FC2ブログ
2009.06.14

だからゴルフはやめられない。

実は昨日のゴルフからの帰り道、大雨の中を泣きながら運転して家に戻ったのです。なぜあんなショットしか打てなかったのか、必死に考えるもよくわからない。5年もゴルフをやってきたのに、なんてことだ・・・。ゴルフって悲しいことに、ランニングと違って、一生懸命頑張ればその分必ず報われるというスポーツではないのです。

家に着いてすぐ、着替えもせずにクラブを握ってみた。家の中でフルスイングできる場所はないので、鏡を見ながらゆっくりテイクバックしたり、トップの位置を確認したり、ハーフスイングしてみたり・・・。左に低い球が出るのは、軌道がアウトサイドインになっているかというのはわかるのだけど、その理由がわからない。1時間ほどして、やっと何が悪かったか発見。

問題の根源は上半身ではなくて、下半身だった。最近、飛ばしのために体重移動をかなり意識してスイングしているのだけど、今日はトップで右膝が伸び切って踵体重になり、軸が崩れてしまっていた。その下半身につられて、腕が極端に後ろ(インサイド)に引っ張られ、その反動でダウンスイング時にアウトから入ってしまっていたのだ。最近ウッドがダフリ気味だったのもその影響かもしれない。昨日は連荘歩き(+ぬかるみ)ラウンドで下半身が特に疲れていたので、余計に右足の踏ん張りが効いていなかったのだろう。

スイング確認中に帰宅したトムにラウンドの内容と検証結果を報告。トムのラウンドもパッとしない内容だったらしい。

そんな経緯もあって、今日は久々に2人で練習場に行った。サンディエゴではラウンドの他に週に2回練習場に通っていたが、プリンストンに来てからラウンド数が増えたので、練習はラウンド前の数十球だけになっていた。サボっていたバチが当たったのね。

練習場の屋根が付いているエリアは、妙に日本人でいっぱい。日本人って練習熱心で真面目なんだなーとこんなところで実感。トップ時に、右足内側で体重を支えることだけ気を付けて打ったら、なんのことはない、いつもどおりの球筋があっさり出た。昨日のラウンド中は何をやってもダメだったのに・・・。たまに右プッシュが出ても、なんだか嬉しい。私のショットがちゃんと戻ってきた。

トムも練習で何かをつかんだもよう(何回目?)。ゴルフは楽しいと連発し、家でも素振りをしたり、ゴルフ雑誌を読んだり。山あり谷ありのゴルフ人生だけど、一緒に頑張ろうね、トム。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/699-87c933e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ほんっとにゴルフナッツぶりは見事になるばかりですね。練習して、上手く行かなくて、口惜しくて、考える。このプロセスが素晴らしいです。僕も似たようなもんですけどね。最近はミドルアイアンがちゃんと当たらなくて、辛い日々が続いています。来週は久々の爆裂だというのに、これでは後輩諸君に格好いいところ見せられません。7月の直接対決に向けてお互いチューンアップしましょう!
Posted by H at 2009.06.16 08:55 | 編集
>Hさん
このエネルギーを何か他に生かしたらいいのかもしれませんが・・・(苦笑)。
ゴルフはやみくもに練習してもうまくなりませんよね。何が悪いのか見つけなければ。
Hさん、2ヶ月連続で爆裂蟹参加ですね。うらやましい~。しかもCarlton Oaksなんて。後輩諸君に「やっぱりうまいHさん」の印象を焼き付けてきてください。
Posted by tomo at 2009.06.18 09:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する