2017.05.18

スコットランドで膀胱炎

女子のみなさまはわりと膀胱炎経験者が多いのではなかろうか。最近はめっきりご無沙汰だけど、私も昔2〜3回膀胱炎になったことがある。

頻尿、排尿痛、白濁した尿、熱っぽさ、軽い腹痛。

お昼過ぎにちょっと違和感を感じ、ひどくならなければいいなと思っていたのに、夕方トムが帰宅した頃に5分に1度トイレに行かなければ気が済まなくなっていた。

「明日まで我慢できる?」「絶対無理!今すぐ抗生物質を飲みたい」

今まで病院に縁がなかったので、会社の人に救急病院を聞いて急いで出かけた。正直外出なんてもってのほかだ。トムは漏らしてもいいようにパットを当てておけとか適当なことを言う。

Western General Hospital までは車で10分足らず。ただし、巨大な病院で駐車場もあちこちにあるため、どこに行ったらいいのかさっぱりわからない。適当に車を停め、近くの建物に入るも無人。しばらくして通りかかった人に緊急の窓口を教えてもらいそちらに向かうも、ここは迷路かっ!

やっと辿り着いた救急の受付の女性に事情を説明すると、まずは111(NHS24の電話相談窓口)に電話して予約を取って、別棟の時間外GPに行けと言う。

NHSとはイギリス政府が運営する国民保険サービスのこと。私たちのような外国人の住民も同じようにサービスが受けられる。一部自己負担の場合もあるが、ほぼ無料。

GPというのは General Practitioner の略でプライマルケアを担当するかかりつけ医のこと。まず近所のGPに登録して予約をし診察してもらうのが基本的な受診の流れだが、なんと私たちはまだGP登録を済ませていなかった!引っ越しするのが分かっていたし、夫婦揃って健康で病院にかかることもなさそうだし、そのうちね、なんて思っているうちにこの有様。

トムがその場で111に電話をかけてスピーカーホンで話しているのを横で尿意と戦いながら聞いていた。

すごく優しい!英語がわかりやすい!日本語の名前の発音も完璧!アドバイスが的確!

私たちがすでに病院にいることを伝えたら、同じ病院内の時間外GPの予約を取ってくれた。1時間後とはいえ、診てもらえるだけでありがたい。これで抗生物質がもらえると思うと安心して力が抜けた。

時間外GPの受付に行くと、なぜか漂うカレー臭。受付のおばちゃんはカレーディナーの真っ最中だった。GP登録をしていないことを軽く怒られ、80ポンドかかるけどいい?と聞かれる。全然OK、80ポンドに値するよ。ちなみに明日GP登録して書類を渡せば全額戻って来るらしい。そのおばちゃんともう1人受付のおばあちゃんと警備のおじいちゃんの3人で楽しげに談笑していてゆるーい雰囲気。シニアが活躍できる場があるのはいいことです。

水をせっせと飲み、尿意を我慢してやっと採尿。私を担当してくれた同世代だと思われる女性の医師は、とても礼儀正しく誠実な印象の人であった。きちんと私の目を見てゆっくり話してくれる。お腹を触診する時に「手が冷たくってごめんなさいね」と言いながら両手のひらをさするのは日本と同じだ。何より、たかが膀胱炎で時間外診療なんて、という雰囲気はまったくなかった。正直、それを一番心配していたのだ。全然期待していなかったイギリスの医療、思ったよりずっといい!

帰宅は夜の11時だったが、もらった抗生物質を飲んだらあっという間に症状が落ち着いて夜もちゃんと眠れた。

おかげさまで2日後の今は、何もなかったように元気いっぱいです。
2017.05.12

留守中の猫たち

8日間の旅行中、猫たちはペットシッターさんに世話をしてもらった。去年の暮れにロンドンに行った時にお願いしたフィオーナだ。このブログでも猫の世話をして下さる方を募ったことがあるのだけど、残念だがら反応ゼロだったもので。

