2014.11.06

長野一泊旅行

3連休の2日目から3日目にかけて長野に行ってきた。25キロ走を昼過ぎに終えた後、急に思い立って出掛けたので、家を出たのは午後3時過ぎ。山梨を通過中に辺りは真っ暗になり、あまり景色は楽しめなかった。トムが適当に取ってくれた松本のビジネスホテルにチェックインし、「松本 蕎麦居酒屋」でググって1番上に出てきたお店にご飯を食べに行った。鮭ハラスとかまいたけの天婦羅などを散々食べた後、〆はもちろんお蕎麦。何もかも美味しかったけど、換気の悪いお座敷フロアで周りの人がみな煙草を吸っていてつらかった。美味しい食事も台無し。

翌日は安曇野の大王わさび農場へ。この施設がまた素晴らしいのよ。入場料は無料なのに大充実。わさびを使ったおやきとかフランクフルトなどが気軽に食べられるし、広大なわさび農場の一部を散策できる。所々にある手書きの説明看板もすごくいい。安曇野名物の道祖神もたくさんある。

隣りの川から水を引いて、わさび畑を作っていると思っていたけど、なんと湧き水。水路を淀みなく水が流れるように角度や傾斜が計算されているらしい。

fc2blog_20141106145429c14.jpg造形美が素晴らしい。写真だと全然伝わらない。


もちろん生わさびと鮫肌のおろし板やわさび入りのお菓子などを買って、帰宅後楽しんだ。わさびって何にでも合うよね。

お昼はその場でネットでさがした店へ。洋風の店構えでびっくりしたけど、開店とほぼ同時に駐車場がいっぱいになったので人気店ではあるらしい。私がお蕎麦屋さんで食べるのはもり(もしくはざる)か天もり(もしくは天ざる)に限られる。温かいつゆに浸かったお蕎麦は好きじゃないの。

fc2blog_2014110614545758c.jpg昼食後は、穂高温泉郷に足を延ばして、日帰り温泉と紅葉を楽しんでから、産直のお店でりんごと椎茸と舞茸を買った。


無計画で適当に行ったのに大満足な長野旅行。本当にいい所だ。もっと色々行ってみたい。ただし車で行くのはちょっとな〜と思うくらい、帰りは渋滞にはまりまくった。中央道の渋滞、なんとかならないものか。
2014.10.16

北海道旅行 その2

fc2blog_20141020093036c32.jpg夕食はとても美味しいイタリアンだったけど、朝食は和食御膳。希望した時間にお釜でご飯を炊き上げてくれる。支笏湖2日目はお天気も良く、湖を見ながらの朝ごはんは最高に気持ちいい。ご飯を食べた後、湖沿いの道を走りに行った。景色はいいけど、歩道がない狭い道だったのでちょっと怖かった。


fc2blog_20141020093302136.jpg写真は暗くてわかりづらいけど、貸し切りの露天風呂。日の入りの時間に合わせて入って、山の向こうに沈んでいく夕陽を楽しんだ。


fc2blog_20141020093150b67.jpgfc2blog_2014102009323516c.jpg


部屋の窓から撮った、朝の支笏湖と夕暮れ時の支笏湖。ここでの滞在中はランニングと散歩以外に何もしなかったけど、美味しいご飯を食べてのんびり景色を楽しむという贅沢な時間を過ごした。

5泊の北海道滞在も終わり、新千歳空港へ。支笏湖からまっすぐ行くと40分しかかからない。4日間借りたレンタカーの料金は、乗り捨て代含め14400円。こんなに安くていいの?最初は公共交通機関を使う予定だったけど、バスの本数が極端に少なく電車とも接続が悪かったので、札幌に着いてから直前に予約した。

