2010.04.26

バイト辞めました。

採用されて大喜びで始めたカフェバイトでしたが、研修さえ終えることなく先日辞めました。家でも一生懸命勉強し、精一杯努力したのですが、残念ながら能力不足でした。

レジ周りや接客などは、とても楽しかったし、確実に成長しつつある自分を感じることができたけど、問題はドリンク作り。レシピはちゃんと覚えていたので、1つオーダーが入ってそれを作って提供するというのはちゃんとできるようになったのだけど、忙しい時は2~3つのドリンクを同時進行で作りながら、レジから飛んできたオーダーを4~5つ覚えておかないといけないのです。基本的にドリンクの略語をカップに記入するのだけど、オーダーが入ったと同時に記入するのではなくて、先にドリンクを作り始めてミルクをスチームする数秒の間とかエスプレッソを抽出する数秒の間に記入するのです。私は目の前で作っているドリンクのことで頭がいっぱいで、飛んできたオーダーを覚えておくのは2つくらいが限界。それも普通のオーダーならまだしもカスタムオーダーが多くて、頭が真っ白になってしまう。クアトロベンティライトシロップバニララテ(1ショット追加、少なめにバニラシロップを追加するベンティサイズのラテ)とか、トールノンシロップ全ソイ抹茶ラテ(シロップ抜き、全部豆乳で作るトールサイズの抹茶ティーラテ)とか、アイストールライトアイスエキストラミルクモカ(氷少なめミルク多めのトールサイズのアイスのカフェモカ)とか、お客様の注文をレジでオーダー用語に変換してドリンク担当の人に伝えるだけでも大変なのに、こんなの1度聞いただけで覚えられませーん。

アメリカのスタバでは日中はけっこう年配の人が働いているお店が多いのだけど、カーディフのスタバに60歳近いおじさんが働いていて、その人が働いている時はいつも大行列ができていたのを思い出した。私はそのおじさんを温かい目で応援していたけれど、一緒に働いている人はけっこう大変だったに違いない。

最近本当に物覚えが悪くなって、今後多少慣れてきたとしても無理だと思いましたよ。働いている全員がこんなことをミスなく完璧にできているわけではないのだろうと思うけど、とにかく私はこのレベルの仕事を要求されて毎日厳しいフィードバックを受けていました。みんないい人ばかりなのだけど、仕事にはとっても厳しいのです。

お店で働いている時は笑顔で元気に頑張っていられるのに、毎日家に帰ると涙が止まらなくなって夜も眠れなくなる状態が続いて、ついにあきらめました。たくさん時間とお金をかけて教育してもらっていたのに、本当に申し訳ないです。それでも私が働いている間、お客様に決定的なご迷惑をお掛けしたり、お店に損失を与えるようなことがなかったのが救い。

明らかに以前より物覚えが悪くなってしまったなーとか、久しぶりに社会に出てすっかり打たれ弱くなってしまったなー、若い時の私なら悔しさをバネにもっと頑張れていたのに粘り強さがなくなっちゃったなーとか、自己嫌悪の嵐です。

ずっとやりたかったカフェバイト、せっかく採用してもらったのにすぐ辞めちゃって後悔するだろうと思っていたけど、2週間経った今はすっきり。辞めた直後は、こんな私が働けるところなんてもうどこにもないんだ、と落ち込んでいたけれど、少し前向きな気持ちになってきた。中年の星にはなれなかったけどね。

私がお店で働いている間にちょうど、会社が非常に力を入れている新製品の発売があり、お客様にテイスティングしてもらって新製品をお勧めするというプロモーションを担当させてもらう機会があったのだけど、その時はけっこう売上に貢献できたし、本当に楽しかった。仕事を始めて以来ずっと自信が崩壊していく日々だったけど、この時にはちょっぴり自信を取り戻せた。要領よくドリンクを作るのは下手だったけど、こういうのは得意なんだなと、自分の得手不得手を再確認。今後のバイト選びに生かしたい。

とりあえずデパートのギフトセンターでのお中元の承りのアルバイトを申し込んでみましたよ。1ヶ月間の短期バイトなので、もし採用してもらえたら、今度はつらくても最後までやり遂げようと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/845-9bc9bd37
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
うん、色々ありますよね。

逆に、その厳しさがカフェの店員さんがかっこよく、きちんとしている理由なのでしょうね。
tomoさんのお話を聞いて、彼らに今よりも敬意と感謝を示そうと思いました(笑)
働くって大変なんですよね。だらーっと会社員しているけど、本来はそういうものなのですよね(反省)