フィオーナが体も声も大きい女性で、うちの猫たちは彼女は来ると一目散に姿を消すが、まあ仕方ない。ペットホテルに預けるよりずっと安心だ。

家に帰ったらこんな感じ。

fc2blog_20170512234807ae6.jpg2匹で仲良く掛け布団の中。

フィオーナの置き手紙によると、彼女が来た時にはいつもこの状態だったので、一応毎回布団をめくって無事を確認したらしい。


私たちが帰った時にもフィオーナが来たと思ったらしく、慌てて布団潜り込んだ様子。久しぶりに私の姿を見て動揺したのか私のことを思い出せなかったのか、しばらく布団の中で怯えていた。

とはいえ、フィオーナがいないほとんどの時間は2匹でのびのびしていたらしく、普段乗らない本棚の上に毛が落ちていたり楽しく遊んだ形跡があちこちにあった。長い留守のお詫びに、とっておきの日本の美味しい猫缶とおやつをあげた。

ところで、以前今の家の床暖房の温度コントロールができないことを書いたことがあると思うが、数日前にやっとやっと全てが解決した。エンジニアは全部で4人来たが(それぞれ違う会社の人)、最初の3人はまったく使いものにならない、コントローラーの使い方さえ理解していない人たちであった。4人目の人はうちに来た瞬間、何もかもを理解してくれ必要な処置をしてくれた。室温を感知するセンサーの調子が悪かったのと、一部屋はサーモスタットそのものが壊れていた。

おかげで今はすっかり快適。あとは時々お湯がぬるいのさえなんとかなれば…。
2017.05.05

スペイン旅行 カナリア諸島編

7泊8日の旅の後半はカナリア諸島のグランカナリア島。
ところで、カナリア諸島ってどこ?

fc2blog_20170510220643396.jpgこんな所にあります。これでも一応スペイン領。エディンバラやバルセロナから直行便もあります。ドイツ、北欧、スコットランドから、太陽を求めて多くの人がやって来るらしい。


fc2blog_20170510220014d5e.jpg空港から30分のリゾート地へ。リゾートホテル以外は何もない。滞在中2回走ったが、走っていける所に小さな街がある程度。


fc2blog_20170510220105a4a.jpg背中出してみました。エディンバラのZARAで買ったサマードレス。今度着るのはいつのこと?


fc2blog_20170510221310b1b.jpgプールと海が溶け合う夕暮れ。プールはかなり大きかったけど、子供エリアを除きほとんどが水深150センチ。確実に溺れちゃう。しかも温水と言いつつびっくりの冷たさ。


fc2blog_20170510220218b49.jpg透明で遠浅の海。真っ白な砂浜。


fc2blog_20170510220313b15.jpg近くの巨大リゾートホテルのテラスレストランで食べた食事。フィレミニヨンのイベリコ豚ベーコン巻きやら大量の生ハムやら。


fc2blog_201705102203404c2.jpgホテルのプールサイドに朝夕になると現れるツヤツヤの人懐っこい猫。エレベーターに乗り込もうとさえする。部屋に連れて帰って一晩一緒に過ごしても大丈夫そうだった。


fc2blog_201705102204140d5.jpgグランカナリア島の餌やりおばさん。カートを引いて犬連れでやってきた。世界中どこでも餌やりおばさんのスタイルは似ている。猫がワサワサ集まってくる。全部で10匹くらい?


fc2blog_20170510220445b77.jpg南向きのホテルだったのでなかなか上手く撮れなかった夕日に染まる海。


旅の前半は街で観光、後半はリゾートでのんびりというプランはなかなか良かった。スペインでは思った以上に英語の表記が少なくて、トムが大活躍。充分頼りになりました。物怖じせずペラペラとスペイン語で話しかけるものだから、その後早口のスペイン語で話が続いて困っていたけれど。私もサンディエゴでスペイン語を習っていたし、普段車の中でスペイン語のレッスンDVDを一緒に聴いているので(聴かされている)、もう少しいけるかと思っていたけど全然ダメでした。

さあ次のバケーションはどこに行こう?
2017.04.30

スペイン旅行 バルセロナ編

日本のゴールデンウィークに合わせてトムが休みを取ったのでスペイン旅行をすることにした。そう、本来なら去年の暮れに行っていたはずのバルセロナ!

