fc2ブログ
2009.04.14

「深海のYrr」

プリンストンはサンディエゴと違って毎日晴れているわけではなく、最近は週に2日くらい雨が降る。雨が降ったらどこにも行かない。家でお菓子を食べながら、ずーっと本を読んでいる。

深海のYrr 〈上〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)最近読んだのは、フランク・シェッツィングの「深海のYrr」。映画化されることも決まったらしい。けっこう分厚い文庫で、上・中・下巻。そのうえ、ドイツ人が書いた外国の小説なので、登場人物の名前はみな片仮名(翻訳してあるのでね)。

私は片仮名の人名や地名にめっぽう弱い。まったく覚えられないうえ、覚えたつもりでもいつのまにか自分の言いやすい名前に勝手に変えてしまったりする。この手の長編小説は、最初に登場人物を紹介するページがたいていあるので、そこにしおりを挟んで、何度も何度も繰り返し確認することになる。翻訳する時、ついでに人名を「トム」とか「ジョン」みたいな簡単な名前に変えておいてくれると助かるのだけど。

この長い小説、ジャンル分けすると、海洋サスペンスとか、エコサスペンスになるらしい。登場人物が多いし(でもどんどん死んでいく)、メタンハイドレードとか石油産業の話とか、やたらにとっつきにくかったけど、途中からはぐいぐい引き込まれた。

みなさんは、人間以外の知的生命体の存在を信じますか?

私は信じます。それは宇宙の果てに存在する人間に似た形の生物かもしれないし、海の底にいる単細胞生物かもしれない。

私は最近のエコブームにはあまり関心がない。でも、地球を支配しているのは人間ではないのかもしれないと、ずっと前から思っていた。46億年前に地球が誕生して以来、ホモサピエンス(現在のヒト)が出現したのは、20万年前。地球の長い長い歴史の中で、今がたまたま人間の全盛期なだけで、きっといつかは滅びるのだ。それを考えると、この小説の中で知的生命体だと捉えられているバクテリアはすごい。厳しい氷河期や、生物が大量に絶滅したペルム紀だって生き抜いてきたのだから。

たいていの人間はクモやミミズを見ると嫌悪感を覚える。長いたくさんの足や、ヌルヌルした皮膚感は、人間の価値観的には好ましくないからだ。たしかにクモやミミズは知的生命体とは言えないけれど、彼らの本能やルールに従って世界を築き、種を守ろうとしている。知性と文化を持っているからといって、人間ばかりが地球の主役のような顔をしてもいいのだろうか。

だから私は家に入り込んできたハエもクモも殺せないのだと言ったら、トムに「そんな宗教みたいな話はやめてくれ」と言われました。宗教じゃなくて生物の話なのにー!
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/662-6a5d075d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この本、ずっと本屋さんで平積みになっており、「面白そう…かも?」と思っていたのですが、ずっと買わずに今に至っております。
最近読む本がないので買ってみようかしら?

あたしも人間以外に知的生命体がどこかにいてもおかしくないと思います!

人間って、自然に対して大きな力を持っているように一見みえるけど(海を埋め立てたりとか、山を崩したりとか)やはり自然に支配(支配という言葉はちょっと語弊があるかな?自然の一部というか…)されているように思います。

人間の見えていること、わかっていることって、本当に一部だけだと思うから、今言われている「エコ」が本当に「エコ」なのか疑問ですが…。
でもエコブームで物を大事に思うようになるのは良いことだと思います♪
Posted by がら at 2009.04.15 11:19 | 編集
トムって信心深い人だと思っていたのに、宗教の話は嫌いなの?途中まで真剣に読んでいただけに最後のオチが笑えました。くすっ。
ガラパゴスのゾウガメは150年くらい生きるらしいです。主人が「ゾウガメは何の為に生きてるんだろう?」と何度も言っていましたが、確かにあまりエキサイティングな人生(亀生)でもなさそうなのに、150年・・・長すぎる。。。でも何か意味があるんだろうなぁ。。。深い。
Posted by ゆーこ at 2009.04.15 12:31 | 編集
何せ長いお話なので、入り込むまでが大変だったことと思います。
上巻を読み終えても、まだ完全に引き込まれる、って状態にはならなかった覚えが。
でも、最後は、グイグイ引き込まれ、目の前に映像が浮かび上がる状態になったので、映画化も納得でございます。

登場人物名。
特に、この小説は、世界各国の人名が出てくるので、覚え難いですよねー。
なんとなく、日本が悪者扱いで出てくるのが、寂しかったりしました。
メタンハイドレードの開発。実際、日本ではかなり研究が進んでいるようですが、この本を読んでからは、手放しで頑張れーと、言えなくなっちゃいました。
(すぐ影響される人なのです;笑)
Posted by あづ。 at 2009.04.16 15:25 | 編集
>がらさん
この小説、かなり売れたみたいですね。こんなに長くて難しいのに・・・(笑)。
>人間の見えていること、わかっていることって、本当に一部だけだと思う
激しく同意!自然界は奥が深いですよね。所詮人間も天災は防ぎようがないわけだし。
いまやエコもファッションという感じですよね。ファッションでもなんでも、いろいろな人がエコに関わったり、関心を示すのであれば、それも悪くないのでしょう。
読むのに時間がかかりますが、お勧めです~!

>ゆーこさん
終末論っぽい話になってしまったので、よくある新興宗教のようにトムは感じてしまったのではないでしょうか。生物や科学の話だったのに~!
亀は本当に長生きですよね。万年は大げさだとしても。
きっと生きること自体に意味があるのでしょう。人間の生きる意味も同じだと思います。つらいことばかりで生きる意味を感じないような時でも、きっと生きていることに意味があるのではないか、と、どこかのカウンセラーが言ってそうですよね。

>あづ。さん
面白い本を貸していただき、ありがとうございました。長くて難しい話で、私にしては読むのにすごく時間がかかったので、ずいぶん長い間楽しめました♪
映画化は難しいかなーと思ったけど、今はCGで何でもできるから、問題ないのでしょうね。映画化されたらぜひ観てみたいと思います。例の「ゼラチン質のもの」が、私が想像していたものと同じような動きをするのかどうか気になります。
たしかに日本は悪者扱いでしたね。捕鯨の件でもメタンハイドレードの件でも。あ、でも水中カメラだかロボットだかの高性能な機械が日本製でしたね(笑)。
私も読んだ本にすぐ影響を受けるので、トムに嫌がられております。
Posted by tomo at 2009.04.18 11:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する