2010.10.06

「風が強く吹いている」

風が強く吹いているあづ。さんにお借りした「風が強く吹いている」を夢中になって読んだ。ちょうどアメリカにいた時期だったせいか私は知らなかったのだけど、映画化、舞台化、漫画化までされた人気小説なのだねー。

箱根駅伝をテーマにしたありがちなスポコン青春小説なのかと思いながら読み始めたけど、全然違った。10人のランナーたち、竹青荘の大家さん兼監督、商店街の人々など、登場人物にみんな個性があって、人間的で、とても魅力的。そのうえ、舞台である竹青荘がある場所というのは、うちの近所のようだ。街の雰囲気も想像がつくし、親近感が湧く。

同じ寮に住む10人(ほとんどが陸上素人)が箱根駅伝を目指すなんてたしかにファンタジーだけど、決して非現実的というわけではなく、本当にこんな人たちがいるんじゃないかと思えてくる。予選会のしくみとか、駅伝のコースなど、豆知識もついた。

キャプテンであるハイジの言葉は1つ1つ心に沁みた。相手の個性を大事にし、傷つけず、信頼し、成長させる。こんな上司や指導者のもとにいられたら、みんな能力が発揮できて幸せだろうな。

私は走るのが特に好きだというわけではなく、ただレースでいい結果を出したいから日々走っているのだけど、この本を読んでから、前より走るのが好きになった気がする。走っていて、「あれ、なんか気持ちいいぞ。」と思えたりもする。走るという運動は孤独だし、原始的だけど、細胞の一個一個までもが生きていると実感できる。

1冊読み終える間に何度も目頭を熱くして、読み終えた瞬間、また始めから読みたいと思った。毎年箱根駅伝を楽しみにしている人も、毎日走っている人も、そして走ることにあまり興味がない人も、ぜひ読んでみてください。爽やかな感動を味わえます。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/905-97d31eea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
うふふ。
はまっていただけて、嬉しいです。
私も、電車の中で読んでいるのに、本を開くたびに、目頭が熱くなって困りました。
若さって素晴らしい!って久しぶりに思いました。よ。
よかったら差し上げますので、そのままお持ち下さい。

Posted by あづ。 at 2010.10.09 19:57 | 編集
これ、映画観ました。http://gomanis.exblog.jp/10215303
多分、本のほうが何倍も中身が濃くて良いのだと思いますが。走る人、本当に素敵ですね。ずっとサボっていたのですが、先週からまた走り始めましたよ。やっぱり、超気持ちいい!です。
Posted by H at 2010.10.10 12:31 | 編集
まさに、こちら図書館で順番がまわってきたところです。
(半年は待ったかも・・・)
読むなら秋冬!と決めていたのでよいタイミングでしたw
三浦しをん、エッセーも抱腹絶倒でオススメです-♪

私がここ2週間ムチュウになっていたのが女子高生剣道もの。
『武士道シックスティーン』
・・・セブンティーン、エイティーンと続き三冊。
男女問わず熱くおすすめ致しますっ装丁もnice!
(こちらも映画化されましたが観ていません。)

追伸:
サッカー、テニス、F1とスポーツ観戦(TV・・)最高!な週末でしたね~
楽天オープンテニスは水曜日、有明に観戦に行きました。
フェス状態☆ですっごく楽しかったです^^
そして錦織くんはオーラ放ってました!
Posted by りえ at 2010.10.12 15:35 | 編集
>あづ。さん
いつも良い本を紹介してくださり、ありがとうございます。あづ。さんが貸してくださる本は、初めての作家のものでもまったくハズレがなく、いつもハマってしまいます。
「海辺のカフカ」に続き、またもプレゼントしてくださるということで、どうもありがとうございます~♪
自分でも買おうと思っていましたが、近所の本屋に置いていなかったので、まだ買っていないのです。ご好意に甘えて、有り難くいただきます。早速読み返し中です。

>Hさん
なんと、あの映画でしたか。Hさんの映画レビューは覚えていますがタイトルを覚えていなかったので同じ作品であることに気付きませんでした。
映画に出ている人で私が知っている人は、1人だけです(笑)。Hさんと同じレベルですね。
機会があったら小説のほうも、ぜひ読んでみてください。感動するだけでなく、面白いですよー。

>りえさん
人気の小説だったのですね。うちの区の図書館も人気の新刊だと100人待ちとかになってしまいます(笑)。
三浦しをんという作家さん、初めて耳にしたのですが、エッセーも面白いのですね。早速探してみます。
女子高生剣道ものの「武士道シックスティーン」とやら、なんだか少女漫画っぽいタイトルだなーと思ったら、本当に漫画なのですね(笑)。それも作画が男性なので驚きました。
りえさんはスポーツ観戦全般がお好きなのですね~。私はテニスは結果をテレビでちら見する程度、サッカーは日本代表戦のみ、F1はまったく興味なし、です。
以前はプロ野球が大好きでしたが、アメリカに行っている間に知らない選手が増えて、熱が少し冷めました(苦笑)。
Posted by tomo at 2010.10.14 18:30 | 編集
武士道~は小説ですー^^
最近よくある、小説がヒット→映画化(またはドラマ化)・マンガ化の図式ですね。
作者は誉田哲也、男性です(内容はなかなかに骨太!)。
活字中毒かつ乱読な私ですが、この本は今年のmy☆ベスト10に入りそうっw
(装丁、長崎訓子さんの挿絵がシンプルでセンスよく、赤!青!緑!!な三冊)
風が強く~はこの週末やっとゆっくり、本を開けそうです。
読み出したら一気にラストまで駆け抜けたい!

ご贔屓&知ってる選手がいなくなると熱が自然と引いていきますよね。
やっぱりどのスポーツも、ハッ!と惹かれる選手がいないと☆
あ・私の友人も、初めてホノルルにチャレンジです!
Posted by りえ at 2010.10.15 13:10 | 編集
>りえさん
なんと、もともと小説だったのですね~。最近は、小説からドラマ化、マンガ化したり、逆にマンガがドラマ化したりが、本当に多いのですね。
装丁が素敵な本って、なんだか嬉しいですよね。特に自分で買って保存版にしておく本が好みの装丁だと、とっても嬉しいです。
「風が強く吹いている」、この週末に読めましたか~?ちょうど16日(土)が予選会だったので、とってもタイムリーでしたね♪
高校野球でも、たまたまかっこいい男の子を発見すると、俄然その高校を応援するようになってしまいます(笑)。やっぱり個人からチーム、そしてチームから競技というように、気持ちは広がっていくようです。
ご友人もホノルルに行かれるのですね!せっかくだから、りえさんも参加したらいいのにー!
Posted by tomo at 2010.10.17 19:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する