2008.05.06

習い事

他の国のことは知らないけれど、一般的に駐在妻というのは、習い事、お稽古事が好きな人が多いと思う。時間はたっぷりあるわけだし、異国でその国ならではの何か新しいことを学んでみたい、というのは、一般的な心情であろう。サンディエゴで周りの人を見ていると、まず最初に、英語に慣れたり、友人を作るために、ESL(たいてい無料のアダルトスクール)に通う。数ヶ月して生活全般に慣れてくると、ESLはほどほどで止めて、違う習い事を始める人が多い。サンディエゴだと、フラワーアレンジメント、料理、トールペイントなどのクラフト系、陶芸、華道、茶道、ゴルフなどであろうか。茶道のように、あえて日本の習い事を始めるのは、海外に住んで日本の文化の素晴らしさにあらためて気付いた結果であろう。

私は習い事が嫌い。社交的でないので、人(特に女性)が集まるところに行くのが苦手だし、毎週決まった曜日、決まった時間に予定が入っているということ自体が苦痛。気まぐれな自由人なのだ。好きなことにはぐぐっとのめり込むけど、あれもこれも手を出すことはない。習い事にたくさん通う人って、A型の人が多いような気がするのだけど、いかが?

そんな私が、サンディエゴで初めて習い事をすることになった。

スペイン語じゃじゃーん。なんと、スペイン語を習うのだ。英会話も怪しいのに、さらにスペイン語・・・?というツッコミをされそうだけど、いいの、いいの。

スペイン語というのは、ある意味、サンディエゴならではの習い事のひとつ。サンディエゴにはメキシコ人がたくさん住んでいて、アメリカ人でもスペイン語を話せる人が多いし、商品の説明書とか看板にも、たいてい英語とスペイン語が併記されている。地名や通りの名前もスペイン語のものがいっぱい。今年はメキシコに遊びに行くし、簡単な会話くらい楽しめるようになりたいのだ。

みんゴルで一緒のMちゃんが紹介してくれた、日本人の先生に習うことにした。他の教え子も気心知れたみんゴルのメンバー。スペイン語への関心は思った以上にみな高い。先生が日本人というところがいい。スペイン語の複雑な文法を英語で習うなんて、とてもじゃないけど自信がない。小さな子供のように、新しい言語を耳で聞いていつのまにか話せるようになるわけではないし、理屈っぽい私は文法をきちんと知っておきたいのだ。

久しぶりにノートと筆記用具を用意した初めての授業は、とても充実していた。新しいことを学ぶのって楽しい!先生はとてもお料理上手な方で、初回の今日は、授業の後に手作りのケーキを囲んでティータイム。ケーキのレシピも教えてもらって、さらにお得。帰りに日本の本屋で辞書と簡単な文法の本も買って、やる気満々。いつまで続くか!?とりあえず頑張ってみよう。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/449-90c876cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いいですね。スペイン語。
はやくESlを卒業して、他のことを習いたいものです。
スペイン語を話す人って、日本語の名前も割と正確に読んでくれますよね。
発音が近いのかしら。
日本人の先生というのは質問とかしやすそうで良いですね。

Posted by daysofWLA at 2008.05.08 13:23 | 編集
スペイン語!
日本にいるとあまり縁がない言葉かも。音の雰囲気がぱっと思い浮かびません(笑)

あたしもあまり習い事に向いてない人かもしれません。
友達達に言わせると社交的ではあるようですが(自分では良くわからないけど。)やはり通うことと人付き合いに飽きてしまうのです(苦笑)
ちなみにO型ですが、過去にやったことある習い事はピアノのみ。塾にも行ったことがないです。(田舎過ぎて近くに塾がなかったという説もある。)
いつも会社のパソコンさんの愚痴(?)が英語なので、英語が理解できるようになりたい…と言って早10年。いまだ英語はちんぷんかんぷんです(苦笑)
Posted by がら at 2008.05.08 16:01 | 編集
素晴らしい! これでメキシコに来るモチベーションがぐっと上がりましたね。スペイン語はとにかく動詞の変化で頭が痛くなりますが、めげずに頑張ってください。僕も、ちっともしゃべれるようにならず、回りが心配し始めていますが、あきらめずに頑張っています。
Posted by H at 2008.05.09 08:00 | 編集
早速Hがコメントしてますね。(笑)
確かに動詞の活用は頭痛の種ですが、英語と似た単語も多く、英語のボキャも増えますよ。私もみんなに負けないように頑張らねばとモティベーションが上がりました。
いつ遊びに来てくれますか?
Posted by ゆーこ at 2008.05.09 12:54 | 編集
>daysofWLAさん
私なんて、ESLも卒業しないうちに、スペイン語に手を出したって感じですよ(笑)。
以前、メキシコ人に、日本人の名前は発音しやすいと言われたことがあります。子音がはっきりしているという共通点があるからでしょうか。
日本人の先生で本当に良かったと思っています。さっそく質問魔になりつつあります(笑)。

>がらさん
そうですね~、ラテンの雰囲気たっぷりの言語という感じでしょうか。実際イタリア語やフランス語とも共通点があるのです。ボサノバのポルトガル語にもかなり近いと思います。
私の習い事歴も、かなりがらさんに近いです。塾にも行ったことがなく、ピアノとそろばんだけ。あ、大人になって、フラメンコをちょっとやったかな。私のような専業主婦、かつ駐在妻で、この習い事歴の少なさは、かなり珍しいのではないかと自覚しています。
私、英語を読むことにはかなり自信があるですが、会話は全然ダメなのです。スペイン語も同じ結果に陥るような気がします。センスがないのよね。

>Hさん
動詞の変化、まだ習っていませんが、かなり大変そうですね。ある程度読めるようになっても、聞くのと話すのは、永遠に無理な気がします。Hさんはまだ毎朝就業前のレッスンを続けているのですか?ゆーこさんも毎日学校に通っているのですものねぇ。私が週に1回レッスンに通ったところで、会話などできるようになるはずもないと思います。ま、とっかかりということで(笑)。
メキシコに行って、キャディさんと意思の疎通ができればいいなー。

>ゆーこさん
ゆーこさんのことだから、すでに誰よりもしゃべれるようになってるんだろうなー。生活がかかっているぶん、上達も早いでしょうね。
遊びに行くまでに、挨拶くらいできるようにしておきます。秋くらいに行きたいのですが、Hさんが忙しくないといいなぁ。秋だとまだ私のスペイン語は全然ダメでしょうね(笑)。

Posted by tomo at 2008.05.10 07:55 | 編集
授業の後に手作りケーキと聞いて一気にモチベーションあがりました~♪私も昔の参考書などひっぱり出してみましたが、内容は遥か記憶の彼方です。。
Posted by na at 2008.05.14 16:10 | 編集
>naちゃん
ケーキは、「今回は初回だし、顔合わせも兼ねて・・・」という感じだったような(笑)。とてもおいしいケーキだったのですが、私にもできる!と思えるほど、簡単なレシピだったのです。混ぜて焼くだけ!
明日のレッスン、頑張りましょう。私はこれからアルファベットの復習です。
Posted by tomo at 2008.05.15 13:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する