やっと東京に戻ってきたけれど、荷入れは翌日の午後なので、家の近くのホテルにもう1泊。8泊9日はさすがに長い。早く家に帰りたい。
2014.10.14

北海道料理 その1

北海道に来ています。連休だったので札幌の宿も全然空いていなくて、やっと見つけたビジネスホテルに2泊した。大通公園とすすきのの間で、ロケーションは良い。

2日目は早起きして走ってあちこち行った。二条市場で海鮮丼を食べ、大通公園を経由して円山公園と北海道神宮、西から東に渡って中島公園、豊平川の河川敷を走った。札幌はアップダウンがないし、歩道も広くてとても走りやすい。

fc2blog_20141014160849954.jpg札幌を発つ日にレンタカーを借りたので、前から行きたかった羊ヶ丘に行った。昔、三浦綾子さんとか藤堂志津子さんの小説をよく読んでいたので、札幌に対する憧れが強く、羊ヶ丘の教会で結婚式を挙げたいなんて漠然と思っていたものだ。

クラーク像は北大の構内にもあるよね。羊ヶ丘には本当に羊がいて、札幌ドームがよく見えた。


その後、道央自動車道を通って、登別の近くの白老(虎杖浜温泉)に向かった。

ここで海の別邸 ふる川という宿に一泊。去年の北海道マラソンの時に定山渓温泉で泊まった「ぬくもりの宿 ふる川」の姉妹宿。海の目の前、露天風呂もある。館内には本がたくさんあって好きなだけ読める。ジャンルは様々で本好きにはたまらない。目の前に海が広がるロビーには色々な椅子があって、みんな好きな場所で本を読んだりくつろいだりしている。お風呂には耐水紙でできた本が置いてあったので、露天の寝湯でずっと本を読んでいた。

食事も最高に美味しくて、今度は晴れている日に泊まって朝日や星空を見たいな。ここでも夕方に5キロちょっと走った。

fc2blog_2014101416025391f.jpgfc2blog_20141014160331e6f.jpg


fc2blog_2014101416044873b.jpg看板犬のグレートピレニーズ、4歳のモコちゃん。大きくておとなしくて超かわいい。犬好きのお客さんたちに代わる代わる撫でられていた。


白老に泊まった翌日はまた高速に乗って洞爺湖に向かった。子供の頃からドーナツ型の湖に興味津々だった私。でも上から見ないとドーナツ型だということはわからないものだ。洞爺湖を半周してそのまま支笏湖に向かった。1時間半かからなかったかな。この辺りは紅葉真っ盛り。


fc2blog_2014101416081277e.jpg支笏湖ビジターセンター横の公園でパチリ。これは今日撮った写真。台風の影響が少しあって午前中は雨が降ったけど、午後には止んだ。ダウンベスト着ててもけっこう寒い!


fc2blog_20141014160550c1d.jpg今日明日と二泊する宿、レイクサイドヴィラ翠明閣。まさにレイクサイド。お部屋のお風呂も温泉で、部屋越しに支笏湖が見えます。

さ、これから夕食に行ってきまーす。イタリアンだそうです。
2014.08.06

房総海水浴

一泊で房総に海水浴に行ってきました。

fc2blog_2014080813154227b.jpgファッションブログみたいに置きコーデ写真を撮ってみました。海に行く時はだいたいこんな格好です。リネンシャツは涼しくていいです。久しぶりにビーサン買いました。後ろにストラップがあるので歩きやすいです。


fc2blog_20140808131621f13.jpg勝浦の少し南にある鵜原海水浴場です。入江なので、外房にしては波が穏やか。海の家もあるので、手ぶらで行ってパラソルやビーチベッドは借りました。風が強かったので人が少なかったです。


fc2blog_20140808131648b3c.jpg23年ぶりに行った千倉の南総庵。名物のあわびそば、まだありました。


fc2blog_20140808132640c73.jpg今回の宿はオーパヴィラージュ。初めて利用したけど、こじんまりした居心地のいいホテルでした。子供お断りなので、静かに過ごせます。


fc2blog_20140808131720846.jpg建物の裏には畑やガゼボがあります。風に揺れる稲穂がきれい。


fc2blog_20140808131751a44.jpg宿から海は見えないけれど、歩いてすぐの所に平砂浦ビーチがあります。風が強すぎてサーファーさえいなかった。


