2009.09.04

犬猫たちとの再会

あんこ&うめことの再会の前日、新しく買った家電や家具類、倉庫に入れていた荷物の運び入れがあった。

5年以上倉庫に眠っていた物。リストを見ても、記憶にない物があったりする。トラックで家の前に乗り付けてくれた倉庫会社の人が、次々と降ろしてくれるダンボール箱。一応家の中に運び入れた後中身をチェック、処分してほしい物はそのままダンボールに戻して倉庫会社の人に渡す。「なぜこんな物を・・・!?」と我ながら疑問に思うような物の数々。いくら古い道具が好きだからって、ガチャガチャとチャンネルを回すテレビ、当時からすでにレトロだったCDラジカセ。箱を開けた瞬間、「スミマセン」と言って、倉庫の人に渡す。その繰り返し。お気に入りのボンボン時計とパンダトースター、アナログ目覚まし時計は、古いけれどこれからも現役で頑張ってもらいます。結局私の物で処分したのは70%くらい。トムの物は99%。トム兄夫婦が家具や家電を引き取ってくれたのが幸いだけど、倉庫代を払っていてくれたトムの会社や、倉庫会社に申し訳ない気持ちでいっぱい。またいつか海外赴任することがあったら、2度と同じ失敗はしませんから!

時計2つ


←古い時計2つ。これらはキープ。


翌日、あんことうめこのピックアップのため成田へ。再会したあんこは、今まで見たことがないほどの興奮っぷり。滞在中はおとなしくしていたらしいので、ゆっくり休めたかな。うめこもいつもどおり。鼻のすり傷も治り、クールな美猫(?)に戻っていた。このホテルはお手頃な値段のわりに、アットホームなケアが素晴らしい。本当にお世話になりました。

道路が空いていたので、順調に自宅に到着。あんことうめこが初めて新居に足を踏み入れた。まだがらーんとしている家の中を探検した後、すぐにくつろぎ始める2匹。ここが自分たちの新しい家だってちゃんとわかるのだね。ぐっすり眠る2匹を見てやっと、長かった「引っ越し旅」が終わったような気がした。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/751-5eb4bbee
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
遠距離お引っ越し、お疲れ様でした。
あんこちゃん、うめこちゃんも新居に馴染んだようで何より!

友達と5年以上アメリカにいて日本に返ってくると何に驚くか?という話をしていたのですが、やっぱり携帯電話の進歩じゃないか?という結論に達しました。
あと、外国人がたくさん働いていること。
都内のコンビニやファーストフードなどで働く外国人がここ数年で一気に増えたように感じます。

古い時計。
なんだか懐かしい気持ちになったわ。
特にアナログの古い時計は、似たようなものが祖父母の家にあった気がします。
Posted by がら at 2009.09.11 16:51 | 編集
私も12年前にアメリカに発つ前に母のところに預けて来た荷物があるのですが、12年間必要なかったということは、きっと必要のない物なのだろうなぁ…と思います。でも、今となっては箱を開けて確かめるのが怖いです。

あんこちゃん、うめこちゃん、ちゃんとお家が分かるんですね。よく「猫は家に付く」とか言いますが、やっぱり家族がいるところがお家だって分かるんですよね。
Posted by emmynyaa at 2009.09.12 01:09 | 編集
>がらさん
携帯電話の進歩にはさすがに驚きましたよー。私がいた頃は、やっとワンセグが出始めた頃でしたが、カメラも今ほど高品質ではなかったし。
トムなんて、携帯でメールをしたことがなかった人なので、完全に浦島太郎状態です(笑)。でも今は2人で勉強してだいぶん使えるようになってきました。同じ機種にしたので、お互い教え合うことができて良いです。
うちの近所では、働いている外国人は見ませんね~。都心部には多いのでしょうか。今度気をつけて見てみます。
この古い時計たち、いいでしょう?どちらもちゃんと動くのですよ。小さいほうはコンセントを差して使うのです。

>emmynyaaさん
12年!それはもっとすごいことになっているかもしれませんね。ただ思い出の品とかアルバムなどは、いくら時間が経っても大事なものですよね。
家が広ければ、なんでも残しておきたかったのですが、限られたスペースでは不要なものを置いておくわけにもいかず・・・。
犬も猫も飼い主がいれば、引っ越しは問題ないと思います。縄張りのある外猫の場合は、ちょっとやっかいかもしれませんが、それでも家族が一緒ならきっと新しい家だとわかるでしょうね。
Posted by tomo at 2009.09.16 09:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する