fc2ブログ
2008.08.07

初めてのスクランブル方式トーナメント

今日はスクリプス研究所のゴルフトーナメント。スクランブル方式の団体戦。去年見事優勝したATPさんにお誘いを受け、T口さん、M木さんと参加。今日のトーナメントに備えて、昨日はロスから帰って家の中を片付けた後、疲れた体に鞭打って練習場に行ったのだ。

スクランブル方式というのは、4人全員がティーショットを打ち、その後は一番いいボールを選んで、その場所からまた4人が打つ方式。パーどころか、バーディーをどんどん取っていかないと上位には入れない。私の役割は、やはりティーショットのフェアウェイキープだろう。2打目は男性陣にお任せ。何せ私がウッドを使うところがショートアイアンで済むのだから。

スクリプストーナメント正確な参加者数はわからないけど、たぶんショットガンですべてのホールが埋まっていたような感じだったので、144名36チームだろうか。スポンサーもたくさんついて、かなり大掛かりなトーナメント。私たちは7番ホールからスタート。

私のフェアウェイキープ率は14分の10なのでまあいつもどおり。距離もよく出たけど、途中から飛ばし屋のM木さんの調子が良くなり、オーバードライブされることが多くなったので、お役御免という感じ。ところが、ティーショットが良くても、意外と2打目が寄らない。もちろん私が2打目で貢献できたのは1度だけ。普段からパーオンなんてめったにないからねー。あとはパット勝負なのだけど、これまたなかなか入らない。4人で同じ所から打つわけだから、1人くらい入りそうなものだけど、距離が長めだとけっこう難しい。結局5バーディー1ボギーで、グロスは66。順位はわからなかったけど、1位が10アンダーだったので、10~20位の間くらい?

うちのチームからはニアピンもドラコンも出ず、かなり豪華な商品が当たるラッフル(くじ)さえ見事空振り。しょぼーん。バーナーのクラブ、トムにあげたかったなぁ。

結果はともかく、スクランブル方式のトーナメントはとても楽しく、いい経験になった。普段は、きっちりボギーを取りチャンスが来たらパーを狙うという、地味な守りゴルフなので、バーディーをどんどん狙うというゴルフ自体が新鮮であった。でも、普段の習慣からか、思い切ってピンを狙うというのがなかなかできないのだよね。私みたいに飛ばし屋でない人は、頭を使って寄せワン狙いでいくほうが、結局スコアはまとまるのだろうということがよくわかった。明日からまた地味地味ゴルフで頑張ろう。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/508-10d5598b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する