お中元のアルバイトではどんな出会いが待っているのでしょうね?(笑)
採用されますように!
Posted by がら at 2010.04.26 17:34 | 編集
そのカフェは、朝早くからお客さん多いんですねー。
都市部に行くほど、常連さんがいて、それぞれ好みの飲み方がたくさんあるんだろうなー。
わたしなんて、たまにしか行かないから、「あ…う…本日のコーヒーで‥‥‥」とかって、なっちゃうんですよねー。ある意味、良いお客さんですかね(笑)

どんな仕事でも、自分を追い込んでまでするのはどうかと思うんですね。
何事にも、限界ってあると思うので。
でも、誰にも迷惑かけずにやれたって事は、すごい事だと思いますよ。

やらないとわからない事もたくさんありますものね。
他に頑張れる場所があるってことですよ。
そうやって、今の自分に向くもの向かないものを振り分けていくんですね。

お中元の売り子ナンバーワンを目指して頑張ってくださいね。
Posted by うさを at 2010.04.26 23:39 | 編集
そうだったのですか。
カフェの仕事って、そんなに高度な事を求められるものなのですね。
カスタムオーダーのドリンク名、私には宇宙語のように感じられます;
今、たまに行くカフェを思い出していました。tomoさんが断念した仕事内容を、そこの店員さんが完璧にこなしているとは思い難いけど、なんだか尊敬の念がでてきましたよ。

でも、自分の得意不得意を再確認できてよかったですね。それって大事なコトですよね。
今度は、お家でも元気でいられて、tomoさんの得意な部分を活かせるお仕事に就けるよう願ってます♪
(そうそう、私も仕事辞めます。tomoさんの面接や新しい仕事に臨む姿勢はスバラシイと思いました。私も見習って、がんばらないとなぁ~)
Posted by Aolani at 2010.04.27 00:47 | 編集
お疲れ様でした。
お話を聞くと、日本のスタバはマニュアルを厳しくしすぎているような気がします。(アメリカのマニュアルを知っているわけではないけれど)
アメリカの店員さんがそんな高度な能力を発揮しているとは思えないなぁ。
こっちでは、カップに書くのは、レジの人が作る人に伝えるための物だと思っていましたが、日本のお店だと作る人が書くんですか?内容の確認のため?
なんだか変ですね。
氷少なめ=ライトアイスっていうのも、英語としても変ですし。
暗号変換が合わなかっただけなのですから、落ち込まないでくださいね。

せっかく働くなら、楽しく過ごせるところが良いですよね。
tomoさんの良さを生かせる、お仕事が決まりますように。
Posted by daysofWLA at 2010.04.27 13:08 | 編集
>がらさん
働いている人たちはみな真面目で、向上心がありました。飲食店バイトは誰にでもできるようなイメージがありますが、常に勉強し続けないと勤まらないなーと思いました。一緒に入った東大生の男の子は、あっという間に仕事を覚え、一人前になりましたよ。
だらーっと会社員をしているなんて、そんなこと全然ないと思います!毎日電車に揺られて会社に通うだけでも大変だし、好きな仕事でも多少の人間関係の難しさはあるものだし・・・。どんな仕事をしている人も、大尊敬します。毎日働いてくれているトムのことも大事にしなければとしみじみ思いました(笑)。

>うさをさん
急行の止まる駅前のお店ということもあって、朝からお客さんが多かったです。毎日来店される方もたくさんいらっしゃるのですよ。
うさをさんのように「本日のコーヒー」を頼むお客さんや「ショートのラテ」というお客さんは、私にとっては有り難かったです(笑)。
今まで色々な仕事をしてきましたが、ここまでの挫折感を味わったのは初めてです。能力が衰えてしまったのか、よほど自分に合わなかったのか。でも仕事はすごく楽しかったのですよね。今の自分に向く仕事、向かない仕事というのはあるかもしれませんね。年とともに能力も好みも性格も多少は変わってくるし。
うさをさんはご自身の得意な分野、好きな分野がはっきりしていらっしゃるから、とてもうらやましいです。
私もあらたな気持ちで頑張りますね!

>Aolaniさん
カフェもいろいろだとは思いますが、見かけよりは大変だと思います(笑)。カスタムオーダーのドリンク、すごいでしょ?私もせっかくだからこれからはいろいろカスタムしようと思いましたよ(笑)。
接客が好きなのは変わらないけど、何かを作らないといけない仕事はやめておきます!そういえばファミレスのバイトもデザートを作るのは憂鬱だったなぁ。
Aolaniさんも、ついに決心したのですね。長い間、お疲れさまでした。すぐ仕事を探すの?少しのんびりするのかな?お互い、自分に合った仕事が見つかるといいですね。今度語りましょう。

