2008.11.24

メキシコシティーからサンディエゴへ

サンディエゴに戻る便は早朝発。仕事に行かなければならないHさん、マニスと別れ、ゆーこさんと一緒に空港へ向けて家を出た。メキシコシティーの空港ビルは去年できたばかりだとかで、近代的でとても清潔。ゆーこさんとボディーガードのみなさんは、私たちが出国審査場に入るまで、きっちり見送ってくれた。あっという間の3日間。本当にお世話になりました。次回訪れる時には、今回行けなかった観光スポットにも行ってみたいな。ずっと他人行儀だったボディーガードのみなさんも、最後は笑顔で手を振ってくれたのが印象的。

帰りの便もファーストクラスへアップグレード。これまた食事がおいしい。1週間の旅を振り返りながら、機内サービスを満喫していたのも束の間、乗り換えのためにヒューストンへ到着。ここでアメリカへの入国審査と荷物の税関検査を済ませるわけだが、入国審査場がメキシコ人で恐ろしく混雑している。もともと乗り換え時間が1時間しかなかったため、誰よりも早く飛行機を降りたのに、全然意味なし。トムはいつもお世話になっている旅行会社に電話して、次のサンディエゴ行きの便の空席状況を確認したりしていたけれど、私は乗り遅れることなんて考えてもいない。この便に乗らなければ、今日中にあんことうめこをピックアップできないのだ。やっと通りかかった航空会社の係員をつかまえて、なんとかしてくれと頼むも、国際線乗り換えの人でない限り、列の割り込みはさせられないと言う。自分で前方の列の人に頼むしかないかと思い始めた頃、入国審査のブースがあらたにオープンして、乗り継ぎのある人を優先的に呼んでくれた。その後はとにかくひたすら走った、走った。荷物(それぞれスーツケース1個とゴルフバッグ)を持ち、税関を抜け、再び荷物を預け、ゲートに向かう。そのゲートの遠いことと言ったら!ヒューストン空港は、コンチネンタル航空のハブ空港の1つなので、ターミナルも巨大なのだ。歩くには最適だけど、走りづらいMBTシューズで、それはそれは倒れそうになるくらい頑張って走りましたよ。おかげでゲートクローズにはギリギリセーフ。普段から走っておいて本当に良かった。ゲートの係員が、荷物がちゃんと載るかも確認してくれると言う。

ヒューストンからサンディエゴまでは、走った疲れもあってよく眠った。しかし、前の飛行機に読みかけの「間宮兄弟」を忘れてきたことに気付いてがっかり。そのうえ、サンディエゴ空港に着いたら、4つ預けた荷物のうち、1つだけ未着であることも発覚。同時に預けたのに、なぜそんなことが起きるのかまったくもってわからない。しかし、次の便に載せて今日中に自宅まで届けてくれることになったので、結果的に問題なし。

あとは、私たちを待つ、あんことうめこを迎えに行くばかり。再会の瞬間、あんこはギャインギャイン鳴きっぱなし。滞在中の2匹の様子を尋ねたところ、うめこに関してはこれ以上ないほどの賛辞の言葉。あんこも長い散歩を楽しんでいたとかごはんも良く食べたとか、なかなか良い子でいたようだ。しかし「Talkative(おしゃべり)」という言葉にはびっくり。家では吠えることも唸ることもキュンキュン鳴くこともまったくない無口なあんこなのに、ここでは吠えたりするのだろうか。ま、特に迷惑をかけることもなく、元気で過ごしたようで何より。

家路を急ぐ


←家に帰れて嬉しいっす(涙)。

この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/585-cf550567
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「お迎えに行かなくちゃ」という焦る気持ち、よ~く分かります。できるだけ早く行ってあげたいですものね。
私も一度は空港で荷物が出て来るのを待たずにタクシーに飛び乗って猫を迎えに行き、後で荷物を受け取りに空港に戻ったことがあります。
メキシコ旅行、とても楽しい時間を過ごされたようでなによりです。お隣の国なのになかなか行くチャンスがありませんが、今度行ってみたいです。
Posted by emmynyaa at 2008.12.02 11:16 | 編集
お迎えに間に合ってよかったですね。
さすが普段スポーツで鍛えているtomoさんご夫婦。
私は走れないだろうな~。

