2008.10.10

姉とランニング

去年参加した Rosarito Ensenada 50mile Fan Ride が、9月30日に開催された。今年も走りたかったのだけど、断念した。今年の4月にエンセナーダで日本人が殺される事件があったり、ティファナで(それ以外の地域でも)麻薬組織と治安部隊の抗争があったりで、治安が悪化しているのだ。領事館からも危険情報が出ている。

今週末は、ロングビーチマラソンに参加する予定だったが、それもキャンセル。トムの仕事が忙しくずっと予定が立たなかったため、参加を見合わせたのだ。前泊するためにホテルまで取っていたのに、がっくし。毎年、ロックンロールマラソンが終わるとパタリと走るのを止める私も、今年はずっと走り続けているというのに。トムは12月のホノルルマラソンに連れて行ってくれると言うが、きっとこれも実現する可能性は低いだろう。

私には2つ上の姉がいるのだが、この姉も1年半くらい前から走り始めた。来月がフルマラソンデビューなのだが、すでに10キロやハーフの大会には出ている。先日の10キロレースでは、なんと48分という好タイムをマーク。1キロ5分弱のペースで走ったわけだが、これは相当速いペース。私はいつも1キロ6分くらいで走っているので、5分を切るペースで走るのは、まるで全力疾走。私の場合、最初からフルマラソンを目指してゆっくり長く走る練習しかしなかったので、今やいくら速く走ろうと思っても、6分ペースでしか走れなくなってしまった。高校生の時、1000メートル走を4分50分で走った記憶があるが、あの速さで10キロ走るなんて、まったく信じられない。

子供の頃からスポーツが得意だった私と違って、姉は文科系の人で、決して運動が得意ではなかった。数年前からジムで筋肉運動をしたりエアロビをするようになったようだが、まさかこんなことになろうとは、家族の誰も想像しなかった。姉は日本に暑い夏の間でも1ヶ月200キロ走っている。もともと太っていたわけではないが、体もぐっと引き締まった。あらゆる運動の中で、ランニングはもっとも、練習量や努力を裏切らず答えを出してくれるものだと思う。なんと平等なスポーツなのだろう。

大会という具体的な目的はなくなったけど、私もマイペースで走り続けようと思う。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/548-f65e418d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
以前、日本でtomoさんと会った後、凄い距離を自転車で帰っていったお姉さんと同一人物なのかしら…?
どこからどこへ自転車で帰っていったかは記憶していないのですが、凄い距離だったことは強烈に覚えています(笑)

tomoさんが「スポーツをする人」というイメージだったので、お姉さんも「スポーツをする人」だと思い込んでいたのですが、元は違ったのですね。
元はあまり運動しない人でも、そうやってフルマラソンを走れるまでになるのですね…。
やはり運動をし続けるのは、何より本人の継続する意志の問題なのですね。(運動をしなくては!と言い続けて早数年。思わず反省。)
Posted by がら at 2008.10.13 23:06 | 編集
tomoさんは日常ジョギングをしたり、マラソンに参加したりしているけれど、走っているとき「苦しい~」とは思わないものなのでしょうか?私は根性なしでちょっと走ってハーハーゼイゼイしてしまって「部活でもないのにこんな苦しいの嫌っ!」と諦めてしまうのです。最近夫が5KRUNに参加するようになり、皆楽しそうに走ってますね。せめて5KWALKから始めてみようかなと思ったりしたけれど、お姉さんが運動嫌いだったということを聞くと身体を引き締めるためにも走ってみようかなという気になります。
Posted by YummieD at 2008.10.14 02:17 | 編集
>がらさん
そうそう、私が日本に一時帰国した時に、今治から尾道まで80キロくらいを自転車でひとりで帰っていったあの姉です。姉は自転車は以前から乗っていました。
私は「スポーツする人」と思っていただいて間違いないのですが、姉は明らかに、長い間運動とは縁遠い生活を送ってきた人です。部活もずっと文化系だったし。
マラソンは運動神経もあまり関係ないし、誰でも努力すれば、長い距離を走れるようになるのですよねー。まさに「走った距離は裏切らない」という感じで、どんなスポーツより努力が報われます。難しいことを考えなくても、走るだけで簡単にバランス良く痩せられるのも魅力です。

>YummieDさん
私は息が切れるほど速く走らないのです。ゆっくり走るので長く走っていると、ハーハーゼイゼイというよりも、全身がだるーくなります。走ったことがない人は少し走っただけで息が切れますが、ゆっくり走って少しずつ距離を伸ばしていけば、いつかは長い距離を楽に走れるようになりますよ。実は夫のトムは以前とても太っていて、最初は5分も走れなかったそうです。それでも続けていると少しずつ長く走れるようになり、1年しないうちにフルマラソンに出場しました。ついでに18キロ(だったかな?)も痩せたのです!
ウォーキングから始めるのもいいと思いますよ。ご主人と一緒に走れるようになったら、きっと楽しいですよ♪
Posted by tomo at 2008.10.14 09:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する