fc2ブログ
2008.09.16

フィットネスと犬

ここCardiffは、妙にフィットネス好きの住民が多いように思う。サーファーの街ではあるのだが、それ以外にも、走ったり、自転車に乗ったり、スポーツジムに行ったりで、日常的に運動していない人などいないのではないかと思うほどだ。

私がいつも犬の散歩で通る海が見える公園では、平日の午前中、数人の女性が集まってピラティスをやっている。先生がちゃんといるようなので、週に1度の野外教室みたいなものなのだろう。そのうち何人かは犬連れで参加。犬も慣れたもので、飼い主たちが運動する間、適当にゴロゴロとくつろいでいる。

Cardiffの中心にあるモールには、チェーン店などではない小さなフィットネスクラブがあるのだが、ここも常に大盛況。入口に犬が繋がれ、飼い主のフィットネスタイムが終わるのをのんびり待っている。まるで家にいるかのような熟睡っぷり。

サーフィンにも犬連れで来る人がけっこういる。駐車場に置いたピックアップの荷台に犬を置いたまま、飼い主は波乗り。Cardiffのビーチは犬OKなので(オフリーシュ不可)、ただでさえ犬がたくさんいるのだが、特に高架下の浅瀬はまるでドッグビーチのようになっており、ボールで遊ぶ犬、水遊びする犬、犬、犬、犬・・・。多くの人は散歩の途中でここに寄り、犬をひと泳ぎさせて帰っていく。あんこは泳げないから、いつも見てるだけ。若い頃にちゃんと泳ぎの訓練をしておけば良かったな~。

ランニングのお供に犬を連れている人もたくさんいる。犬種も様々。いかにも走るのが大好きそうな犬もいれば、超小型愛玩犬なんかも走らされていて、なかなか面白い。自分が走っている時に遭遇するので、写真が撮れなくて残念~。飼い主と犬がいっぺんに運動できるなんて時間の節約になっていいな。私の場合は、ランニングに行く前か後に、あんこの散歩を別に済ませる。けっこう面倒なのだ。

サンディエゴは犬天国だと思うけど、その中でもこの辺りは特に恵まれているような気がする。犬が人々の生活に溶け込んでいて、そばにいるのが当たり前。”猫可愛がり”はしないけど、人間と犬が自然に寄り添っていて、みな幸せそうだ。

あんこの食欲はほぼ復活した。たま~に朝ごはんを残すくらいで、丸1日何も食べないという日はなくなった。トムに言わせると、自分の出張中にあんこが寂しくて体調を崩したということだが、私には1つ思い当たることがある。たしかにトムが出張から戻ってきてから、すっかり食欲が戻ったのだが、トムが出張中の生活の変化といえば・・・。

そうです。私の朝寝坊です。あんこは以前から朝ごはんの時間が遅いと、お腹がゴロゴロなってごはんを食べないことが時々あったのだ。あんこは私が寝坊しようと、自分だけ早く起きてごはんを催促することはない。私やうめこと一緒にいつまででも寝ている。だから朝ごはんが遅くなることなど特に気にかけていなかったのだけど、今となっては関係があると考えざるを得ない。つまり、飼い主である私の怠慢が、あんこの食欲不振を引き起こしていた可能性が高いのです。うーむ、すまぬね。言い訳させていただくと、トムの不在時はいつも激しく朝寝坊しているわけではないのです。先月の出張時はなぜか妙に眠い日々が続いたのです。あぁ、次回の出張時には気をつけよう。ご心配くださった皆様、(たぶん)こんな理由で申し訳ありません~。

橋の上のあんこ


←この橋の下には元気に泳ぐ犬がいっぱい。

この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/533-fb166115
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あんこちゃん、あいかわらずかわいいですねえ。

マギハナ(特にマギ)は、前からあまりご飯を食べません。それに加えてうちの新入り犬も、最近あまりご飯を食べなくなったんですが、ちゃんと食事の時間を決めた方がいいのでしょうかねえ。
わりと、色んな時間にやっちゃってますから、それがよくないのかなあ???

