FC2ブログ
2019.04.09

ゴルフ場とマーロウマーケット

気温はなかなか上がってきませんが、マーロウにも何本かソメイヨシノがあって、東京より少し早く満開を迎えました。

fc2blog_201904092246255fa.jpgトムがゴルフクラブの会員になりました。他のコースは全く見ないで、家から一番近いところに決定。車で10分くらいです。先日初めてラウンドしましたが、ほどほどのアップダウンがあり、いい運動になりそう。距離はあるけれど、広くてバンカーの少ないコースなので、大きなミスがなければいいスコアが出そうです。木の幹で作ったと思われるこんなオブジェがコース内にたくさんあります。


fc2blog_20190409224703a20.jpg毎月第1土曜日に街の中心部でマーケットが開かれていることを知り、初めて行ってみました。そんなに規模は大きくないけど、なかなかの充実っぷり。そしてなんと日本人女性が手まり寿司を販売していらっしゃいました。他にもうちの近くだけでも2世帯の日本人がいるとのこと。日本人なんて1人もいないだろうと思っていたのに!いつかお会いする機会があるでしょうか。


fc2blog_20190409224804f4d.jpg西陽に当たってウトウトするパニャ。この家は日当たりがとてもいいので、猫たちは満足げです。庭に来る鳥に向かってお尻を振っていたりします。
2019.03.19

マーロウのランニングコース

ブログのタイトルをやっと変えました。

私が今住んでいるのは、ロンドン郊外のマーロウという小さな町です。テムズ川沿いに位置し、レガッタやカヌーなど川のスポーツがとても盛んです。川沿いの家には舟付き場がある家が多く、近くには舟で来て泊まるキャンプ場(?)もあります。

歩いてまわれるほどの小さな町ですが、小洒落たレストランやブティックもそこそこあります。日本人はいそうもないな。

自然に恵まれているからランニングし放題、と思いきや、なかなか手頃なランニングコースはなく、テムズ川沿いの小道一択という感じです。舗装されている部分は一部だけで、トレイルという感じ。牧場の一角のようなところもあれば、民家の敷地内?と思うような小道も。

レース前にペース走やビルドアップ走をするとなると悩ましいですが、気持ちよくのんびりジョグするには素晴らしい環境だと思います。

写真はすべてテムズ川沿いの小道。日付も時間もバラバラですが、川の美しさと自然の豊かさはお伝えできるのではないでしょうか。

fc2blog_20190320000209480.jpgfc2blog_20190320000427b4b.jpg


fc2blog_20190320000230c21.jpgfc2blog_20190320000254b68.jpg


fc2blog_20190320000313839.jpgfc2blog_20190320000336ef2.jpg


fc2blog_2019032000040279e.jpgfc2blog_20190320000528e8b.jpg

2019.03.01

弾丸一時帰国

少しの間だけ日本に行っていました。もともとトムの出張に合わせて行く予定でしたが、トムの予定が直前に変わり、いっそ引っ越し後まもない猫のために別々に行って、ペットシッターさんを頼まず代わりばんこに面倒をみようということになりました。

トムは日本行きの前後にも出張があり、私が日本から帰ってきた日の朝にすれ違いでまた別の長期出張に行ってしまったので、もう3週間くらい会っていません。そもそも、トムと私が引っ越し後のこの家で一緒に過ごしたのは2日だけだったりします。

両親の住む広島に行く途中に、京都と鞆の浦に寄りました。東京広島の往復乗車券は12日間有効なので、それを活用しました。京都は嵐山に絞って一人旅、鞆の浦は高校時代の同級生に案内してもらいました。

fc2blog_201903020451179d2.jpg嵐山に行くのは初めてでした。オフシーズンなので空いていましたが、トロッコ電車も運休中だったのが残念。天龍寺はけっこう人がいました。お昼は一人湯豆腐です。


fc2blog_201903020451513db.jpg定番の竹林。雨が降らなくて良かったです。


fc2blog_201903020452154bb.jpg常寂光寺に行く途中に見つけた御髪神社。日本で唯一の髪の神社だそうです。お賽銭を弾んで、トムの髪の毛がいつまでもなくなりませんように、とお願いしておきました。


