2010.12.12

2010ホノルルマラソン ~スタートからハーフまで

スタートのゲートをくぐるまで3分くらいかかっただろうか。ふと見上げると、スターターの横にQちゃんがいて手を振っていた。

最初の5キロの目標ペースはスタート直後の渋滞を考慮して28~29分。とにかく人が多いので、自分のペースで走れず流れに付いて行くだけ。2キロほど走っただけで汗だくになり、最初の給水所がすでに待ち遠しかった。4キロ過ぎた辺りまでトムの近くを走っていたけれど、だいぶんランナーがバラけて走りやすくなったこともあり、トムとさよなら。トムと私は設定ペースが1キロ当たり10秒違うのだ。5キロ地点でのタイムはちょうど30分。予想以上の渋滞で早くも1分以上の遅れ。道幅の広いカラカウア通りに入り走りやすくなったので5分半/分にペースを上げる。この辺りはホテルがたくさんあるので、ランナーの家族と思われる人たちの応援がとても多い。旅行会社の応援もすごい。

カピラオニ公園に入った辺りが10キロ地点。タイムは57:45。少しずつ上り坂になっているはずだけど、調子が良くてまったく上りであることを感じない。快調に走っていたけれど、ダイヤモンドヘッドを登る坂は片側一斜線の狭い道路なのでまた渋滞ぎみ。そのうえ真っ暗で足元にも気をつけないといけない。まだ日の出前だし、街灯もないし、本当に暗くて走りづらかった。スピードを上げたくても、流れに合わせて走ることしかできず。ひと山上りきったところで、最初のエネルギージェルを投入。チューチュー飲みながら走るのは初めてだけど、これはうまくいった。逆に給水は本当に下手で、鼻に水が入ったり、口から胸元までこぼれたり、全然うまくいかなかった。

真っ暗な時はあまり時計を見ていなかったけど、少し明るくなって時計をマメに見るようになってから、コース上の距離表示と自分の時計の距離表示がけっこう違っていることに気付く。スタート直後の渋滞時に、自分が思っている以上に蛇行して走っていたのか。ゴール後に見たら、結局43キロ近く走っていました、私。

高速道路に入ると、広くて平らで走りやすい。途中で、折り返してきたトップのランナーとすれ違う。最初に先導車のライトを見た時は鳥肌が立った。ケニア人らしきトップのランナーは、それはもう素晴らしい走りっぷり。その後もポツリポツリとランナーたちとすれ違い始める。日本人女子で一番だったのは吉田香織さん。大きな声で「頑張ってー」と応援したら、素敵な笑顔で応えてくれた。その後もずっとすれ違うランナーたちに向かって、手を振り、手を叩き、声を出して応援を続けた。走りながらそんなことしてる人、周りにはいなかったけど、とっても楽しかったし、応援しながら元気になっていく自分を感じた。すっごいイケメンくんが笑顔で手を振り返してくれて、さらにテンションあげあげに。トップの50人くらいにはひとりひとりに声を掛けたけど、その後団子状態で来るようになったので応援は終了。気付くと、ペースが上がっていた。そういえば一時はごぼう抜きだったかもしれない。レースを通じて、1キロ単位の最速ラップはここで刻んでいる(5:09)。明らかにはしゃぎすぎだ。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/937-16c87e1e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する