FC2ブログ
2006.11.22

よみがえったメッセージ

アメリカに来てすぐ携帯電話を持って、2年半。実は今まで留守番電話の伝言メッセージの聞き方を知らなかった。日本と同じように、留守番電話サービスセンターのようなところでメッセージを預かってくれるのだが、アクセスしても自分あてのメッセージをどうやって聞けばいいのかよくわからなかった。電話機の説明書を隅々まで読んでも、そんなこと書いていないのだもの。それはトムも同じ。私以上に面倒くさがりやのトムは、アメリカ滞在6年近くの間、留守電メッセージに関わることなく生きてきたのだ。仕事でも使う携帯電話、不都合はなかったのだろうか。


先日、友人に軽い気持ちで尋ねたところ、何やら暗証番号を設定しないといけないと言う。自分が利用している Verizon のHPに行くと、ボイスメール(留守電メッセージのこと)の聞き方がちゃんと書いてある。自分の携帯電話からサービスセンターにアクセスして、まず#を押して、暗証番号を押す。これだけ。暗証番号の設定はその場でできる。なんだ、簡単じゃーん。こんなこと、みんな知ってるの?


早速、自分のメールボックスに溜まったメッセージを聞き始める。最初のメッセージは約2年半前のトムからのもの。心なしかトムの声が若々しい。その後もほとんどがトムからのメッセージだが、当時ESLで一緒だった若い友人からのメッセージなどもあって懐かしい。何十件かのメッセージが再生されたが、一番新しいものでも1年以上前のもの。それ以降はメールボックスが一杯で録音さえできなくなってしまったようだ。全部再生&消去してすっきり。誰にも聞いてもらえず放置されていたたくさんのメッセージたちが一瞬よみがえり、また消えていった。面倒くさがるトムにも操作方法を教え、同様にメッセージを聞く。


さ、これからは留守電メッセージもどーんと来い、よ♪万が一、今までご迷惑をおかけした方がいたら、ごめんなさーい。


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/7-832b0e98
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
二年半前のメッセージ。なんだかタイムスリップしたみたいで楽しい(笑)でも二年半も保管しておいてくれるものなのね。

あたしにとって使い勝手が悪いSoftBank。
でも一個だけこのサービスはいけてる!と思うのが、留守電を知らせるサービス。
携帯の画面上に、「何月何日の何時何分に誰(相手の番号)から留守電が入った」と表示されるのですよ。で、聞く場合はここを押せとの指示まで出る。
これはとっても便利なシステムだと思いました。
Posted by がら at 2006.11.22 10:41 | 編集
はじめまして☆
お引越し、おめでとう(?)ございます。

いつも楽しく読み逃げさせてもらっています。
この機会にご挨拶しちゃえいっと思い、コメントしました~
あと・・・
私のブログにここのリンクを貼ってもいいでしょうか?
Posted by ミルミル at 2006.11.22 13:31 | 編集
トムさんの約6年の留守電は、どんなだったんでしょう?
マルコさんのメッセージも入ってたのかな?
私の携帯は、留守電契約していないので
電話機に付いている機能だけです。
だから3件しか入らないの。(笑)
Posted by くろねこ・ママ at 2006.11.22 17:39 | 編集
がらさん同様、2年間もメッセージ保存してくれるん
ですねー。私の携帯は、たったの2ヶ月です。
後は、自動的に消えちゃいます。
初め留守電のお知らせのマークがついたままで聞き方がわからなくって苦労しました。
分厚い英語の取説、まったく読む気にならないですよねぇ
これからは、バッチリですね!
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます♪
Posted by Satory at 2006.11.23 00:57 | 編集
伝言の聞き方がわからない妻の携帯に伝言を残している夫というのはおかしいですね。さすがトムさん!新婚ホヤホヤの時の伝言はどんな感じだったのでしょうか?甘~い想像が膨らみます?!
Posted by ゆーこ at 2006.11.23 01:51 | 編集
>がらさん
そういえば、2年半もメッセージを保管してくれるなんて、ある意味すごいですよね。件数には限りがあるようです。
ソフトバンクって、昔のJ-フォンでしたっけ?実は私の電話にも、同じくメッセージの詳細を知らせるサービスがあります。日本の携帯のこと、もう忘れかけていますが、以前はドコモの場合、留守番電話サービスセンターにかけてないと、誰からのメッセージだか確認できなかったような気がします。全般的に携帯電話のサービスは日本のほうが進んでいるのでうらやましいなー。

>ミルミルさん
はじめまして。いつも読んでくださっているとのこと、ありがとうございます♪
リンクは大歓迎です。私もミルミルさんのブログに遊びに行きたいので、アドレスを教えていただけますか?お名前のところにリンクが貼っていなかったので。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by tomo at 2006.11.24 15:05 | 編集
>くろねこ・ママさん
トムは仕事でも同じ携帯を使っていたので、なんだか外人が英語でしゃべっているものばかりでした。私は、トムが留守電の聞き方を知らないことを知っていたので、メッセージを残さなかったのですよ。
日本の携帯って、留守伝契約なんて必要でしたっけ?でも携帯に録音機能があるのなら、それでなんとかなりますよね。私の今の端末はその機能がついていないのです。不便じゃー。

>Satoryさん
私もよくわからないのですが、Verizonはメッセージ保管期間が長いのでしょうかねー。普通は2年も保管しておく必要ないような気がします。自動的に消えてくれたほうが新しいメッセージが入るのに(笑)。
私は、どんな電気製品も取説を端から端まで読まないと気が済まないのですよ。英語の取説も頑張って読んでいます。しかしアメリカの取説は大雑把なので、読んでもわからないことが多いのが難点。
誕生日のお祝いメッセージ、ありがとうございます♪
Posted by tomo at 2006.11.24 15:11 | 編集
>ゆーこさん
トムは私と結婚するまで、日本でもアメリカでも携帯電話を持ったことがなかったのです(←生きる化石)。
当時使っていた端末は、端末自体に何件かメッセージを録音することができ、それを聞くことは出来ていたので、トムは私がサービスセンターのメッセージを聞けないことに気付いていなかったようです。
内容はどうでもいいような普段の会話ですが、明らかに声に張り(愛情か!?)があって若々しく感じました。
Posted by tomo at 2006.11.24 15:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する