2010.05.04

新しいゴルフバッグ

11連休だというのに、旅行するわけでもなく、トム母が出場した民謡の大会を見に行ったり、友人宅へごはんを食べに行ったり、のんびりめに毎日過ごしております。

日本でゴルフをするようになって、自分のゴルフバッグのみすぼらしさが気になっていたので、新しいのを買いました。

新しいゴルフバッグミズノの軽量でコンパクトなタイプ。アメリカで売られているバッグは軽いものでも口径が10インチのものがほとんどだけど、日本のレディースバッグの多くは8.5インチでやや細身。

日本のバッグは背面にも大きな収納部があり、どうせカートに載せたら背面側の開け閉めはできないじゃん、と思っていたら、日本のゴルフ場の乗用カートではバッグを斜めに載せるようになっているのでなんとか開閉可能なのですねぇ。一方、アメリカの場合は、乗用カートでもプルカートでも背面収納は使えないので、もともとバッグの背面部分には収納部がなし。うまくできているいものだと感心しつつ、これから日本でゴルフを続ける身としては、日本式のバッグを買うことにしたわけです。アメリカのバッグだとレインフードとしてしか使われない薄くて上部カバーも、日本ではずっとつけっぱなしなので、しっかりしたカバーが付属しています。

トムは新しいのを買わなかったけど、日本に帰国する直前に、軽量かつ日本でも使いやすそうなバッグを買ったばかり。

新しいバッグにクラブを入れて、早速練習場へ。久しぶりにトムと動画を撮りっこ。テイクバックからトップにかけては、クラブが寝ることなくとても良くなっていた。日々の練習の成果!?しかしフォローが気になる。何かが違う。今頃気付いた私もどうかと思うけど、かなりアウトサイドにクラブが抜けているのだ。ドローを打つ場合にはインサイドアウトの軌道になるわけだけど、私はそんなの狙っているわけではない。スイングの基本どおり、インサイドインの軌道で振りたい。以前一時帰国の際にテーラーメイドのMAT-Tでスイングを見てもらった時に、フォローでは左肘をたたまないといけないと言われていたのは、こういうことなのかと今更思い出す。左肘をたためば、自動的にインサイドに振れるもんね。

フォローで左肘をたたんでクラブをインサイドに振り抜く、というのは当たり前に出来ている人には簡単なことだけど、ずーっとアウトサイドに抜いていた私にはとても難しい。新しい課題が見つかり、ますます練習にも気合が入ります!
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/848-b703094a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する