fc2blog_2019030204524229d.jpg桂川、いいですね。渡月橋は工事中でした。川の見える高級カフェ(門番がいた)で勇気を出してお茶しました。百人一首が好きなので、近くの嵯峨嵐山文華館(旧小倉百人一首殿堂)も訪ねました。いい施設でしたが、ガラガラで先行きが心配になりました。


fc2blog_20190302045313be6.jpgここからは鞆の浦。テレビドラマの「流星ワゴン」を思い出します。


fc2blog_20190302045344e8b.jpg常夜灯です。観光客も少なく、とてものどかでした。


fc2blog_20190302045413f52.jpg古い街並み。文化財の太田家住宅の中には珍しいひな人形がたくさん飾ってありました。


fc2blog_2019030204543767b.jpg桜の季節にも来てみたい。ソテツと桜の組み合わせが多くのお寺で見られました。


fc2blog_201903020455000f5.jpg猫がいる円福寺。
1日で見てまわるのに、ちょうどいい鞆の浦。こういう町の良さって、子供の時にはわからないものですよね。


広島に2泊して東京に戻った翌日に帰途につきました。

日本ではあまり時間がなかったけれど、往復の機内は満喫。前から観たいと思っていた映画「ボヘミアンラプソディー」を合わせて3度観ました。特にQueenのファンではなかったけれど、今更ながらフレディの魅力にはまり、新しい世界が開けました。
2019.02.06

グレートーンの家

人生がときめく片付けの魔法のこんまりさん、米国でも大人気のようですね。こんな記事を見付けました。

私は子供の頃から片付けが得意だったので、この手の本を読んでも驚くほどの発見や感動はないのですが、片付けで人生が変わるというのはわかるような気がします。お片付け、大事です。

引っ越して10日、今の家をとても気に入っています。いわゆるテラスハウスなので家の中に階段があるのだけが難点。久しぶりの階段、かなり億劫です。屋根裏風の3階の物置部屋に洗濯物を干すので、いくら家事動線を工夫してもかなりの運動量です。やはり家の中はフラットなのが一番。

外観は周りの家に馴染んでいていい具合に古びて見えるのですが、実は築2年のスーパー新しい家。しかもこのテラスハウス群のモデルハウスとして作られた家のため、他の家と同じ間取りでも内装が凝っています。お湯はイギリスで一般的なタンク式ではなく日本と同じ瞬間湯沸かし器。古い家も好きですが、設備が新しいのはやっぱりいい!ボイラーもラジエーターも今のところ壊れる気配はまったくありません。この安心感といったら!

fc2blog_20190207034503ef8.jpgリビングダイニングは北向きですが、壁一面が小さな庭に面したガラス窓なので意外と明るいです。トムのパソコンスペースもこの部屋に作りました。どの部屋も壁の一面にグレー系のアクセントクロスが貼られています。一階の床はグレーがかったフローリング。うちの家具によく合います。


fc2blog_20190207034530517.jpg玄関から入ってすぐスペース。奥にリビングが見えます。階段から上はすべてグレーのカーペット張り。階段がカーペットだと掃除が大変です。


fc2blog_20190207034620823.jpgキッチンは独立型。日本で人気のカウンターキッチンの家は本当に少ないのです。久々のIHはまだ慣れません。換気扇のスイッチがないと悩んでいたら、フードを少し引き出すとスイッチがオンになるというトリッキーな仕組みでした。見た目のシンプルさを追求しすぎて、操作はわかりづらくなったというありがちな例です。


fc2blog_20190207034640d8a.jpgキッチンの朝食用スペース。前の家でも使っていた小さいダイニングテーブルを置きました。南側に向いた大きな出窓があって、昼間はポカポカ。


fc2blog_20190207034722881.jpg2階のベッドルーム。南向きなのでこの部屋も日差しがたっぷり。当然猫たちはほとんどの時間をここで過ごします。ベッドの反対側に一人掛けのラウンジチェアが置いてあります。カーペットがベージュっぽく写っていますがグレーです。カーテンはややグリーンがかったグレー。


fc2blog_20190207034745445.jpgバスルームその1。バスタブはなくシャワーブースだけがあるバスルームです。全体的にグレートーンでまとめられています。この家の一番気に入ったところは、全体的にグレーなところ。カーペットもアクセントクロスもタイルもベージュ系ではなくてグレー系なのです。


fc2blog_20190207042604bd3.jpg猫のトイレは2つとも、無駄に空いていた階段下のスペースに設置しました。収まりは良いけれど少々掃除がしづらいかな。
2019.02.03