>daysofWLAさん
アメリカでは、レジの人がカップに注文の略語を書いて、たぶんシロップまで入れてから、ドリンク担当に渡していると思います。そのほうが間違いがなくていいと常々思っていました(笑)。日本ではレジの人が大きな声でオーダーを言って、ドリンク担当の人がそれを復唱してカップに書くのです。内容の確認のためだと思われますが、店内にオーダー内容が響き渡るのでお客さんは少し恥ずかしいかも(笑)。
ライトアイスに限らず、少なめにするものはすべてライト××、多めにするものはエキストラ××、というのです。
その他にも、For Here とか To Go とか、全般的に英語を多用する傾向にありますが、ちょっと変なものもあるかもしれません。
レシピを知ることもできたし、色々勉強になりました。
Posted by tomo at 2010.04.27 13:47 | 編集
お疲れさまでした。

私はたいていtall Latteなので非常にいいお客さんですが、知り合いのアメリカ人は6つ単語を言わないと注文が終わらないそうです。ご主人でさえ、彼女の代わりには注文したくないんだとか。

なんにしてもストレスをためながら働くのは大変です。
お中元のバイト、楽しくできるといいですね。
Posted by emmynyaa at 2010.04.27 22:50 | 編集
え~そんなに大変なお仕事だったんですね~
私にはとても無理です・・・
人当たりが良いtomoさんは接客はぴか一だったと思いますよ~。
何事もやってみなくては分からないですし、確かにどの仕事も楽しい事ばかりでは無いですが、ストレスを溜めてまで頑張り続ける必要は無いのではないでしょうか。
もう少ししたらお引越しがある事ですし、新居が落ち着かれてから、また就活されれば良いですよ:)
Posted by YK at 2010.04.29 13:38 | 編集
Tomoさん
お疲れ様でした!ストレスは人をダメにしますので、正しい判断だったと思います!すご~く昔に私は我慢して働いた会社があったのですが、若かった私は自分では大丈夫だと思ってたのですが、顔がニキビだらけになって、これはダメだと思って辞めたことがあります!
そして、すっかり専業主婦の私は、現実の厳しさをしり、おののいてます!
Posted by Yumipe at 2010.05.02 09:48 | 編集
>emmynyaaさん
いつも「tall Latte」という人はとってもいいお客さんですよ♪
アメリカのスタバは、日本よりずっとカスタムオーダーが多いと思います。シロップの量も2ポンプとか細かく指定する人が多いのですよね。豆乳とかノンファットミルクも人気があるし。
ただアメリカでは、レジでオーダーを受けた人がそのままカップにオーダー内容を記入するのでその分楽かもしれません~。
私は普段は全然ストレスがたまらない性格なのですが、久しぶりにこんなふうに精神的にやられてしまいました。自分でも情けないですが、早く気持ちを切り替えることができて、むしろ良かったと思っています。

>YKさん
見た目よりずっと大変な仕事でした。働いている人はみな真面目で出来がいい人ばかりなのですよ。
ゴミ捨てもお掃除も食器洗いも楽しかったのに、ドリンク作りだけはどうもダメでした。不器用でお料理が苦手というのも、無関係ではないですね(苦笑)。
YKさんのおっしゃるように、引っ越しまでは短期のバイトをして、来年からまた腰を据えて自分に合う仕事を探そうと思っています。

>Yumipeさん
私はストレスとは無縁の性格なのですが、久しぶりにこんなふうに精神的なダメージを受けました(涙)。人間的にも弱くなっちゃったのかなーと思います。
Yumipeさんの顔がニキビだらけになったなんて信じられない!それこそ辞めて正解です(笑)!
Yumipeさんはトールの先生という立派なお仕事をずっとされているじゃないですか。ご自身で自覚されていないのかもしれませんが、お勤めするのとはまた別の大変さがたくさんあると思いますよ。たくさんの生徒さんに慕われて、かつ作家としても素晴らしい作品を生み出していて、本当にすごいと思います。
Posted by tomo at 2010.05.02 20:13 | 編集
Tomoさん、お疲れ様。私も派遣で働いていた時にストレスでひどいめまいを感じた時期がありました。限界だと思い辞めたのですが、辞めたら全くめまいは無くなりました。あんまりストレスを感じるタイプではないのに、ストレスが身体に与える影響力の大きさに私も驚きました。今やストレスフリーな毎日。うふ。主人にはストレスに負けずに頑張って欲しいです。(笑)
Posted by ゆーこ at 2010.05.04 08:12 | 編集
>ゆーこさん
ストレスでめまいを感じたりするのですねぇ。私は今まで仕事や職場がらみでつらい思いをしたことがあまりなかったし、結婚後はずっとストレスフリーなお気楽生活だったので、ストレスに対する耐性がないのかもしれないなーと思いました。
お互い、外で頑張って働いてくれているダンナさまに感謝しましょうね♪
Posted by tomo at 2010.05.07 15:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する