FC2ブログ
2007.01.31

Dog Digs & Cat Cribs

インテリアデザインに関わる学生やデザイナーの団体である、American Society of Interior Designers (ASID) のサンディエゴ支部の地域貢献プログラムによって、ボランティア先の San Diego Humane Society and SPCA  のアダプションエリアの犬猫たちの部屋(犬用25部屋、猫用14部屋)が大幅にリモデルされた。先週1週間、施設はクローズとなり、この作業が行われた。Dog Digs & Cat Cribs と名付けられ、週末に行われたグランドオープニングのイベントは大成功に終わったらしい。


↓立派な猫の部屋(ガラス越しに撮影)
猫の部屋1猫の部屋2




以下は犬の部屋。


ミーシャの部屋大きな甘えん坊、ミーシャの部屋は壁に森の絵の大きなパネルが飾ってある。背の高い大きめのベッドもゆったり感があって良い。




ママエンマの部屋ママエンマの部屋はアラビアーンな雰囲気。クッションや敷物、水のお皿まで、見事なコーディネートであった。




ビビッドな部屋この部屋はビビッドな黄緑でカラーコーディネートされており、小物もおしゃれ。掃除しやすいプラスチック製の白いソファに乗っているのはぬいぐるみ。中央にはおしっこ用の(?)人工芝スペースも。




その他、賞を取った部屋の写真はこちら


概して猫の部屋のほうが豪華で、人間が暮らす空間により近いような気がする。犬に比べると何かと制限が少ないからか。今までの家具はほとんどIKEA製でかなりくたびれてきていたから、このリモデルにより、うーんと快適に豪華になった。猫の部屋の左の写真のラグ、うちに欲しい!


訪れた人が楽しめ、かつ犬が快適な部屋というのが一番大事なコンセプト。この施設の犬猫の部屋は、実際に犬や猫が家庭で暮らす環境にできるだけ近い雰囲気になっている。そうすることにより、それぞれの犬の性格や習性、問題行動などがわかりやすく、その後のアダプションのマッチングやしつけに役立つからだ。


このリモデルによって、掃除道具などが入っていた棚がなくなっている部屋があったり、多少実用面で???と思うこともあったが、訪れる人たちの目をひいていたのは確かだし、私も楽しかった。小物や家具はデザイナーの寄付によるものだが、こうやって自分がデザインした部屋が公開され(それぞれデザイナーの名前が書いてある)、かつ世の中の役に立つというのは、彼らにとっても有意義なことであろう。アメリカらしい、「うまくまわっている」感のあるイベントであった。


この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/76-ab80a1e7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こういう企画(催し物?)っていいですね。
実益を兼ねた…というか。

日本だとコンペとかイマイチ固いというか、形にこだわり過ぎというか…なんでも海外のものを真似したがるけど、どうせならこういったシステムこそ真似したらいいのに!と思います。

しかし、かわいいなぁ。この部屋たち。
あたしは最後の黄緑のお部屋が好きです(笑)
Posted by がら at 2007.02.01 14:54 | 編集
楽しいイベントですね。サンフランシスコのSPCAの猫クンたちの部屋も、そこそこ綺麗ですが、さすがにここまでは凝っていないかも。

特に、猫部屋の人間用のソファが置いてあるところが気に入りました。猫ってソファが好きですもんね。
Posted by matthew at 2007.02.01 15:29 | 編集
>がらさん
そうそう、趣味と実益を兼ねたというか、一種のコンペだけど社会に貢献していて、一般に開かれた感じの催しです。
最後の黄緑色の部屋、毒々しいほどの蛍光黄緑で、ここに写っていない小物も、見事に黄緑なのですよ。ドア裏に設置された、カエルの形の小物入れなんて、本当にカワイイのです。
人間がこんなケバケバしい部屋に長時間いるのはつらいような気もしますが、犬はほとんど色の区別はつかないらしいので大丈夫なのです。

>matthewさん
壁いっぱいに絵が描いてある部屋が多くて、matthewさんが今お手伝いしている、ミューラルプロジェクトを思い出しましたよ♪
写真の2部屋、とっても広いうえに2人掛けのソファがでーんと置いてあるのですが、その中に猫は1匹しかいませんでした。都会の小さな部屋に住む人間が見たらうらやましくなるような光景です。
Posted by tomo at 2007.02.02 09:48 | 編集
tomoさん、お久しぶりです。
たまちゃんのこと知らなくってごめんなさい。
気にはなっていたのですが、今日久しぶりに遊びに来て驚きました。
今まで愛情一杯に接してきたtomoさんにたくさんのありがとうの気持ちを残して
天国に旅立ったんでしょうね。
ちょうど一年前にメグさんを亡くした時の事を思い出しました。
普段どおりの生活に戻っていると言っても、
やっぱりいつもいる子がいないのは、淋しいものです。
でもいつもたまチャンはtomoさんを見守ってくれているから、元気だしてね☆
Posted by Tomoy at 2007.02.04 17:01 | 編集
>TOMOYOさん
こんにちはー。ずっと更新がなかったら心配していたのですよ。気管支炎で肋骨にヒビがはいるなんて、本当に大変だったのですね~。どうぞゆっくり休んで、元気になったらまたバリバリ仕事も頑張ってくださいね。
たまこのこと、ありがとう。メグちゃんが亡くなってもう1年経つのですね。ついこの間のことのように思えます。
ペットと暮らすことには、死別がつきものですが、一緒にいられる時間は何物にも替えがたい宝物ですね。クレタちゃんと楽しい思い出をたくさん作ってくださいねー♪
Posted by tomo at 2007.02.05 13:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する