Posted by うさを at 2008.09.17 23:49 | 編集
すごいトムさん、前向き!的な思考っっ
あんこちゃんへ愛、深まってる感じじゃないですか?
Posted by ミルミル at 2008.09.18 02:00 | 編集
いわれてみれば、猫にご飯を催促されたことはあっても、犬にはないかも知れません。
寝坊するとお散歩=トイレは催促されてましたが。
あんこちゃん、なにかと繊細だから、、、。
でも、良くなって、原因もわかってよかったです。
サンディエゴにはそんなワンコビーチがあるとは。
お散歩していても楽しいんだろうなぁ。。。
Posted by daysofWLA at 2008.09.18 06:20 | 編集
その理由でほっとしました~。あ、でもトムさんがいなくて寂しかったという理由もありかも(笑)。過去に引越し前には、夫は単身赴任してしまっていたのですが、数日経った頃からケーティーの下痢が続いたりして。それが2度の引越しともそんな様子だったんです。夫はちょっと得意気に自分がいないから寂しくてじゃないかって言ってましたよ(笑)。あんこちゃんの様子を見るとそれも本当かもと思わずにいられません。
tomoさんの住んでいる辺りはとりわけ恵まれているようですが、カリフォルニアは本当に犬天国だと思いますよ、他州と比べて。人々の犬に対する意識も斬新的だったなって思います。
Posted by YummieD at 2008.09.18 07:48 | 編集
>うさをさん
チロルちゃん、あっという間に大きくなりましたね~。チロルちゃんだったら、アジリティーもやっているし、水遊びもできそうだから、サンディエゴ生活をエンジョイできるかも。
犬たちの食が細いのは、ちょっと心配ですよね。あんこも、昔は私の不規則な時間の仕事のせいでごはん時間がメチャクチャでした。それでも食欲がないことなど1度もなかったのですよ。たぶん年をとって、そういう順応性がなくなってきているのだと思います。
犬にとっても規則正しいほうがいいのかもしれませんが、あまりきちんとしすぎると、その時間になると催促するようになる場合もあるので、そうすると人間がちょっと大変になります(笑)。

>ミルミルさん
何を根拠にトムがそこまで前向きなのか、私にはわかりません(笑)。いつも窓辺でお出迎えをしてもらっているので、飼い主として愛されているという自信を持っているのでしょう。ごはんをあげるのはいつも私なのに・・・。

>daysofWLAさん
うちの犬は、小さい頃からずっとごはんの時間が不規則だったので(私が時間が不規則な仕事をしていたので)、お腹が空いてもごはんの催促などまったくしないのですよ。普段から、吠えたり唸ったりせず、ごはん以外も要求はなしです。
うちの猫の場合は、置きえさで、好きな時に食べることができますからね~。たぶんうめこは夜中に1度くらい起きてごはんを食べに行っていると思います。太っちゃったら、これもできなくなりますが、今は楽チン。
ここは正式にはドッグビーチではないのですが、犬がたくさんいて、飼い主ともども、ビーチライフをエンジョイしています♪

>YummieDさん
こんな理由ですみません~^_^;うちは散歩もごはんもすべて私がやっているので、それほどトムに対する感情が強いとは思えないのですが、一応ボスだとは認めているようなのですよね~(ちょっぴり不満)。
ケーティーちゃんがご主人のことを大好きだったら、ストレスで体調が悪くなることもありえるでしょうね。環境が変わるだけでも大変なのに、信頼しているボスがいないというのは、犬にとってつらいことでしょう。
カリフォルニアは本当に犬天国ですよね。日本とは雲泥の差です。特にサンディエゴは、シェルターのアダプト率もアメリカ一とかで、人間たちの犬に対する意識の高さを感じます。同じアメリカでも地域によって、多少の差はあるのでしょうね。
Posted by tomo at 2008.09.18 12:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する