fc2blog_2014080813440388d.jpg館山の西端にある洲崎灯台からの景色。


fc2blog_20140808131822324.jpg灯台近くの洲崎神社。斜度30°、148段の石段を登りました。


fc2blog_20140808131846de4.jpg登り切った所で振り返ると、遠くに見える海。


この神社以外に、小湊の誕生寺と清澄寺にも行きました。静けさの中、蝉の声が響き渡っていました。

ずっと風が強かったのが残念ですが、2日間海三昧できました。プールで泳いだのもカンクン以来だから、6年ぶり!ランニングですでに真っ黒に日焼けしているからこれ以上焼けないだろうと思って油断していたら、さらに真っ黒になりました。私の日焼けに限界なし。知らない人は私をサーファーだと思うことでしょう。
2014.07.13

南房総大好き!

週末に南房総1泊旅に行ってきた。私も房総大好きだけど、トムには負ける。たまには違う所に行きたいと言っても結局却下される。

白浜のオドーリキッチンで潮風を浴びながらパスタを食べた後、野島崎灯台へ。いつも目の前を通るけど、灯台に上ったのは初めて。灯台の周りには整備された遊歩道があって、海っぺりの散歩を楽しめる。

fc2blog_201407151512379c4.jpgこの辺りは岩場の海岸だが、その高い岩場の上にベンチがあった。野島崎灯台は房総半島の最南端にあるので、朝日と夕陽を両方見ることができる。週末だというのに他に人がいなかったので、しばらくベンチに座ってのんびり景色を楽しんだ。


その後はちょっとだけ海水浴。海には入らなかったけど久しぶりに水着を着たよ。海開きは数日後みたい。外房の海は波が荒いので、正直海に入るのは私には無理ー。

喉が渇いたので、シラハマアパートメントの1階にある and on cafe でコーヒーブレイク。古い社員寮だった建物を再生したカフェで、上の階はシェアハウスやホテルになっているらしい。まるで自分の家にいるように落ち着ける気持ちのいい空間だった。

fc2blog_20140715151201dad.jpg館山若潮マラソンのコースのすぐ近くにある常楽山萬徳寺にある涅槃仏。寺とはいっても、本堂みたいな建物はない。拝観料も500円と高め。入口でサリーのようなものを着たお坊さんがお参りの仕方などを教えてくれる。涅槃仏というのはお釈迦様が入滅(亡くなる)時の様子を再現したもの。手を合わせたまま台座を時計回りに3周して、足紋(転法輪)に触れて祈願する。アジアには大きな涅槃仏がたくさんあるけれど、体長は16mでガンダーラ様式の青銅仏としては東洋一だそう。写真を撮ってもいいけれど、仏像だけで撮るのはNGと言われたので記念写真だけ。

夕方には館山の海岸を軽くジョグした。まあ夕方でも十分に暑かったけれど。

翌朝は館山の海前にできた新しいカフェ、SEA DAYS COFFEE でのんびりした。この店は会員制のスポーツクラブなのだけど、カフェは一般にも開放していて、とってもいい雰囲気。館山に住んでいたら、ここの会員になってボルダリングにチャレンジしたいと思った。都内にもボルダリングに施設はあるけど、海前はやっぱり気持ち良さそうなのだ。

房総大好きだけど、次はいい加減違う所に連れて行ってもらおう。
2013.08.27

北海道で初体験

fc2blog_20130903131934b4a.jpg北海道での初体験、まずはスープカレー。札幌にはスープカレーの店がたくさんある。辛さが選べたので、1番甘口を選んだ。ごはんは玄米にした。ごはんなしも選べる。写真は、私が食べたチキン野菜カレー。大きな鶏もも肉とかぼちゃ、じゃがいもなど野菜がたーっぷり入っている。食べ方に戸惑ったけど、あとで調べたら自由でいいそうです。私は野菜やお肉をごはんの上に取り出して切り分け、カレーとごはんを交互に食べました。

カレーは甘口とはいえ、かなりスパイシー。私にはスープだけごくごく飲むなんてとてもできない。あらためて驚いたのは、北海道の野菜の美味しさ。何を食べても味が濃くて甘味がある。北海道というと、どうしても海の幸に目が行ってしまうけど、野菜も忘れてはいけません。定山渓温泉の宿で食べたお料理の野菜も本当に美味しかった!