出発の前日にアメリカ西海岸からの出張から戻って来たトムは超ハードスケジュール。エディンバラ発のフライトが早朝だったため、結局ほぼ徹夜で出発することになった。

fc2blog_20170502064722524.jpg人生初のLCC。事前にWEBでチェックインしたり、預け荷物や機内での飲食が有料だったり、何かと勉強になった。バルセロナまでのフライト時間は3時間半。


fc2blog_2017050206475911f.jpg到着した日は疲れていたので主にホテルの周りを散策。写真はボケリア市場の生ハム屋さん。その他にも色々なお店があって、ついつい買い食いしてしまった。スペインには美味しいものしかない!


fc2blog_20170502064853f72.jpg翌日は走って観光スポット巡り。効率良く観光できるけど、スナップ写真が全部ランニングウェア姿になってしまう。

バルセロナ観光の目玉、サグラダファミリア。中に入るには気が遠くなるほど並ばないといけないため断念。私たちは夫婦揃って並ぶのが苦手。しかも事前にそういうことを調べていない。


fc2blog_201705020649196db.jpg同じくガウディが設計した一般住宅のカサ・ミラ。世界遺産に登録されている。


fc2blog_20170502064951aa1.jpgサグラダファミリアから延々と坂を上った所にあるグエル公園から見たバルセロナ市街。この公園の中にある邸宅もガウディの設計。観光ランにしてはあまりにハードな坂道だった。


fc2blog_201705020650193f9.jpg3日目に行ったミロ美術館。ホテルから30分以上歩いてやっと到着。これまた坂がきつかった。中に入るのに30分並んだが、これが私たちの我慢の限界。


fc2blog_20170502065056788.jpg朝食はもちろんチュロス!
夜はスペイン料理。

2日目の夜は早い時間にごはんを食べた後一度昼寝(夕寝?)をして、締めにラーメンを食べに行った。バルセロナのラーメンは少なくともエディンバラのラーメンより美味しい。そして現地の若者に大人気!


fc2blog_201705020651240c7.jpg夜のスペイン料理は、タパスを5品くらいにパエリヤという組み合わせ。

最後の日に行った店には、「私はザキヤマです」と言って謎のネタを披露するザキヤマ似のおじさんがいてとても仲良くなった。12年前にザキヤマ本人がこの店に来てネタを仕込んだらしい。


毎日美味しい物を食べてとても楽しかったバルセロナ滞在だが、ひとつだけ残念だったことがある。

エディンバラより暖かいことを期待して夏服ばかり持って行ったのに、なんとエディンバラ並みに寒かったことだ。行きの機内で来ていたスウェットパーカーが手放せず、オシャレどころではなかった。そのうえ宿泊していたアパートメントホテルの空調は館内全体が冷房モードの切り替えられていて、部屋の中まで寒かった。
2017.04.23

Great Edinburgh Run 10マイルレース

いつも走っているホリルードパークをスタートしてエディンバラの街中を走る10マイルに大会に参加してきた。トムもエントリーしていたが、出張が入ったためDNS。

fc2blog_2017042501032437b.jpgホリルード宮殿前の広場が会場。荷物預けや食べ物屋さんの出店もある。


fc2blog_20170425010358312.jpgボランティアのお姉さんに撮ってもらった。


fc2blog_201704250104228ce.jpgスタート地点。ゴールはもう少し手前。


fc2blog_201704250104423da.jpgゴール後もらったもの。この他にピーチ味の巨大なヨーグルト(プロテイン入り)も貰ってすぐ食べた。


気温は10℃を少し下回るくらいだったが日差しがあったので割合暖かい。風が冷たく、向かい風には苦労した。

スピード練習を全然してないのでキロ5分半くらいで走る予定だったが、なんとなく周りのペースに合わせて走っていたところ、5分ちょっとで行けそうな感じ。アップダウンが多いコースなので上り坂ではペースが落ちるが、下り坂では思い切ってペースを上げてみた。

