2010.10.31

「非常識マラソンメソッド」

あっという間に10月も終わり。10月の月間走行距離は271キロでした。

距離を走っているわりには、早く走れるようになっている実感がほとんどなく、スピード練習をもっと取り入れたいと思っていたところでこんな本に出会った。

非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (ソフトバンク新書)岩本さんが書かれた「非常識マラソンメソッド」。岩本さんはランニング界ではとても有名なお方。この方が主宰するランニングチームに入会して指導を受けた人は、みんなあっという間にサブ3.5ランナーになっちゃうのです。そんな方のランニング理論や練習法、とっても気になるー!!

タイトルに「非常識」とあるけれど、読んでみるとその理論は納得できるもので、別に非常識だとは感じない。さっそく自分の走り方や練習に取り入れてみたいと思うものばかり。

今私がせっせと取り組んでいるのが5キロ+5キロ+5キロの15キロビルドアップ走。最初の5キロを目標のレースペース、次の5キロを1分短縮ペース、最後の5キロをさらに1分半短縮ペースで走るもの。これがレース前に達成できれば、本番で目標タイムを達成できる確率が高いとのこと。たとえばサブ4が目標なら、28分→27分→25分半で走ればいいわけです。

今までただなんとなく、長く走ることだけを考えて走ってきたので、このような明確な目標があるのはとても楽しい。いつもゆっくり長い距離を走っていたので、ダイエットには効果的だったようで、すっかり体重は落ちてしまった(今の体重は40キロちょうど)。たまにはゼーゼーハーハーいうほど頑張って走らないと、走力は鍛えられないのだと実感。

もう1つの効果的な練習法は峠走。峠走とはいってもロードです。岩本さんのランニングチームは足柄峠まで行って、片道13キロの坂道を往復しているらしい。上りで推進力と心肺機能、下りでフォームと着地筋がバランスよく鍛えられるとのことで、とっても興味がある。でもうちの近くにはそんな長い坂道がない。うちの近くに限らず、都内にはなかなかないよね。仕方ないので、300メートルの坂道を何往復もしてみたりしたけど、全然物足りない。やっぱり車で足柄とか箱根方面に向かうしかないかな。

先月のカード利用明細をチェックしていたら、なんだか利用額がいつもより多い。中身を確認したところ、レースのエントリーフィーだけで6万円ほどかかっていた。同じ時期に一気にエントリーしたうえ、高額なホノルルマラソン(1人1万8千円)が含まれているからねー。ランニングがお金がかからないスポーツだというのは本当だと思うけど、レースにたくさん出る人はけっこうお金がかかるし、私のようにウェア&ギア好きな人にとっても、安いスポーツだと断言できません^_^;
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/914-e5af0374
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
東京はたいらですからね~。
富士山の裾野のあたりも、なだらかな坂がありそうですね。
高尾山方面はちょっと急でしょうか。

ラボで隣の席の学生さんが、先月「マラソン走ってくる」やと、東海岸の方(出身地の近く)のレースに行ってました。
初マラソンで見事完走。
彼の場合、飛行機代もかかっているし、かなり高級なスポーツですね。

5kmずつのトレーニングした場合、実際のレースでは、スタート直後のスピードをずっと保てるようになるものなのでしょうか。すごいですね。
Posted by daysofWLA at 2010.11.02 09:38 | 編集
一つ気になったこと。
「サブ3.5ランナー」って何かしら?
知人が、どうやったらタイムが上がるのか知りたい…と言っていたので、こんな本があるよーと教えてあげたいと思います(笑)

峠…家の方は山ですが(というか神奈川全体山が多い?)流石に片道13kmの坂道はそうそうありませんね。
でも自宅付近はトレーニングするにはちょうど良いかも^^
アップダウンが激しいので。
Posted by がら at 2010.11.02 17:11 | 編集
>daysofWLAさん
東京はやっはり平野部なのですねぇ。ちょっと足を延ばしたくらいじゃ全然ダメです。高尾山はトレイルもあるくらいだから、きっとロードでもいい坂道があるかもしれません。でも私、高尾山には一度も行ったことがなくて、まったく土地勘がないのです。富士山が近付く、箱根とか足柄なら、いくらでもありそうですよね。先日行ったゴルフ場にもいい感じの坂道をぐいぐい上がってやっと辿り着きました。
アメリカは広いから、どこかのレースに出ようと思うと、車で長い時間ドライブするか、飛行機に乗るしかないので、なかなか大変ですね~。アメリカのレース、懐かしいです。3回出た、サンディエゴロックンロールマラソンにまた出たいです。
ビルドアップはどんどんスピードを上げていくし、最後の5キロはレースペースよりうんと速くなるので、距離は15キロしかなくても、フルマラソンで粘りの走りをできるようになるみたいです。

>がらさん
おぉ、注釈をつけるべきでした(笑)。私も自分が走るようになって知ったのです。サブ○という言葉。
サブ3.5というのは、フルマラソンを3時間半以内で走るという意味なのですよ。サブ4だったら、4時間以内。
この本、とってもお勧めです。夫も真剣に読んでいました。最近発売されたものなので、ぜひお友達のランナーさんにも教えてあげてください♪
がらさんのご自宅の辺りは、そこそこ坂道はありそうですよね。御用邸から逗葉新道方面もずっと坂道だし、ゴルフ場も山の上にあるし。海岸沿いの平らな道を走るのも素敵だし、坂道トレーニングもできそうだし、やっぱり良い所ですね~!
Posted by tomo at 2010.11.04 20:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する