2007.01.06

新春の大叩きと火鍋

新年の初打ちは、Hさんゆーこさんとともに、大好きな Steele Canyon で。この日に備えて、昨夜はトムと一緒に、練習場の最後の客になるまでボールを打ち込んだのだ。さらにコースは Canyon&Ranch という一番好きな組み合わせ。


しかし気合とは裏腹に、ずっと調子が良かったショットが安定せず、スコアがまとまらない。もう2度と曲がらないだろうと思っていた(←そんなはずない!)ドライバーでさえ、当たりが悪く方向もブレる。グリーンが難しくいつも以上にパットが入らない。そんなこんなでスコアは106になってしまいました。パーが1つもないのは、いったいどれくらいぶりだろう。過去のスコアカードを引っ張り出して調べたが、どんなにスコアが悪い時でも1つや2つのパーはあるものだ。かなり遡って調べてみましたが、途中で面倒になって止めました。


トムも私以上にひどかった。本人の名誉のために、スコアは書きませんが、去年1年間でもこんなひどいスコアはなかったと思われる。こんな私たちに足を引っ張られたのか、Hさんゆーこさんもあまり調子が良くなかった。私を含め、普段より10打くらい多く叩いた感じだ(トムはプラス20打)。


でも最高のゴルフ日和に、大好きなコースで、大好きな人たちとラウンドできたことだけでも、十分価値がある。しっかり今日のラウンドの反省をして、次回に生かしたい。


Hさん@Canyon5H

←Hさんのティーショット@Canyon5番ホールのパー3。214ヤード。景色の素晴らしい打ち下ろし。




ゴルフの後は、noirさんJさん夫婦も合流して、コンボイにある重慶川味で火鍋。辛い四川料理が大好きなトムはずっとこの火鍋を楽しみにしていた。私もとてもおいしいと聞いて楽しみにはしていたのだが、辛いものが苦手なので、どうせそのおいしさがわからないんだろうな~と思っていた。しかーし、火鍋は、半分は辛くて赤いスープ、半分は白湯スープなのだ。私を除き全員が辛いもの大好きなので、白湯スープは私ひとり占め。うふ。鍋の具は好きなものを頼むのだが、Hさんたちにお任せ。羊肉、牛の腎臓、ねぎ、もやし、レタス、きくらげなど。薬味は何種類もあって、ごま油、ねぎ、にんにく、えび味噌、香草など。それを自分の好きな分量だけ配合する。楽しい。当然にんにく多め。


火鍋赤いスープは相当辛いらしく、野菜を入れると味がしみて辛すぎるというHさんたちのアドバイスのもと、ほとんどの野菜は私の領域、白湯スープへ。お肉も私の分は白いスープのほうに入れてもらう。白いスープ、たしかに辛くはないけど、だしが効いていて最高においしい。このままごはんにかけても食べられそうなほど。鍋の最後には麺を入れていただきました。赤いスープ、私には辛すぎて味見しただけだったけど、みんな汗をかきながらおいしい、おいしいを連発していた。羊肉のおかわりや麺のおかわりも鍋に入れた途端にみんなの箸が伸び、一瞬にして鍋は空っぽ。食べ盛りの子供じゃないんだから!それほどおいしかったということです。


体も温まり、辛いのが苦手な人も安心の火鍋、とってもお勧めです。Hさんゆーこさん、鍋指南、ありがとうございました♪


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/53-8abfbf8b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する