10マイルというのは約16キロなので、7キロ終わった時点であと9キロしかないのだと気付き、ペースを上げ始めた。周りはペースが落ちる頃なのでまさにゴボウ抜き。ラストの下り坂1キロはキロ4分15秒のハイペース。全速力でフィニッシュした。

フルマラソンと違って、しんどくなる前にゴールするのでとても楽に感じた。前半もう少しペースを上げても良かったかな。

タイムは1時間22分04秒(平均5分6秒ペース)で710位。といっても分母がわからない。ゼッケンからすると6000人くらいはいたと思うのだけど。自分としてはとっても満足な出来。特に後半上げていけたのが良かった。

都市マラソンのわりには応援が少ないけれど、いくつか私設エイドもあったし、温かい雰囲気があった。駅の近くにある観光客向けのお化け屋敷のお化けたちもそのままの格好で応援してくれていた。

お天気と結果が良かったせいか、超楽しかったな。来年もまた参加しよう。

fc2blog_20170425010510e24.jpgこれは先週コースを試走した時に撮った写真。緩い上り坂だけど、ゴースに甘い匂いに包まれて、まるで天国にいるみたい。遠くのゴルフ場に咲くピンクの八重桜もこれまた綺麗。
2017.04.20

たまちゃんの愛

fc2blog_2017042018420971b.jpgfc2blog_2017042018413707c.jpg


たまちゃんは私にはこんな甘えた顔を見せる。トムがいる時にはありえないくつろいだ表情。

4年と少し前、野良猫→保護猫→を経て、推定5歳でうちにやってきたたまちゃんは、それはそれはまったく人馴れしておらず、人前に姿を現わすことさえ稀だった。少しずつ少しずつ心を開き、1年半くらい前からは私と一緒にベッドで寝るほどまでになった。

今はトムが眠りについた瞬間に走ってベッドにやって来て、朝まで私の腕枕で寝ている(もちろんトムとは反対側の腕)。ベッドに来てすぐ、自分の顔を私の顔にスリスリしまくる。

顔を毛まみれにされながらも、毎晩ジーンとして涙が出そうになる私。あのたまちゃんがこんなに私を信頼して愛情を感じてくれている。たまちゃんを引き取って良かった。心からそう思う。

成猫から飼い始めても、こんなふうに猫って変わるもの。もちろん犬も同じ。小さな脳みそで何を考えているのだろう。

パニャがたまちゃんと仲良くできるようになったのも然り。これも時間がかかったけれど、ちゃんと同居猫として対応できるようになった。血を流し、オシッコを漏らして大ゲンカしていたことが今では信じられない。今では子猫のように、夜中に2匹で追いかけっこをして楽しそうに遊んでいる。

推定9歳と8歳で、すっかりシニアの2匹だけれど、今は健康だしすべてが安定している幸せな状態。願わくば、たまちゃんがもう少しトムを好きになってくれたら…。トムが出張でいない時のたまちゃんは寛ぎまくって幸せ度MAXという顔をしている。
2017.04.09

ゴルフ@Gullane No.2

今年度初参戦、今日の企業会ゴルフ部の定例会は大好きな Gullane No.2。誰よりも早くゴルフ場にいき、念入りに練習。

昨日に引き続き、風もなくいいお天気。と思ったら後半は冷たい風がピューピュー吹き荒れ、みな慌ててアウターを着るハメに。頭がキンキンするほど風が冷たかったです。

私は2ホール目に早速深いガードバンカーに入れて大叩き。速くて硬いグリーンに悩まされた(前半57)。後半は気持ちを入れ替えてきっちりボギーペース(後半46)。今日も前半と後半の差がありすぎる。せめて大叩きがなければなんとか100切れたのにな。

14人参加で順位は6位。トムはグロス93で5位。トムはたしかに最近安定してきている。日々の素振りの成果か。

今週末はイースタン休暇で4連休。久しぶりにゴルフ漬けもいいかもね。