにあたしも両足首の靭帯が伸びております。
伸びた靭帯は戻らないので筋力で補ってくださいと整形外科で言われましたが、何もしていません(苦笑)←ダメな人。
Posted by がら at 2008.04.25 18:03 | 編集
>ATPさん
お互い、膝を痛めるなんて、なんだかお年寄りっぽいですねぇ(笑)。今はもう完治したのですか?
「お医者さんのひざベルト」、ネットで調べましたよー。非常に良さそうで、興味を持ちましたが、値段が高いー!定価だと7000円以上するのですねぇ。両サイドのナイロンスプリングのせいで、足を曲げづらいのではないかが気になるところです。私もこちらのランニングショップで膝用のサポーターを買ってみたのですが、ごつくて動きづらいし、厚みがあるせいで走ると反対の足に当たるのです。がっちり固定されて安心感はあるのですが、長時間走るのはつらそうですね。
明日はお互いハーフ30台を目指して、頑張りましょうね♪

>がらさん
どんな痛みでも、原因がわからないことには正しい治療ができないですよね。私は理屈っぽい性格なので、どこがどういう理由で痛んでいるのかわからない状態というのが非常につらかったのです。理由がわかれば、いろいろ対策のしようがありますからね。今ははりきって改善策を考えているところです(笑)。
足首の靭帯!みな色々不具合を抱えているものなのですねぇ。私も今回のことがあるまで、膝の靭帯が伸びているなんて気付かなかったし、それが元の戻らないなんてことも知らないままでした。足首の靭帯が伸びていると、やはり足首を故障しやすいのでしょうね。どこの筋力をつければいいのかしら。ふくらはぎ?
今日はカイロで、足裏を鍛えて、アーチを取り戻す方法を教えてもらいました。
Posted by tomo at 2008.04.27 13:43 | 編集
外側に足を挫きやすい(両足とも靴の外側が減るのです。)ので逆に内側に引っ張る足首回りの筋肉を鍛えるように、と言われました。

足裏を鍛えてアーチを取り戻す…親指を上げたりするのかしら?それともつま先で立つとか?

以前、足ツボ屋でダンスなどの踊りをやっているか?と聞かれたことがあります。足の裏の筋肉が異常に発達していたそうです。
あたしはスポーツと全く縁のない生活を送っていますが、どうも背が小さいため吊り革で宙吊りになったりとトレーニングのような毎日を送っているため、微妙な鍛えられ方そしてるみたいです(苦笑)
Posted by がら at 2008.04.29 17:17 | 編集
>がらさん
私もがらさんと同じく、靴のソールの外側が激しく減ります。がらさんも少しオーバープロネーション(回内足)なのかもしれませんね。
足裏を鍛える方法というのは、タオルを広げて床に敷き、その上に立って、全部の指を使って(伸ばしたり縮めたりして)タオルを手前に寄せるのです。けっこう難しいです。
足裏の筋肉が発達しているなんてうらやましいー。満員電車にほとんど乗らずに今に至ったのが、私の足裏が弱い原因だったりして・・・(笑)。
Posted by tomo at 2008.05.01 08:15 | 編集
タオルを手繰り寄せること出来ますよ!(笑)
そうか、そいういう動きが足裏を使う動きなのですね。
ちなみに、足裏の筋肉を発達させる理由としてもうひとつ思い当たるのは縄跳び。
一時期、1日1000回を目標に跳んでいた時期がありまして…これも足裏の筋肉発達に一役買ったようです。

オーバープロネーション。調べてみました。
tomoさんが仰るとおり歩いているとき、地面に対してかかとが直角ではない、内側にかなり傾斜しています。
先日MBTウォーキングスタジオでトレーナーさんに指摘されたばかり。オーバープロネーションというのですね。
勉強になりました。
Posted by がら at 2008.05.01 10:03 | 編集
>がらさん
おぉ、やったことがあるのですね。タオルギャザーというそうです。私も最近やっていますが、なんだかうまく力を入れられないのです。やはり筋力不足ということなのでしょうかね。
縄跳び!足の裏が丈夫になりそうですねー。裸足でやれば効果も2倍!?私、小学生の時以来、縄跳びなぞやっていないような気がします。縄跳びって、実はいい有酸素運動なのですよ。
オーバープロネーションって、ただ立っている時は、外側にかかとが傾いているのですが、着地して蹴りだす時に、ぐっと内側に倒れこんでしまうのだそうです。支えてくれるアーチがないから、なのですって。
Posted by tomo at 2008.05.03 09:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する