スープカレーをごはんなしで食べたら、すごくヘルシーだと思う。ダイエットにもぴったり。

もうひとつの初体験は、定山渓温泉の宿でチャレンジした岩盤浴。今はあちこちで手軽に岩盤浴を体験できるけれど、トムも私も初めて。岩盤浴の施設は宿の地下にあって、そこまでのアプローチも暗くて穴蔵のよう。専用の服に着替え、ドアを開けた途端に大後悔。私、ダメなのです。サウナも入った瞬間汗が吹き出して、頭がクラクラ。岩盤浴も同じでした。低血圧と関係あるのかな。狭くて暗い部屋というだけで逃げ出したくなったけれど(閉所恐怖症ぎみ)、トムが一緒なのでなんとか踏み止まった。サウナと違って横になれるのでめまいがしても大丈夫。しかし、全身から滝汗を流しながら、ひたすら砂時計を見つめる苦行のような時間。お金を払ってまでこんなつらい体験をする必要があるのか?普段汗をかいていない人はともかく、私は日常的に汗を大量にかいている。むしろ流した汗のぶんの水分を摂るのが大変だ。岩盤浴の合間に「最低コップ1杯は水を飲まないとダメ」とトムにもお尻を叩かれる。休憩を含んで50分間の岩盤浴が終わり、トムはすっきり、私はぐったり。

サウナ好きな人にはお勧めです。としか言えませーん。
2013.08.26

定山渓温泉へ

去年は北海道マラソンの翌日にもう一泊札幌に泊まって小樽に遊びに行ったけど、今年は札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉に足を延ばした。ホテルの送迎バスに乗って札幌の中心地から45分。豊平川の渓谷沿いに大小の温泉旅館が並んでいる。正直、ちょっと寂れ感もあったかな。でも観光地や温泉街なんてこんなものだろう。

fc2blog_20130903124213ec5.jpgfc2blog_20130903124158de0.jpg


緑がいっぱいで川の水が透明で、太陽がキラキラしていて、あぁ、これだけで十分だ。

私たちが泊まったのは、ぬくもりの宿ふる川。団体客が宴会をしたり、子供が多い大規模な温泉ホテルは嫌なので、こじんまりとして料理が美味しそうな宿を選んだ。1人1泊3〜4万円出せば、小規模な大人リゾートみたいな宿があるけれど、今回はそこまで出す気はない。

fc2blog_201309031255347a3.jpg宿のインテリアはひとことで言うと、やり過ぎていない民芸調。オーナーが相田みつをファンなのだろうか、あちらこちらにみつをの言葉。ギャラリーまである。私は特に好きではないのでスルーしたけれど、それ以外にも館内の至る所に本(画集や百科事典、歴史書など多数)が並んでいて、温泉に入った後とか、岩盤浴の合間とか夕食後のちょっとした時間に楽しむことができる。

従業員の方はみな笑顔で感じが良く、館内も掃除が行き届いている。食事もとーっても美味しかった。旅館めしってどこで食べてもそこそこ美味しいけれど、どこも同じような感じであまり印象に残らない。今回の宿は本当に良かった。北海道の地のものだから食材はもちろんいいのだろうけど、組み合わせとか味付けが素晴らしかった。1人16000円ちょっとだったのに、信じられない!また行きたい、でもうちからだとあまりに遠いなー。

翌日は定山渓温泉から空港までの直行バスで1時間半。新千歳空港は空港内の飲食店やお土産屋さんも充実していて楽しい。やっぱり北海道はいいな。いつか移り住みたいな。