2011.04.20

橋いろいろ

今日は隅田川テラスを走ってみた。両国橋と勝どき橋を結ぶ隅田川の両岸を走ると10キロくらいの距離になるらしい。

清澄橋からスタート。隅田川テラスというのは、隅田川沿いに整備された石畳のテラス。ただし、名前の響きほどはおしゃれな感じではない。

途中、川が合流したり、分かれたり、水門があったりする部分は、テラスがつながっていないので、階段を登って普通の道に出てまた階段を下りてテラスに戻らないといけない。そういう場所がけっこうある。タイムトライアルには向いていないけど、階段で足腰を鍛えられると思えば、それはそれでよし。

折り返しの勝どき橋まではノンストップで走ったけど、帰りは橋の写真を撮りながらのんびりラン。お天気が良くとても気持ちよかった。

勝どき橋勝どき橋。日本で現存する数少ない可動橋。中央部が上方に動く構造。


佃大橋佃大橋。東京マラソンのコースであり、後半に位置するため、ランナーの最大の難所と言われている。


中央大橋中央大橋。この橋のすぐ脇にある大川端リバーシティー(タワーマンション群)は、有名人が多く住んでいることで有名。マンションの敷地と隅田川の間が公園になっていて、ここを走るのはとても気持ちいい。桜の木もいっぱい。その後相生橋(写真はなし)を渡った江東区側の越中島公園も緑が多い。


永代橋永代橋。ドイツのライン川に架かっていたルーデンドルフ鉄道橋をモデルにし、現存最古のタイドアーチ橋かつ日本で最初に径間長100mを超えた橋でもある。


隅田川大橋隅田川大橋。上を首都高速9号深川線が通っている。特にかわいげはない。


清洲橋清洲橋。私はこの橋が一番好き。当時世界最美の橋と呼ばれたドイツのケルン市にあった大吊り橋をモデルにしている。勝どき橋・永代橋と共に国の重要文化財(建造物)に指定されている。


萬年橋萬年橋。これは隅田川にかかる橋ではなくて、小名木川にかかる橋。水門で隅田川につながっている。映画「容疑者Xの献身」で主演の堤真一がこの橋の左奥に見えるアパートに住んで、この橋を渡って通勤しているという設定だった。


新大橋新大橋。関東大震災の際に隅田川の橋がことごとく焼け落ちる中で唯一被災せず、避難の道として多数の人命を救ったため、「人助け橋(お助け橋)」と称される。ドラマ「ロングバケーション」にも登場。


蔵前橋両国橋。ただいま工事中。


橋に関するミニ知識はウィキペディアを参照しました。

平日午前中の隅田川テラスは、犬の散歩中の人が少し歩いているくらいで、ほとんど人がいない。突然川に突き落とされても、誰にも気付いてもらえないだろうなーと思って、川沿いのフェンスからちょっと離れて走ってみた。

このコースから、さらに豊洲やお台場方面に渡ったり、もっと北の南千住辺りまで足を延ばせば、ロングランにも対応できるところがよい。週末には久しぶりにトムと一緒に走ってみましょ。
この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/979-ed49a405
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
萬年橋。この橋、何度か渡ったことがあります。
でも大抵ふらふらと散歩しているときに偶然通りかかるので、この橋に行きたくても場所がイマイチ把握出来ていない橋のひとつです(笑)←他にもそいういう橋がいくつかある。
Posted by がら at 2011.04.24 22:26 | 編集
>がらさん
この中では、萬年橋が一番マイナーで、近所の人でなかれば通る機会がないように思うのですが、がらさんが何度か通ったことがあるなんて不思議ですね~。がらさんは行動範囲が広くて、色々な場所に行ったことがあるからすごいです!
私は川や橋が好きなので、走っているだけでたくさんの橋を見ることができてラッキーです♪川沿いは基本的に景色に変化がないことが多いので、良い目印にもなります。
Posted by tomo at 2011.04.25 11:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する