2008.09.22

ゴールが見えた!

前回の調整日に、「Two more visits」で矯正器具が取れると言われ、めっきり心が軽くなった私。今日は上のワイヤーを付け替えただけなのだけど、次回に矯正器具を取ってもらう確約を取り付けたぞ。その「次回」とは、いつもの6週間後ではなくて、3週間後の10月半ば。その後一気に、クリーニング、ホワイトニング、リテイナーの作成をし、さらに6週間後に上の左右2番の歯を大きくするためにフィリングをするらしい。遅くとも今年中にはここまでの行程は終わるかな。

フィリングの後、リテイナーを作るのだと思い込んでいたのだが、順番が逆ということは、私のリテーナーはインビザラインのような透明かぶせ型ではなく、針金ひっかけタイプなのかもしれない。ワイヤーやブラケットなどの矯正器具は3週間後に取れるといっても、その後2ヶ月間は1日中リテーナーを装着していないといけないといわれたので、まだまだ口内針金生活は続くのだ。取り外し可能なのと、見える部分は針金1本だけで今より目立たないので、まぁ良しとしましょう。

見た目の変化はあまりないので、今日は写真はなし。次回、矯正器具を取った写真を載せるのが楽しみ~♪
2008.08.20

調整日と新しい財布

変わり映えのない6週間に1度の調整日だが、今日はとっても嬉しいことがあった。矯正歯科の医師が、「Two more visits で矯正器具が取れるよ、Probably」と言ったのだ。「Probably」って、かなり確信度が高い「たぶん」だよね。ってことは、11月の初旬、節目の誕生日の前に、ついに長いブレイス生活が終わるのだー!!今まで、いつ終わるのか何回か聞いたことがあるが、いつもはっきり答えてくれなかった。今日は私から聞いたわけではないのに、自らそう言ったのだ。うーむ、感慨深い。まだ3ヶ月近くあるけれど、今までまったく目途が立っていなかったことを考えると、ものすごい進歩だ。ある意味、もう終わったようなものだ。みなさま、楽しみにしていてください、3ヵ月後の私。

歯医者を終えたその足で、新しい財布を買いに行った。2年近く使い、すっかりくたびれた私の財布。ちょうど今日だけBlooming Dale'sで、何を買っても15%オフという招待券が来たので、それを使って、お目当てのケイトスペードの財布を買うつもりだったのだ。しかし、以前ガラスケースの上から見た時には気付かなかったことが今日わかった。表はクラシックノエルのジャガード織の生地、裏は黒のパテントだと思っていたのだが、裏はただの黒い表革だった。パテントだと可愛いけど、表革だとなんだか地味。それも傷付きやすそうな革だったので、却下。それにしてもBlooming Dale'sは、いつ行ってもおしゃれな雰囲気が刺激的。同じデパートでも Neiman MarcusやNordstromより若々しくファッショナブルな感じがする。

Blooming Dale'sの割引券の他に、私のバッグの中には、今週1週間すべての商品が25%オフという、コーチの割引券があった。そんなにリピーターというわけではないのに、コーチからは年に4回くらい、この25%オフ券がやってくる。直営店の商品が25%で買えるなんて、かなりお得感がある。「お財布、お財布~」と店内をのぞいたら、あーら、私好みのものがあるではないの。

新しい財布黒のパッチワーク。私はコーチのパッチワークシリーズにとっても弱いのよ。色は全部黒だけど、パテント、パイソン、メタリック、ぺブルなど、ありとあらゆる素材がてんこもりのパッチワーク。真ん中のゴールドの馬車のイラストとロゴが気になるけど、使っているうちに擦れて消えることを期待。それにしても、最近は長財布が主流なのですねぇ。私はとにかく小さい財布が好きなので、今まではコーチで一番小さい三つ折りのものを使ってきたのだけど、それも今はなくなってしまった。ずっと色や素材を変えて定番化していたものだったのに。私が買ったような二つ折りのフレンチパースも種類が少ない。私は普段持ち歩くバッグが小さいから財布も小さいのが好きというのもあるのだけど、もともとお財布にそんなに入れるものはない。レシートは帰宅後すぐ財布から出すし、カードも必要なものしか持ち歩かない。大きなお財布を持っている人の中身が非常に気になります。

