2009.08.10

ギョーザ祭り

今日はギョーザ祭り。MM子さん宅に6人の女子(主婦)が集まって、一緒に餃子を作るのだ。みんなが手分けしていろいろ用意してくれたので、私が持っていったのは、巨大に育った大葉(明太餅ギョーザに入れる)。植木鉢ごと持って行き、残りは唯一大葉を栽培していないMみん家に強制譲渡。

ギョーザの材料餃子の中身の基本材料は、豚挽き肉、キャベツ、ニラ、すりおろしにんにくとしょうが、ネギ。それ以外にも変わりダネで、カレー風味レンコン餃子、エビ餃子、明太餅餃子。

分担して材料をみじん切りにし、捏ね、皮に包む。1人で全部の作業をすると、けっこう時間がかかる餃子作りも、6人でやればあっという間で楽しい。100個のギョーザが出来上がり。

包み終わった餃子を次々と焼くのは、あづ。さん。専属焼き師として立候補してくれたあづ。さんは、4個のフライパンを駆使し、50個のギョーザを見事に焼き上げた。皮はパリッ、中はジューシーな、素晴らしい焼き上がり。

見事な焼き上がりMM子さんが土鍋で炊いてくれた白米と共に、ひたすら餃子を食べる幸せ。かなり大きめの餃子だったけど、1人8個ずつくらい食べてしまった。1度にこんなにたくさんの餃子を食べたのは、生まれて初めてだと思う。焼いていない残りの50個の餃子はそれぞれ持ち帰り。私は水餃子にして、トムと一緒に食べた。

やっぱり手作り餃子はおいしいなーと思うのだけど、1人で全部準備するのは、けっこう億劫。次回私が餃子を作るのは、いったいいつのことかしらん?
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/733-c6426055
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
餃子。美味しかったですねー。
分担流れ作業の素晴らしさを実感しちゃいました。
船頭多くしてなんとやら、などと申しますが、素晴らしいチームワークでしたよね。
手作り餃子は、とってもとっても美味しかったけど、やはり包みに対する苦手意識が強いので、今後も味の素派で、焼き技術の向上に精進する所存であります:笑
Posted by あづ。 at 2009.08.13 13:37 | 編集
>あづ。さん
餃子って具の良し悪しより何より、一番大事なのは、焼きっぷりなのだと思います。
今回の餃子がとっても美味しかったのは、やはりあづ。さんの焼きっぷりが素晴らしかったからです。私は油が飛び散るのが嫌で(掃除が面倒)、思い切りよく強火でジャーッと焼けないので、あんなふうにパリパリになりません。
味の素派、万歳です!日本の食品メーカーの技術は素晴らしいのです。堂々とそれに甘えようではありませんか(笑)。
Posted by tomo at 2009.08.15 05:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する