fc2ブログ
2008.11.22

メキシコシティー2日目、ティオティワカン遺跡

メキシコシティー2日目は、まずマニスの散歩で始まった。どんなに朝早く出かける時でも、犬の散歩を済ませてからというのは、うちの生活パターンとまったく一緒。サンディエゴでは庭付き一戸建てに住み、フラップドアでいつでも自由に家の中と外を行き来していたマニスも、今では大都会の超高層マンションに暮らしているので、今まで以上に散歩が楽しみなはずだ。マンションから道路をすぐはさんで、広大なチャプルテペック公園が広がる。この公園の敷地内には、国立人類学博物館、国立劇場、大統領官邸まであるのだ。この公園の1角を4人+マニスで散歩。正確にいうと、一緒に歩いてくれるガードマンが数人、さらにのろのろ運転でついてくるガードの車も2台いるので、かなりの大所帯だ。オフリーシュの大きな犬がマニスに近付いて来ると、ガードマンたちが追っ払ってくれる。マニスお嬢様も安心だ。

散歩を終え、シティーの中心部から北へ1時間少々行ったところにある、ティオティワカン遺跡へ。ここは紀元前2世紀頃に建造されたメキシコ最大の宗教都市国家。350年から650年の間に繁栄の頂点に達し、当時20万人以上の人口を擁していたと推定されている。巨大な敷地内に点々とピラミッドや宮殿跡が並んでいる様は、まさに壮大。端から端まで歩くだけでもけっこうな距離がある。

死者の道


←延々と続く死者の道


太陽のピラミッドをバックに、Hさんとゆーこさん

←太陽のピラミッドを背に、Hさんとゆーこさん。
超~怖かったけど、ちゃんと上まで登りましたよ。ガードマンのみなさんももちろん一緒。



月のピラミッドより


←月のピラミッドの上から、遺跡全体を見渡す。


月のピラミッド、階段を下る

←登るのも怖かったけど、下りはもっと怖い。こんな段差のある急な階段なのだ。


男性陣も太陽のピラミッドは一緒に登ったけれど、月のピラミッドには登らず。この後のゴルフに余力を残すため?

ティオティワカンを訪れるのは2度目のHさんの心はすでにここにあらず。ずっと腰が半分浮いたような状態での観光だったのでありました。あ、もちろん私は違いますよ。

この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/582-4c676d0b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する