引っ越し完了

エディンバラからロンドン郊外の町へ引っ越して1週間が経ちました。猫を連れて電車での移動ということで不安もありましたが、猫たちは意外と逞しく、とてもスムーズに移動することができました。

なんと荷出しは3時間半で完了。私のパッキングが完璧だったからであります。えっへん。ヤマト運輸さんによる作業でしたが、本当にスムーズに終わりました。猫たちはヌクヌクのバスルームに閉じ込め状態でしたが、ずっと寝ていました。

fc2blog_20190204010903ac4.jpgタクシーでエディンバラ駅の近くのホテルに移動。猫は日本から引っ越す時にも使った折りたたみ式ケージの中でしばらくはビクビクしていましたが、そのうち部屋の中を探検し、夜にはいつもどおりに一緒にベッドで寝るまでになりました。猫の宿泊代は1匹5ポンド、トイレだけは持ってきてねという感じで、とても緩めです。泊まらせてもらえるだけでも有り難いので、部屋を出る時には持参のコロコロでシーツや床を綺麗にしていきました。


fc2blog_20190204010939d2c.jpg移動の日は気温が高めだったので助かりました。予約していた電車の便が人身事故でキャンセルになったため、30分後の便に急遽変更。駅構内のカフェで猫と待機中。


fc2blog_20190204011024d6e.jpg4人掛けの席しか取れず、前の席に人が来たら嫌だなと思っていましたが、結局ロンドンまで空席でした。猫は狭い足元でずっと寝ていました。たまちゃんは外出時にいつも大きな声で鳴くので心配だったけど、なぜか今回の移動ではほとんど鳴かず。とってもいい子でした。


4時間半の電車移動の後は、お迎えの車に乗って1時間の移動。長旅がやっと終わりました。この日のホテルでは、フロントのお姉さんが猫ちゃん来るの待ってたのよ〜と大歓迎。他のスタッフの方々も代わる代わる声をかけてくれました。猫がホテルに泊まるのは珍しいのでしょう。普通旅行には連れて行かないだろうし。ここでも猫たちはすぐ部屋に慣れて、リラックスして一緒に寝ることができました。うちの猫たちはビビリでしたが、引っ越しのたびにどんどん逞しくなったような気がします。うちに来て約6年の間に4回の引っ越しを経験しました。ほんと、申し訳ない。


fc2blog_20190204011127674.jpgこの日泊まったテムズ川沿いのホテル。歴史ある宿ですが、気取ったところはなく、チャーミングでフレンドリーな雰囲気でした。家から近いので今度は食事しに行こう。


引っ越し翌日からトムは2泊3日の出張。1日おいて日本へ旅立って行きました。私はひたすら荷解きをしたので3日ですべてのダンボール箱が空きましたが、ただ一つ、インターネットだけはまだ繋がっていません。ちゃんとBTの引っ越し手続きは1ヶ月くらい前に済ませて、開通連絡も来たのにな。仕方ないので今はスマホでテザリングして凌いでいます。
2019.01.12

お引っ越し

あっという間に1月も半ばですね。

なんと、まもなく引っ越すことになりました。引っ越しまでもう2週間切っています。トムの転勤による引っ越しで、今度はロンドン郊外の街です。

結婚して丸15年になりますが、8回目の引っ越し!慣れているとはいえ、毎回なかなか大変よ。

猫を連れて車で移動する予定でしたが、会社からOKが出なかったため、電車を利用することになりました。ロンドンまで電車で4時間20分、そこからタクシーで1時間ちょっと。車で全行程行ったとしても7時間くらいはかかるので私たちは楽だけど、猫たちのことが心配です。

今の家から荷出しをしてエディンバラ駅近くのホテルで1泊、翌日電車とタクシーで移動して新居の近くのホテルで1泊、その翌日に入居です。人間がそれぞれ身の回り品を入れたキャリーバッグ1個ずつと猫のキャリーバッグを持っての大移動になります。ホテルでは、日本からエディンバラに引っ越してきた時に使った、折りたたみ式の大きいケージと簡易トイレを使う予定。それも運ばないといけません。

fc2blog_20190113035107939.jpg今まで病院に行く時には、パニャは右側の可愛いけれどあまり実用的ではないケージを使ってきましたが、ちょっと心許ないので、左側の新しいのを買いました。赤いケージと同じシェルパ製のが欲しかったけれど、イギリスではほとんど扱いがありません。