ところで、飛行機の忘れ物って、数日間はとっておいてくれるらしいですよ。
ファーストクラス席だったら、とくにチェックしてくれてるんじゃないでしょうか。
問い合わせしたら、送ってもらえるかも。
「間宮兄弟」、ゆる~い話とはいえ、読みかけは気がかりなことでしょう。


Posted by daysofWLA at 2008.12.02 15:32 | 編集
お家に帰れて良かったっす。(あんこちゃんへ)

乗り換えで走る…とっても嫌な響きです…。
以前、帰省ラッシュ時に金沢から東京に帰るとき、新幹線が遅延し、乗り換え駅の越後湯沢で猛ダッシュしたことがありましたが…あれは非常に嫌な思い出です。
重い荷物を持ってダッシュするのももちろん疲れるのですが、精神的な疲労度が高かった記憶が強いです。

でも無事にあんこちゃん、うめこちゃんをお家に連れて帰れて何より。

MBTって走りにくいですか??
気にしたことがありませんでした…。
Posted by がら at 2008.12.02 16:03 | 編集
カンクン&メキシコの旅、満喫されたようですね~!
Hさんのブログでも楽しい旅の様子を拝見しました!
私達もメキシコへの出入国で時間がかかり、まさに息がゼーゼー言うほど必死で走ったことを思い出しました(^^) 
お誕生日FAX、およげタイ焼き君はKへーの力作です(笑)喜んでいただけて何よりです♪
Posted by na at 2008.12.02 16:05 | 編集
乗り継ぎでトラブル、本当に焦りますよね。でも、あんこちゃん、うめこちゃんと予定通り再会できたようで安心しました。写真のあんこちゃん、本当に嬉しそう。

メキシコでは充実した時間を過ごせたようで何よりです。カンクン&メキシコ、私も一度は訪れてみたい場所です。私もスペイン語、始めようかな?

Posted by coco at 2008.12.02 17:24 | 編集
>emmynyaaさん
荷物を受け取る前に、猫ちゃんたちを引き取りに行ったというのもすごいですね(笑)。今度時間がない時には、私もその手を使います。1日でも早く引き取りに行きたいという気持ちは、飼い主みんなの共通の思いですね。
うちからメキシコ国境まで車で40分かかりません。サンディエゴにいると、メキシコはかなり身近な国に感じますが、今回ゆっくり滞在して、ますます好きになりました。

>daysofWLAさん
混雑した空港の中を、いったいどこにゲートがあるのかわからないまま(ゴールがどこかわからないまま)、走り続けるのはかなりつらいことでした(涙)。トムが私より少し早くゲートに到着して、係りの人に妻がもうすぐ来るからと言って、待っていてくれたのです。
飛行機の忘れ物、問い合わせなんて思いつきもしませんでした。実はサンディエゴに帰ってきた2日後にはブックオフでまた「間宮兄弟」を手に入れ、すでに読み終えました(笑)。恋愛物というわけではないのに、独特の江國ワールドが感じられて面白かったです。

>がらさん
今ではホテル生活のことなど忘れておうちでのんびり過ごしているところっす(あんこより)。
みなさん、乗り換えでのダッシュの経験はおありなのですねぇ。私はあそこまで焦ったのは初めてです。あんことうめこのことさえなければ、次の便(2時間後)でも全然問題なかったのですが、お迎えが1日遅れるのはどうしても不憫で・・・。
がらさんはMBTで走ったことないですか?私は歩くのは全然平気ですが、走るのはすごく難しく感じるのです。ちょっと走るだけでも疲れます。

>naちゃん
入国審査の列に並びながら、naちゃんたちもたしか乗り継ぎで苦労したんだよねーと思い出していました(笑)。次回から時間に余裕をもったほうがいいですね。
naちゃんのアドバイスのおかげで、楽しく快適なメキシコ旅行となりました。そのうえ、あのお誕生日ファックスの感激といったら・・・!一生大事にします!

>cocoさん
みなさまのコメントを読んで、乗り継ぎトラブルって本当に多いんだなーといまさらながら実感しました。フライトの予約、余裕をもったほうがいいですね。
サンディエゴはあまりに快適なので、カンクンに着いても「ビーチリゾートに来た~!」という実感が思ったほど湧かなかったのですが(笑)、せっかくお隣りの国ですし、ぜひ1度訪れてみてください。遺跡がお好きでしたら、ますますお勧めです。
Posted by tomo at 2008.12.03 13:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する