fc2ブログ
2009.06.22

うめこ、初めての歯のクリーニング

予定どおり、うめこの歯のクリーニングは行われた。なんと、予約は朝6時15分。今までも自分の歯医者の予約が7時20分だったりしたことはあったが、さすがに6時台は初めてだ。トムも私も顔も洗わず、着替えだけして動物病院に行ったが、病院には多くのスタッフがキビキビと働いており、お客さん(とは言わないか)も普通にいた。

麻酔が切れて、うめこの状態が安定してからの引き取りになるので、早くてもお昼過ぎになると言われていたが、結果的に迎えに行ったのは3時過ぎであった。

うめこには抜歯するほどのひどい歯はなく、無事に歯石と歯垢の除去が行われたもよう。料金も見積もりよりうんと安い、493.93ドルであった。少し歯茎が赤くなっているところがあって、私も気になっていたのだが、やはりそこは歯周ポケットがやや深くなっており、このままケアをせずに放置しておくと、2年くらいで歯を抜くことになるらしい。その予防のためのジェル状の薬をもらった。毎日歯と歯茎に塗ると良いのだって。あとは抗生物質を5日分。

よれよれうめこ1よれよれうめこ2


やはり全身麻酔は体への負担が大きいのか、帰宅後もなんだかよれよれのうめこ。しかし、家に着いてすぐカリカリを食べるところは、さすが食いしん坊。今日は朝ごはん抜きだったものね。それにしても歯のクリーニングから戻った犬猫は、なぜみな目の周りが濡れて、殴られた後のような顔をしているのか。

書類をよく読むと、うめこの全身麻酔は、ガス麻酔だったことが判明。ガス麻酔なんて、どこぞの凶暴な猫(普段は良い子です)だけかと思っていたのでたいそう驚いた。

この病院のスタッフはみな真面目で感じがいいのだけど、唯一の不満は、獣医が固定されていないこと。先週血液検査の時に診てもらった先生、その結果を電話で連絡してくれた先生、今日歯のクリーニングをしてくれた先生、全員違う先生なのだ。サンディエゴでお世話になっていた動物病院では、いったん担当医が決まると、基本的に同じ先生がずっと診てくれたので安心感もあったし話が早かった。ま、動物病院もいろいろだわね・・・。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/704-114858c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
なんか病院に行くと、すっかり具合の悪い風体になって帰ってくるので、「あんたのためだから!!」と思いつつも、心の中で謝ってしまいます。…(苦笑)

おじさん、一度も歯のクリーニングしたことがないのですよね…。歯ブラシで磨くと少し綺麗になる(歯石なんかは取れないだろうけど…)ので、また歯磨きを再開しようかしら?
噛まれるの覚悟で(笑)
Posted by がら at 2009.06.25 13:17 | 編集
>がらさん
病院に行ったら、余計に具合が悪そうになって帰ってきますよね。今回は、病気を治すために行ったわけではないので、いつも以上に「ごめんね」という思いが強かったです。
日本って、犬猫の歯のクリーニングって一般的でしたっけ?私は日本では1度もさせたことがありません。もちろん歯ブラシで磨くだけで、全然違うと思いますよー。ただ、猫は犬以上に歯磨きが難しいですよねぇ。
この日以来、うめこの歯に1日1回ジェルを塗っていますが、これが毎日続いたら、うめこに嫌われちゃのではないかと恐れています(笑)。
Posted by tomo at 2009.06.27 11:11 | 編集
ガスで全身麻酔というのは普通だと思います。
通常、注射で鎮静させてから、気管に管を入れてガス麻酔に切り替えるのですが、ノアさんの猫はおそらく鎮静にもガスを使ったのでしょうね。
ガスの方が、量を調整しやすいし、覚めも早いので安全なのです。
あと、目の周りが濡れるのは、麻酔中、目が乾かないように塗るジェルのせいでしょう。

ところで、うちの猫は、この間、日本の検疫用に血液検査(採血&発送)を頼んだら$400以上かかってしまいました。その病院が高すぎるのでしょうか?
それに比べて、歯石取りで$500以下というのは安いような気がします。
こんなに動物の医療費が高いとなると、予防できることはした方がいい気になりますね。


Posted by daysofWLA at 2009.06.28 08:08 | 編集
うめこちゃん、きっと殴られたのですよ(笑)。

ノアのときあまりにもよれよれ状態だったので、凶暴猫だからかと思っていましたが、大人しいうめこちゃんですらそんなだったなんて、やっぱりガス室のせいだったのでしょうかねぇ^^;
抜歯しないですんでよかったですね(^^) 歯にジェルを塗るなんてたいへんそうだな~。
Posted by noir at 2009.06.28 20:50 | 編集
>daysofWLAさん
すごくお詳しいのですね~。勉強になりました。凶暴猫はガス麻酔、おとなしい猫は注射の麻酔だと、勝手に思い込んでいましたよー(笑)。
目が乾かないためのジェルなんてものも塗るのですねぇ。うめこはこの時に何か細菌でも入ったのか、1週間涙が止まらずひどい顔をしています。
抗体価検査(+発送)が400ドルもするなんて、ちょっと高すぎると思います。うちが過去にお願いしていたサンディエゴの動物病院では1匹120ドル弱でしたよ。
歯石取りだけだと500ドル以下で済むケースが多いようですが、抜歯することになると、麻酔を足すので金額がぐっと上がるらしいです。結局一番高いのは麻酔なのですよね。

>noirさん
どうやら凶暴な猫だけがガス麻酔というわけではなさそうですよ(笑)。
daysofWLAさんのおかげで、顔が塗れているのも目が乾かないようにするためのジェルだということがわかり、今更ながらほっとしました。全身麻酔はやはり体への負担が大きいのでしょうね。でもうめこは食欲は普通にあったので、見た目ほどヨレヨレではなかったのかもしれません。
歯にジェルを塗るの、面倒ですが、それほど大変ではありませんよ。うめこはもちろん嫌がりますが、毎晩無理矢理指でジェルを塗り塗りしています。
Posted by tomo at 2009.06.30 07:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する