私は今までほとんどずっと赤い財布ばかり使ってきたので、黒い財布はカバンの中で違和感あり。赤い財布は「赤字になる」とか言われ続けながらも、ずっと自分の好きな赤い財布を使っていた。新しい財布に変えるのも立春の頃がいいのだっけ?風水などまったく気にしない私でーす。

続きを読む。
2008.07.14

調整日

今月もやってきた歯の調整日。しかしそれに関しては写真だけ載せてスルーさせていただきます。だって、あまりに変化ないんだもの~。私のブレイス、今年中には取れるのでしょうかね(もうどうでもよくなってきている)。

さて、今日から5日間、メキシコから遊びに来たゆーこさんがうちに滞在します。一緒にゴルフしたり、ごはん食べに行ったり、楽しみ~。あんこはゆーこさんのことをよーく覚えていて、めずらしく大はしゃぎで大歓迎。犬って、自分のことを可愛がってくれる人のことは絶対忘れないよね。

お土産にいただいたものの1つは、リンツのチョコ。70%カカオのダークチョコの中にジャム状になったチリペッパーが入ってる!キワモノな感じの味を想像したけど、意外と上品な味。チョコそのものがおいしいからか、ピリッと舌先に感じる辛さがむしろアクセントになっている。辛いのが苦手な私でも平気。メキシコでしか売っていないものかと思って調べたら、アメリカでは扱っていないみたいだけど、リンツの日本のHPに、似たようなのがあった(まったく同じではない)。チョコマニアのみなさま、ぜひお試しください~。

続きを読む。
2008.06.04

調整日

今日は歯の調整日。一応、記録のために写真は載せますが、何のための6週間だったのかと思うほど、まったく変化なし。今日はトムにも来てもらって、歯医者にプレッシャーをかけたつもりなのだけど、効果のほどは、いかに?6週間後にそれはわかるでしょう。

話は変わって、私の睡眠について。

少し前に村上春樹の短編で、全然眠くならなくて2週間ほどまったく寝ていないのに、体は元気いっぱいという女性が主人公の物語を読んだ。もちろんそれはフィクションなのだが、私は普段から、眠れないということがない。

そして長時間寝れば寝るほど、朝目が覚めた時に疲労感がある。思わず「あぁ、疲れた」と言ってしまうほどだ。眠れるのは若い証拠だ、眠るのは実はかなりのエネルギーを使うものだ、と聞いたことがあるが、私の場合は少し極端なように思う。

私はいつもたくさん夢を見る。夢のなかでも激しく活動しているので、とても疲れる。汗もかく。ほぼ毎晩、夜中に暑くてたまらず目を覚ます。顔だけでなく、体中が火照っている。トムに言わせると、私は眠っている時にものすごい熱を発していて、30センチ以内には近付けないほど周りの空気も熱くなるらしい。私はもともと基礎代謝が高いのだけれど、眠っている時にはさらに激しく代謝していて、そのせいで私は太りにくいのではないかとトムは言う。

こんな人、他にもいるのでしょうか。以前からこんなふうだったのか、記憶が定かではありません。


続きを読む。
2008.04.28

調整日

昨日コンペでは、一昨日の金曜日に起きた「Shark Attack」が参加者の間に話題にのぼった。Solana Beach(Tide Beach)で、66歳の男性がサメに襲われて死亡したのだ。この男性はトライアスリートで、仲間たちと水泳のトレーニング中だった。サンディエゴでサメによる死亡事故は14年ぶり。Tide Beachは、住宅地の中にある穴場的なビーチで私のお気に入り。うちから走って20分ちょっとで行ける。一昨日と昨日はこの界隈の海(といっても、カールスバッドからラホヤまでの広い範囲)に入るのは禁止され、警察がパトロールをしていた。ヘリコプターもたくさん飛んで、サメがまだ近くにいるかどうかをチェック。それでも水に入っているサーファーがゼロではなかったことに驚いた。チャレンジャーだなー。このニュースで驚いたのが、うちから近くでの出来事だったことと、被害にあった男性が所属しているトライアスロンクラブが、火、水、木が自転車、月、金が水泳、土曜日はランニングのトレーニング日だということ。1週間毎日、何か運動しているわけです。

