2011.06.19

早すぎる別れ

少し前にこのブログにも書いた、近所のコロちゃんが天国に逝ってしまった。

先週半ば、散歩途中で会った時には、ぺタッと力なく道路でフセをしていて、声を掛けても撫でてもまったく反応がなかった。気持ち良く熟睡しているという感じではなく、目は薄ーく開いている。あんこが体をクンクン匂っても反応しない。

その日の夜、帰宅したトムに、「コロちゃん、あと数日かもしれない」と話した。

翌日会った時も、前日と同じく動かなかったけど、声を掛けたら少しだけ顔を上げてくれた。

その翌日から、いつもコロちゃんが通れるように隙間が開いていた玄関戸が、きっちり閉められるようになった。

そして今日、大きく開け放たれた玄関から見える下駄箱の上に、コロちゃんが子犬だった頃の写真と、コロちゃんがいつもしていた首輪が置いてあった。あぁ、やはりあの日会ったコロちゃんが最後になってしまったんだ。

近くの花屋さんで小さな白い花束を作ってもらって、コロちゃん宛てに「今までありがとう」と書いたカードを添えて、玄関先に供えてきた。

来週19歳の誕生日を迎えるところだったそう。本当に長生きしたね。きっと最期もあのまま眠るように逝ってしまったんだろうね。

こんなに早くお別れがくるとは思っていなかった。もっと早く出会いたかったね。短い時間だったけど、心暖まる幸せな時間をどうもありがとう。

さよなら、コロちゃん

この記事へのトラックバックURL
http://crazytomo69.blog39.fc2.com/tb.php/998-914b7c75
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あんこちゃんとコロちゃんの穏やかな幸せ顔がとってもかわいくて、すごくー印象に残っていたのでコロちゃんに会ったことのない私も悲しくなります。コロちゃん、飼い主さんにとっても大切にされて19年幸せだったでしょうね、ってこれまた飼い主さんのことも全く知らないけれどコロちゃん表情にそう書いてありますね。
Posted by YummieD at 2011.06.21 13:59 | 編集
穏やかな死だったのね。
よかった。
18歳って短くないよね。
ご家族の方も寂しい思いしてるんでしょうね。

いつかこんな時が来るんだなと思うと
思うだけで悲しくなります。
でも死があるから生が輝くんだろうな。

それまでの時間、大事に大事にしていきたいです。
Posted by nee at 2011.06.21 14:38 | 編集
>YummieDさん
老犬カップルの穏やかな姿を見ているのが、私にとっても安らぎのひとときでした。
飼い主に大事にされていないと、19年も生きられないですよね。初めて会った時には、もうかなりヨレヨレのおじいちゃんだったけれど、本当におとなしくて優しい犬でした。せっかくあんこといい感じだったのに、こんなに早くお別れがきてしまって残念です。

>neeさん
最期を看取ったわけではないけれど、きっと眠るように亡くなったのだと思います。19年近く一緒に過ごした犬がいなくなったら、本当に寂しいですよね。コロちゃんが18歳まで生きたのだから、あんこもあと5年は・・・!と野望を抱き始めました。
最期を迎える時に、十分可愛がったから悔いはないと思えるよう、毎日を大切に過ごしたいですね。
Posted by tomo at 2011.06.21 21:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する