万が一のことを考えて、首輪に付けるタグも作りました(今までは日本使っていたものをそのまま付けていた)。マイクロチップの登録連絡先も日本のままだったので、この機会に変更しようと思ったら、登録は国ごとに行うらしく、いくつかある英国のマイクロチップ登録サイトのうち、海外で入れたマイクロチップに対応しているところに登録しました。1匹17ポンド。

引っ越しは大変だけど、新しい街でまた違う文化に触れることできるのはとても楽しみです。頑張るぞー。
2018.12.20

ポルトガル旅行

少し早めにのクリスマス休暇で、ポルトガルに行ってきました。エディンバラから直行便が出ているファロへ、5泊6日の旅です。2年前トムが仕事で泊まったマリーナに面したリゾートホテルが良かったというので、フライトと合わせてエクスペディアで予約したつもりでしたが、実際に予約していたのは同じTivoliグループの違うホテルでした。それに気付いたのはエディンバラ空港でのフライト出発の直前。空港からレンタカーでホテルに行くつもりだったので、どれくらいの時間がかかるのかしらと再確認した時でした。空港から車で20分程度の予定が、実際予約したホテルまでは50分!夜の9時頃到着して、そこから慣れない暗い道をロングドライブです。

ゴルフがメインの旅行だったので、頑張ってクラブを持って行きましたが、プルカートを引いて歩きゴルフをしたため、クタクタに疲れてしまい、結局2ラウンドしかしませんでした。ファロ周辺のゴルフコースはすべて丘陵にあるのでアップダウンが激しいのです。リゾートゴルフだから乗用カートに乗りたいと言ったのに、ダイエット中のトムに却下されました。

ゴルフをしなかった日には、スペインのセビリアへ往復500キロを運転して、日帰り観光。レンタカーのナビをポルトガル語から英語に変える方法がどうしてもわからなかったので、Googleマップのナビ+わかりやすい私の音声ナビ(指差し確認付き)。トムはナビができないので、すべての行程を運転してくれました。まぁ仕方ないよね。

fc2blog_201812250348308c1.jpgファロからかなり西に行ったところにある海っぺりのリゾートホテル。オフシーズンなのでホテル内のレストランやバーが半分しか開いていなかった。むしろ静かで良かったかな。でも夏に来たらプールサイドでのんびりしたい。


fc2blog_20181225034857281.jpg波に侵食された岩が綺麗。ホテルの前に有名な洞窟がありました。

最高気温が18℃、最低気温が10℃くらいなので、決して暑くはありません。サンディエゴの春くらい。


fc2blog_201812250349207a4.jpgホテルから10分くらい歩いたところに小さな街とビーチがありました。この辺りほとんどが別荘地。


fc2blog_201812250349447cf.jpgセビリアのスペイン広場。駐車スペースを見つけるのがとても大変でした。泊まっているホテル周辺と違って都会!観光客がいっぱい!


fc2blog_20181225035014ccb.jpgセビリア大聖堂。その他にはアルサカル、メトロポールパラソルを見に行きました。


fc2blog_2018122503503711f.jpgホテル近くの街のカフェで大きな白い犬2匹ものんびり中。ポルトガルのスイーツ類はなかなかレベル高め。


fc2blog_201812250351019a7.jpgホテルから街に行くには、断崖絶壁をのぞむトレイルを通るかなり怖いルートもあります。トレイルから海に少し降りたところにこんな綺麗な場所が。


fc2blog_201812250351230f0.jpgトレイルからはホテル前の洞窟もよく見えます。


fc2blog_20181225035146070.jpgポルトガルといえばシーフード!トムの会社のグルメな方に教えてもらった、車で20分ほどかかる小さな街のレストランに行ってきました。ポルトガルで食べたものはすべて美味しかった!


期待どおりのポルトガル。リゾートだけじゃなくて、もっとローカルな他の街にも行ってみたいな。