さて、本題の歯の調整について。まもなくブレイスが取れそうなのだが、今回は下の2番と3番の歯が前(まん中方向)に出てきたのを直してほしいと言った。調整日の間隔が6週間なので、こっちを直しているうちに、あっちがずれてきたということが多々ある。全部の歯がワイヤーで繋がっているわけだから当然だ。どこかで妥協するしかないのだろうか。今のところ、その2本の歯の並びが良くなったら、私はそれで終わりにしていいと思っている。歯をホワイトニングして、前歯の横の小さい歯を大きくして、リテイナーを作ってもらって、終了。来月あたり、ワイヤーが取れるといいなー。

続きを読む。
2008.03.17

歯医者の後のおいしいランチ

今日はレンタカー屋さんまでHさんとゆーこさんを送り、その後矯正歯科。朝は何かと慌しいが、昨日はゆーこさん、今日はHさんがあんこの散歩に行ってくれた。おかげであんこも楽しい毎日を送っているようだ。

歯医者では、そろそろワイヤーとブラケットを外す話が出るかと思っていたが、いつものようにただ調整しただけだった。4月の一時帰国までに矯正器具が外れることを夢見ていたが、これで望みがなくなった。こうなった時間がかかっても、完璧にきれいに治してもらうもんね。

歯医者の後は、トムの会社の奥様ランチ。先月新しくサンディエゴにやってきたお2人の歓迎会だ。場所はデルマーマリオットホテル内のArterra。トムは会社の人たちと行ったことがあるらしいが、私は初めて。レインボートラウトのソテーを頼んだのだが、これが非常においしかった。他の人が頼んだものもどれもおいしそう。日本人好みな感じ。デザートもアメリカでなかなか出会えない繊細さがある。なんでも、ここのシェフは日本で修行したことがあるらしいのだ。久々に、また行ってみたいと思えるレストランでした。

続きを読む。
2008.02.28

トムのインプラント

ずいぶん先延ばしにされていた(というか、仕事が忙しくてなかなか時間が作れなかった)、トムのインプラント治療が始まった。トムは2年ほど前にインビザラインで軽い歯列矯正をおこなった時に、大昔に虫歯で抜いた小臼歯の抜歯跡に(長年放置していたため、左右の歯も少し隙間が空いていた)、インプラント治療を見越して1本分の歯の隙間をきちんと作ってあったのだ。

うちは両親ともに異常に歯が丈夫なため、身近にインプラント治療をした人がいない。正直、インプラント治療とは何ぞや?という状態であった。インプラントって人工歯根のことなのですねぇ。ドリルで骨を削ってネジみたいなものを入れるなんて、想像しただけでコワイ、コワイ。

部分麻酔の手術なので、私が歯科医院まで送り迎え。1時間ほどかかると聞いていたけれど、実際40分くらいであっただろうか。トムは妙に元気いっぱいに、助手の人と笑い合いながら待合室に戻ってきた。その後の経過も順調で、痛み止めを飲んでいる限り痛みはないし、ほとんど腫れることももなかった。出血も最小限。噂には聞いていたが、ここの口腔外科のドクター、なかなかやるな。あとは約3ヵ月後に人工歯冠を被せることになる。

アメリカにも”ビフォアーアフター”系のメイクオーバー番組はあるが、先日久しぶりに日本の「ビューティーコロシアム」を観た。その中で、歯並びや噛み合わせが悪いと、たるみやシワに繋がるという話があり、歯列矯正をやって良かったと心から思った私。インプラントという手段にも賛否両論あると思われるが、歯が1本抜けた状態を放置しておくと、長い年月をかけて、他の歯並びまで悪くなってしまう。それにしても、インプラント治療って値段が高いのですねぇ。私が3年以上かけているワイヤーでの歯列矯正と同じくらい金額がかかりそう。

私の歯列矯正、トムのインビザライン&インプラント、そういえばレーシックもやった。私たち夫婦が健康のためにかけた先行投資代はかなりなものなので、元を取るべく、頑張って長生きせねばね。